ジョージ・ベンソン

ジョージ・ベンソンGeorge Benson1943年3月22日 - )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ出身のジャズギタリスト歌手

ジョージ・ベンソン
George Benson
George Benson 2009.jpg
ジョージ・ベンソン(2009年)
基本情報
生誕 (1943-03-22) 1943年3月22日(78歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
ジャンル ジャズフュージョンポップ・ミュージッククロスオーバー
職業 ミュージシャン歌手ソングライター
担当楽器 ギターボーカル
活動期間 1954年 -
レーベル プレスティッジコロムビアヴァーヴA&MCTI、ワーナー、GRPコンコード、マスコット
共同作業者 ジャック・マクダフフューズ・ワン
公式サイト www.georgebenson.com
著名使用楽器
Ibanez GB10 Signature Model
Ibanez GB200 Signature Model

バイオグラフィ編集

幼少の頃よりプロの道を目指す。1963年、ジャック・マクダフ(ブラザー・ジャック・マクダフ)のバンドに加入[1]。初期のベンソンは、泥臭いソウル・ジャズを演奏していた。1964年、マクダフのサポートを得て、『ザ・ニュー・ボス・ギター・オブ・ジョージ・ベンソン』でバンド・リーダーとしてもデビューする。1968年には、マイルス・デイヴィスの初のエレクトリック・ジャズ・アルバム『マイルス・イン・ザ・スカイ』のレコーディングに参加。

ジャズ・ギターの演奏スタイルは、ウェス・モンゴメリージョー・パスらの影響がうかがえる。初期のソウル・ジャズから、1970年代後半にはフュージョン系に転じた。1976年にワーナー・ブラザース・レコードに移籍、この年に発表したアルバム『ブリージン』はプロデューサーにトミー・リピューマを迎え、彼の代表作となるほどにヒットした。このアルバムに収録された「マスカレード (This Masquerade)」で、ボーカルとスキャットを披露し、以後ボーカル曲も積極的に取り入れ、ブラック・コンテンポラリーの旗手の一人としても認知されるに至った。1980年の『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』ではクインシー・ジョーンズを制作に迎えた。さらにアレサ・フランクリンとの共作シングル「Love All The Hurt Away」(1981年)や、シングル「ターン・ユア・ラブ (Turn Your Love Around)」(1982年)をヒットさせた。やがてベンソンはカシーフと組んで、ダンサブルなブラコンのシングルも発表するようになる。アルバム20/20(1984年)等、歌手として特化したアルバムも出している。

1984年には、シングル「Nothing's Gonna Change My Love for You」(変わらぬ想い)を発表した。

1994年に「ターン・ユア・ラブ (Turn Your Love Around)」をサンプリングしたEAST END×YURIの『DA.YO.NE』が日本で流行したが、作曲者のビル・チャンプリンらの許可を得ずに使用していた。彼らは使用料の支払いで和解している。

1996年よりGRPレコードに所属。2006年にはコンコード・レコードのモンスター・ミュージックに移り、アル・ジャロウとの共作『ギヴィン・イット・アップ』を発表。2009年には音楽活動をほぼ停止していた、スモーキー・ロビンソンビル・ウィザースらを作曲陣に迎え、『ソングス・アンド・ストーリーズ』を発表。バック・ミュージシャンも活動を停止したTOTOの主要メンバー等豪華なメンバーを取り揃えている。

プレイスタイル編集

ギター編集

いわゆる逆アングルによる正確無比かつ高速のフルピッキング、ギターによるビバップ・スタイルの完成形とも言われる流麗なフレージング、ウェス・モンゴメリーの系譜を受け継ぐオクターヴ奏法とその発展形であるオクターヴ+五度奏法、洗練されたブルースフレーズなどが特徴である。ジャンゴ・ラインハルトや、ウェス・モンゴメリーの影響が見られる。

ボーカル編集

意味を持つ歌詞をともわない歌唱であるスキャットを得意としている。ギターソロとスキャットをシンクロさせている。ノーマン・ブラウンをはじめ若手ギタリストに、そのスタイルのフォロワーが存在する。ベーシストでは、ネイザン・イーストリチャード・ボナにベンソン流儀のソロ&スキャットの影響がうかがえる。

