ジョージ・フォレスト (植物学者)

ジョージ・フォレスト(George Forrest、1873年3月13日 - 1932年1月5日)は、スコットランド植物学者プラントハンターである。中国植物の収集で知られる。

スコットランドのフォルカーク(Falkirk)で生まれた。キルマーノックの薬局で働いた。1891年に遺産を入手し、資金をためて、オーストラリアに渡り、金鉱さがしや牧場で働いた後1902年にスコットランドに戻った。トウィーズデール(Tweedsdale)で釣りをしていた時、にわか雨から雨宿りした場所で古代の石棺を見つけたことから、博物学者のバルフォア(Isaac Bayley Balfour)に紹介され、エディンバラ王立植物園の標本館で働くことになった。室内の仕事に不向きだったので翌年、バルフォアから、中国南西部の植物探索探検のスポンサーで園芸家、綿商人のアーサー・キルピン・ビューリー(Arthur Kilpin Bulley)に紹介された[1]

1904年に17人の植物収集家とともに雲南に渡ったのをはじまりに合計7回、雲南を訪れ、31,000種の植物の種をヨーロッパに持ち帰った。1932年にミャンマーとの国境近くの騰越で急病死した[2]

ツユクサ科のヤンバルミョウガ属(Forrestia)などに献名されている。

参考文献編集

  1. ^ Lyte, C. (1983). The Plant Hunters. Orbis Publishing, London. ISBN 9780856134180
  2. ^ http://hermetic.com/crowley/confessions/chapter55.html
  • McLean, B. (2004). George Forrest, Plant Hunter. Antique Collectors' Club. Royal Botanic Garden, Edinburgh