ジョージ・ヘイ (第5代キノール伯爵)

第5代キノール伯爵ジョージ・ヘイ英語: George Hay, 5th Earl of Kinnoull、1665年と1667年の間 – 1687年)は、スコットランド貴族ダプリン子爵儀礼称号を使用した[1]

生涯編集

第4代キノール伯爵ウィリアム・ヘイ英語版と2人目の妻キャサリン(Catherine、1683年ごろ没、旧姓セシル(Cecil)、クランボーン子爵チャールズ・セシル英語版の娘)の長男として生まれた[2]。1667年に父が死去すると、キノール伯爵位を継承した[2]

大トルコ戦争神聖ローマ皇帝軍英語版に加勢して、1683年の第2次ウィーン包囲と1686年7月のブダ包囲戦英語版に参戦した[1]

1687年、生涯未婚のままハンガリー王国で死去、弟ウィリアムが爵位を継承した[2]

出典編集

  1. ^ a b Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 320–321.
  2. ^ a b c Paul, James Balfour, Sir, ed. (1908). The Scots Peerage (英語). V. Edinburgh: David Douglas. pp. 228–229.
スコットランドの爵位
先代:
ウィリアム・ヘイ英語版
キノール伯爵
1667年 – 1687年
次代:
ウィリアム・ヘイ