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『ザ・ニュー・ボス・ギター・オブ・ジョージ・ベンソン』 - The New Boss Guitar of George Benson (1964年、Prestige) ※with the Brother Jack McDuff Quartet
  • 『イッツ・アップタウン』 - It's Uptown (1966年、Columbia) ※The George Benson Quartet名義
  • 『ザ・ジョージ・ベンソン・クックブック』 - The George Benson Cookbook (1967年、Columbia) ※The George Benson Quartet名義
  • 『ジブレット・グレイヴィ』 - Giblet Gravy (1968年、Verve)
  • 『シェイプ・オブ・シングス・トゥ・カム』 - Shape of Things to Come (1968年、A&M)
  • 『グッディーズ』 - Goodies (1968年、Verve)
  • 『テル・イット・ライク・イット・イズ』 - Tell It Like It Is (1969年、A&M)
  • 『アビイ・ロード』 - The Other Side of Abbey Road (1970年、A&M)
  • 『ビヨンド・ザ・ブルー・ホライゾン』 - Beyond the Blue Horizon (1971年、CTI) ※旧邦題『青い地平線』
  • 『ホワイト・ラビット』 - White Rabbit (1972年、CTI)
  • 『ボディ・トーク』 - Body Talk (1973年、CTI)
  • 『バッド・ベンソン』 - Bad Benson (1974年、CTI) ※1976年に『Take Five』として再発
  • 『グッド・キング・バッド』 - Good King Bad (1976年、CTI) ※1982年に『Cast Your Fate to the Wind』として再発
  • 『ベンソン&ファレル』 - Benson & Farrell (1976年、CTI) ※with ジョー・ファレル
  • ブリージン』 - Breezin' (1976年、Warner Bros.)
  • 『イン・フライト』 - In Flight (1977年、Warner Bros.)
  • 『インサイド・ユア・ラヴ』 - Livin' Inside Your Love (1979年、Warner Bros.)
  • 『ギヴ・ミー・ザ・ナイト』 - Give Me the Night (1980年、Warner Bros.)
  • 『ユア・アイズ』 - In Your Eyes (1983年、Warner Bros.)
  • 『パシフィック・ファイアー』 - Pacific Fire (1983年、CTI) ※1975年録音
  • 『アイ・ガット・ア・ウーマン』 - I Got a Woman and Some Blues (1984年、A&M) ※1969年録音
  • 『20 / 20 (トゥエニイ・トゥエニイ)』 - 20/20 (1984年、Warner Bros.)
  • 『ホワイル・ザ・シティ・スリープス…』 - While the City Sleeps... (1986年、Warner Bros.)
  • 『コラボレーション』 - Collaboration (1987年、Warner Bros.) ※with アール・クルー
  • 『トゥワイス・ザ・ラヴ』 - Twice the Love (1988年、Warner Bros.)
  • テンダリー』 - Tenderly (1989年、Warner Bros.)
  • 『ビッグ・ボス・バンド』 - Big Boss Band (1990年、Warner Bros.) ※with カウント・ベイシー・オーケストラ
  • 『コーリング・ユー』 - Love Remembers (1993年、Warner Bros.)
  • 『ザッツ・ライト』 - That's Right (1996年、GRP)
  • 『スタンディング・トゥゲザー』 - Standing Together (1998年、GRP)
  • 『アブソルート・ベンソン』 - Absolute Benson (2000年、GRP)
  • 『イリプレイサブル』 - Irreplaceable (2003年、GRP)
  • 『ギヴィン・イット・アップ』 - Givin' It Up (2006年、Concord) ※with アル・ジャロウ
  • 『ソングス・アンド・ストーリーズ』 - Songs and Stories (2009年、Concord)
  • 『ギター・マン』 - Guitar Man (2011年、Concord)
  • 『キング・コールを歌う』 - Inspiration: A Tribute to Nat King Cole (2013年、Concord)
  • Walking to New Orleans (2019年、Provogue)

ライブ・アルバム編集

  • 『サマータイム2001』 - In Concert-Carnegie Hall (1975年、CTI)
  • 『メローなロスの週末 (ライヴ)』 - Weekend in L.A. (1978年、Warner Bros.) ※1977年録音
  • 『ジャズ・オン・ナ・サンデイ・アフタヌーン VOL.1』 - Jazz on a Sunday Afternoon Vol. I (1981年、Accord) ※1973年録音
  • 『ジャズ・オン・ナ・サンデイ・アフタヌーン VOL.2』 - Jazz on a Sunday Afternoon Vol. II (1981年、Accord) ※1973年録音
  • Jazz on a Sunday Afternoon Vol. III (1982年、Accord) ※1973年録音
  • 'Round Midnight (1989年、Jazz Door) ※with マッコイ・タイナー
  • Best of George Benson Live (2005年、GRP) ※2000年録音
  • Live from Montreux (2007年、IMC) ※1986年録音
  • Weekend In London (2020年、Provogue) ※2019年録音

その他編集

  • Pro-English Learning System(プロ・イングリッシュ・ラーニング・システム) - 米国アトランタ州の International Horizons(インターナショナルホライゾンス)が製作した英語以外を使わない英会話教材の English Through Music で 『On Broadway』(オン・ブロードウェイ)が採用されている。 日本でも関連会社である『インターナショナル・ホライゾンス株式会社』が教材を販売していた。

功績編集

グラミー賞編集

タイトル 年度 部門
"This Masquerade" 1976 Record of the Year
"Breezin'" 1976 Best Pop Instrumental Performance
"Theme from Good King Bad" 1976 Best Rhythm & Blues Instrumental Performance
"On Broadway" 1978 Best R&B Vocal Performance, Male
"Give Me the Night" 1980 Best R&B Vocal Performance, Male
"Off Broadway" 1980 Best R&B Instrumental Performance
"Moody's Mood" 1980 Best Jazz Vocal Performance
"Being with You" 1983 Best Pop Instrumental Performance

日本公演編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Before Broadway: George Benson In The 1960s
  2. ^ George Benson / ジョージ・ベンソン | Warner Music Japan” (日本語). ワーナーミュージック・ジャパン | Warner Music Japan. 2019年6月8日閲覧。

外部リンク編集