ジョージ・バンド

イギリスの登山家

ジョージ・クリストファー・バンド(George Christopher Band OBE, 1929年2月2日 - 2011年8月26日[1])は、イギリス登山家である。1953年にエドモンド・ヒラリーテンジン・ノルゲイらがエベレスト初登頂を果たしたイギリス探検隊の最年少メンバーであった[2]。1955年、ジョー・ブラウン英語版とともにカンチェンジュンガへの初登頂を達成した。

George Christopher Band
ジョージ・クリストファー・バンド
OBE
George Band.jpg
バンド(1990年)
生誕 (1929-02-02) 1929年2月2日
台湾
死没 (2011-08-26) 2011年8月26日(82歳没)
ハンプシャー
国籍イギリスの旗 イギリス
教育エルサム・カレッジ英語版
出身校ケンブリッジ大学
インペリアル・カレッジ
職業登山家
著名な実績エベレスト初登頂
カンチェンジュンガ初登頂
配偶者スーザン・グッディナフ
子供3

来歴編集

台湾で生まれ、モッティンガム英語版エルサム・カレッジ英語版で学んだ。イギリス陸軍王立通信隊英語版で兵役に就き、ケンブリッジ大学クイーンズ・カレッジで地質学を学んだ後、インペリアル・カレッジ・ロンドン石油工学を学んだ。

クイーンズ・カレッジ在学中にアルプス山脈で登山を始め、1953年にエベレスト初登頂を果たしたイギリス探検隊の最年少メンバーとなった。その2年後、1955年にはジョー・ブラウンとともに世界で3番目の高峰であるカンチェンジュンガに挑み、初登頂を達成した。ネパールシッキム州の人々の信仰心に敬意を払い、実際の頂上から10フィートほどのところで足を止めたという。

登山家としての成功の後、バンドは石油とガスの探求に人生の大部分を費やした。2005年、76歳のときには、ネパールのカンチェンジュンガの南西のベースキャンプまで足を運んだ。英国山岳会英国登山評議会英語版の会長を務め、世界中を旅して回った。また『Road to Rakaposhi』などいくつかの著書も残している。ヒマラヤン・トラスト(イギリス)の会長も務め、自然にあふれた環境の中で科学調査を行う青少年のための慈善教育団体である英国探検協会英語版の支援者でもあった。

2009年新年の叙勲で、大英帝国勲章オフィサーを受章した[3]

2011年8月26日、イングランドハンプシャーで死去した。82歳没。

著書編集

  • Road to Rakaposhi』(1955年)ISBN 978-1112879975[2]
  • Everest: 50 Years on Top of the World』(2003年)ISBN 978-0007147489[2]
  • Summit: 150 Years of the Alpine Club』(2006年)ISBN 978-0007203642[2]

脚注編集

  1. ^ Tony Ryan (2011年8月30日). “George Band OBE (1929 - 2011)” (英語). The British Mountaineering Council. 2011年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c d George Band” (英語). The Daily Telegraph (2011年8月28日). 2011年9月6日閲覧。
  3. ^ "No. 58929". The London Gazette (Supplement) (英語). 31 December 2008. p. 9. 2009年1月2日閲覧