メインメニューを開く

第2代ケンブリッジ公爵ジョージ・ウィリアム・フレデリック・チャールズ2nd Duke of Cambridge, George William Frederick Charles, KG, KT, KP, GCB, GCH英語版, GCSI, GCMG, GCIE, GCVO, VD英語版, KStJ英語版, PC, PC英語版, ADC(P)英語版1819年3月26日1904年3月17日)は、イギリスの王族。

ジョージ
Prince George
ケンブリッジ公
George-cambridge-1819.jpg
続柄 ケンブリッジ公アドルファス王子第一王子
称号 ケンブリッジ公
全名 George William Frederick Charles
敬称 His Royal Highness
出生 1819年3月26日
Flag of Hanover 1837-1866.svg ハノーファー王国
ハノーファー、ケンブリッジ・ハウス
死去 1904年3月17日(1904-03-17)(84歳)
イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドロンドンピカデリー、グロスター・ハウス
埋葬 1904年3月22日
ロンドンケンサル・グリーン墓地英語版
配偶者 サラ・フェアブラザー英語版
子女 ジョージ・フィッツジョージ英語版
アドルファス・フィッツジョージ英語版
オーガスタス・フィッツジョージ
父親 ケンブリッジ公アドルファス
母親 ケンブリッジ公妃オーガスタ
テンプレートを表示

目次

経歴編集

ケンブリッジ公アドルファスジョージ3世七男)と妃オーガスタの長男として、ハノーファーで生まれた。

彼は父同様軍人としてキャリアを積み、ハノーファー軍に短期間入隊したのを皮切りに、イギリス陸軍で活躍した。一定年数の実戦経験を得た後、陸へ上がり名誉職に退く王族が多い中、職業軍人としてクリミア戦争に従軍した変わり種である。1856年から1895年までの長きにわたって、イギリス陸軍最高司令官であった。

常々「政略結婚は失敗すると決まっている。」と公言していたジョージは、1847年、愛人であった女優のサラ・フェアブラザー英語版と結婚した。この結婚については1772年の王室結婚令英語版に背いていることから私的に行われ、サラとの結婚は法的には認められないものとなった。サラはケンブリッジ公爵夫人とも殿下 (Her Royal Highness) の称号も使えず、イギリス王室の一員とも認められなかった。サラは、ジョージが与えた姓フィッツジョージ (Mrs. FitzGeorge) を名乗った。愛妻サラが1890年に先立つと、ジョージは取り乱したという。以後、毎年の妻の命日になるとその死を悼んで喪に服すジョージの姿があった。

称号と栄典編集

称号の変遷編集

  • 1819年3月26日 – 1850年7月8日:ジョージ・オブ・ケンブリッジ王子殿下(His Royal Highness Prince George of Cambridge
  • 1850年7月8日 – 1904年3月17日:ケンブリッジ公爵殿下(His Royal Highness The Duke of Cambridge

栄典編集

外国栄典編集

名誉職編集

名誉学位編集

子女編集

サラ・フェアブラザー英語版との間に3男をもうけ、全員が軍人となった。なお、王室結婚令英語版に背いた結婚であったことから、子供たちにはフィッツジョージ姓が与えられたが、王位継承権及び公位継承権はなく、ジョージの死をもってケンブリッジ公家は断絶した。のち、ケンブリッジ公爵の称号は、2011年4月29日ウィリアム王子キャサリン・"ケイト"・ミドルトン結婚に伴って復活した。

出典編集

  1. ^ The London Gazette: no. 19301. p. 1643. 1835年8月28日。2012年3月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l The Complete Peerage, Volume II. St Catherine's Press. (1912). p. 499. 
  3. ^ House of Guelph”. 2012年3月3日閲覧。
  4. ^ The London Gazette: no. 24467. p. 3498. 1877年6月2日。2012年3月2日閲覧。
  5. ^ The London Gazette: no. 24464. p. 3442. 1877年5月30日。2012年3月2日閲覧。
  6. ^ The London Gazette: no. 25712. p. 3365. 1887年6月21日。2012年3月2日閲覧。
  7. ^ The London Gazette: no. 26871. p. 3819. 1897年7月9日。2012年3月2日閲覧。
  8. ^ The London Gazette: no. 26725. p. 1960. 1896年3月27日。2012年3月2日閲覧。
  9. ^ Kelly's Handbook to the Titled, Landed and Official Classes, 1895. Kelly's. p. 227. 
  10. ^ The London Gazette: no. 26676. p. 5922. 1895年11月1日。2012年3月2日閲覧。
ジョージ
ヴェルフ分家

1819年3月26日 - 1904年3月17日

軍職
先代:
サー・アーサー・ベンジャミン・クリフトン英語版
第17槍騎兵連隊英語版連隊長
1842年–1852年
次代:
トーマス・ウィリアム・テイラー
先代:
アルバート王配
近衛スコットランド・フュージリアーズ連隊連隊長
1852年–1861年
次代:
サー・アレグザンダー・ウッドフォード英語版
先代:
初代ハーディング子爵
イギリス陸軍最高司令官英語版
1856年–1895年
次代:
初代ウォルズリー子爵英語版
先代:
アルバート王配
近衛グレナディア連隊 連隊長
1861年–1904年
次代:
コノート=ストラサーン公爵
その他の役職
先代:
アドルファス王子
ファウンドリング・ホスピタル英語版理事長
1851年–1904年
次代:
コノート=ストラサーン公爵
名誉職
先代:
アドルファス王子
聖マイケル・聖ジョージ勲章グランド・マスター
1850年–1904年
次代:
ウェールズ大公ジョージ
イギリスの爵位
先代:
アドルファス
ケンブリッジ公爵
1850年–1904年
次代:
ウィリアム
2011年叙爵