ジョージ・コンプトン (第4代ノーサンプトン伯爵)

第4代ノーサンプトン伯爵ジョージ・コンプトン英語: George Compton, 4th Earl of Northampton PC1664年10月18日1727年4月15日)は、イギリスの貴族、政治家。1664年から1681年までコンプトン卿儀礼称号を使用した。

生涯編集

第3代ノーサンプトン伯爵ジェームズ・コンプトンとメアリー・ノエル(Mary Noel)の長男として、1664年10月18日に生まれた[1]。1679年11月20日にオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学、1682年2月18日にM.A.の学位を修得した[2]。1681年12月15日に父が死去すると、ノーサンプトン伯爵の爵位を継承した[1]

1686年から1687年までと1689年から1727年までウォリックシャー統監英語版を、1712年から1715年までロンドン塔管理長官英語版を務め[3]、1702年にイングランドの枢密顧問官に任命され、1711年と1714年にイギリスの枢密顧問官に任命された[2]。また、1689年4月11日のウィリアム3世戴冠式では宝剣と王笏を持つ役割であり、1714年10月20日のジョージ1世戴冠式にも参加した[3]

1727年4月15日に死去、長男ジェームズが爵位を継承した[1]

家族編集

1686年、ジェーン・フォックス(1721年6月10日没、スティーブン・フォックス英語版の末娘)と結婚、3男2女をもうけた[1]

1726年7月3日、エリザベス・ラッシュアウト(Elizabeth Rushout、1750年1月15日没、初代準男爵ジェームズ・ラッシュアウト英語版の娘)と再婚した[1]。2人の間に子供はいなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1504.
  2. ^ a b Foster, Joseph, ed. (1891). Colericke-Coverley. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 304–337.
  3. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 73.
名誉職
先代
サンダーランド伯爵
ウォリックシャー統監英語版
1686年 – 1687年
次代
サンダーランド伯爵
ウォリックシャー統監英語版
1689年 – 1715年
次代
モンタギュー公爵
ウォリックシャー首席治安判事英語版
1689年 – 1719年
次代
マクルズフィールド伯爵
先代
リヴァーズ伯爵英語版
ロンドン塔管理長官英語版
1712年 – 1715年
次代
カーライル伯爵
タワー・ハムレッツ統監英語版
1712年 – 1715年
次代
ハットン・コンプトン
イングランドの爵位
先代
ジェームズ・コンプトン
ノーサンプトン伯爵
第5期
1681年 – 1727年
次代
ジェームズ・コンプトン
コンプトン男爵
繰上勅書により)

1681年 – 1711年