ジョージ・コンプトン (第6代ノーサンプトン伯爵)

第6代ノーサンプトン伯爵ジョージ・コンプトン英語: George Compton, 6th Earl of Northampton1692年1758年12月6日)は、イギリスの貴族、政治家。1692年から1754年までジョージ・コンプトン閣下儀礼称号を使用した。

生涯編集

第4代ノーサンプトン伯爵ジョージ・コンプトンと1人目の妻ジェーン・フォックス(Jane Fox)の次男として生まれた[1]。1706年から1707年までイートン・カレッジで教育を受けた後、1707年にコルネット英語版として入隊、1713年に少佐に昇進したが、1715年に軍職から退いた[2]

ジェームズの助力を借りて、1727年のタムワース選挙区英語版補欠選挙で当選、同年の総選挙ノーサンプトン選挙区英語版に鞍替えして再選した後、1754年まで同選挙区の議員を務めた[2]。1742年2月に下級大蔵卿に就任、1743年に首相ウィルミントン伯爵が死去してヘンリー・ペラムが後任となったときは留任したが、1744年12月にはバース伯爵グランヴィル伯爵とともに罷免され、以降は野党の一員として活動した[2]。1754年10月3日に兄ジェームズが死去すると、ノーサンプトン伯爵の爵位を継承した[1]

1758年12月6日に子供のいないまま死去、甥チャールズが爵位を継承した[1]

ホレス・ウォルポールによると、第6代ノーサンプトン伯爵は「かなり寡黙な人物」だったという[2]

家族編集

1748年3月5日、フランシス・ペイン(Frances Payne、1800年12月25日没、トマス・ペインの娘)と結婚したが、子供は生まれなかった[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1504.
  2. ^ a b c d Sedgwick, Romney R (1970). "COMPTON, Hon. George (1692-1758)". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年5月21日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代
フランシス・ウィラビー
リチャード・スウィンフェン
庶民院議員(タムワース選挙区英語版選出)
1727年
同職:フランシス・ウィラビー
次代
インチクィン伯爵
トマス・ウィラビー
先代
ウィリアム・ウィルマー
エドワード・モンタギュー英語版
庶民院議員(ノーサンプトン選挙区英語版選出)
1727年 – 1754年
同職:エドワード・モンタギュー 1727年 – 1734年
ウィリアム・ウィルマー 1734年 – 1744年
ジョージ・モンタギュー 1744年 – 1754年
チャールズ・モンタギュー英語版 1754年
次代
チャールズ・モンタギュー英語版
チャールズ・コンプトン
グレートブリテンの爵位
先代
ジェームズ・コンプトン
ノーサンプトン伯爵
第5期
1754年 – 1758年
次代
チャールズ・コンプトン