メインメニューを開く

ジョージ・パーキンス・メリル

ジョージ・パーキンス・メリル(George Perkins Merrill、1854年5月31日 - 1929年8月15日)はアメリカ合衆国地質学者である。隕石、隕石クレーターの研究などを行った。

ジョージ・パーキンス・メリル
生誕 (1854-05-31) 1854年5月31日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メイン州
死没 (1929-08-15) 1929年8月15日(75歳没)
研究分野 地質学
研究機関 スミソニアン博物館
出身校 メイン大学ウェスレヤン大学ジョンズ・ホプキンス大学
主な受賞歴 J・ローレンス・スミス・メダル(1922年)
プロジェクト:人物伝

メイン州Auburn に生まれた。メイン大学 (University of Maine)、コネチカット州ウェズリアン大学ジョンズ・ホプキンス大学で学んだ後、1881年にスミソニアン博物館学芸員となった。1893年から1916年までジョージ・ワシントン大学(当時はColumbian大学)の地質学鉱物学教授も務めた。1897年に博物館の学芸員の長に任じられた。

1922年に全米科学アカデミーの会員に選ばれ、J・ローレンス・スミス・メダルを受賞した。

目次

著書編集

  • Stones for Building and Decoration (1891; third edition, 1903)
  • A Treatise on Rocks, Rock-Weathering, and Soils (1897; second edition, 1906)
  • The Non-Metallic Minerals (1904; second edition, 1910)
  • The Fossil Forests of Arizona (1911)
  • The First Hundred Years of American Geology (1924)

ジョージ・パーキンス・メリル賞編集

メリルの妻の寄付により基金が設けられ、全米科学アカデミージョージ・パーキンス・メリル賞 (George P. Merrill Award) が設けられた。

受賞者編集

関連項目編集

外部リンク編集