ジョーダン・ヒックス

ジョーダン・マッキンリー・ヒックスJordan McKinley Hicks, 1996年9月6日 - )は、アメリカ合衆国テキサス州ヒューストン出身のプロ野球選手投手)。右投右打。MLBセントルイス・カージナルス所属。

ジョーダン・ヒックス
Jordan Hicks
セントルイス・カージナルス #12
Jhicksprofile cardinals2018.jpg
2018年9月11日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州ヒューストン
生年月日 (1996-09-06) 1996年9月6日(25歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 MLBドラフト3巡目
初出場 2018年3月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

2015年MLBドラフト3巡目(全体105位)でセントルイス・カージナルスから指名され[1]テュレーン大学への進学[2]を取りやめプロ入り[3]

2016年、傘下のアパラチアンリーグのルーキー級ジョンソンシティ・カージナルス英語版でプロデビュー。A-級ステート・カレッジ・スパイクスでもプレーし、2球団合計で12試合に先発登板して6勝2敗、防御率2.97、42奪三振を記録した。

2017年はA+級パームビーチ・カージナルス英語版でプレーし[4]、22試合(先発19試合)に登板して8勝3敗、防御率2.74、95奪三振を記録した[5]

2018年のシーズン前には招待選手としてメジャーのスプリングトレーニングに参加していた[6]が、開幕直前の3月28日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[7]。3月29日のニューヨーク・メッツとのシーズン開幕戦でメジャーデビューを果たした[8]。5月20日にMLB最速タイ記録の105.1mph(約169.1km/h)を記録した。この年は73試合に登板して3勝4敗6セーブ、防御率3.59、70奪三振を記録した。

2019年クローザーとして起用されるも、6月下旬に靱帯損傷が発覚し、トミー・ジョン手術を受けてシーズンを終えた[9]

2020年は前年に受けたトミー・ジョン手術の影響に加え、1型糖尿病の持病があるため同年流行したCOVID-19感染によるリスク回避を理由に、同シーズンには参加しないことを自身のTwitterで表明した[10]

2021年3月、約1年9か月ぶりに復帰登板を果たした[11]。シーズン開幕後は10試合に登板していたが、5月14日に60日間の故障者リスト入りとなった[12]

投球スタイル編集

シンカーを中心に投球を組み立て、シンカーを投じた時に自己最速105.1mph(約169.1km)を記録した[13][14][15]変化球スライダーを持つ[16]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2018 STL 73 0 0 0 0 3 4 6 24 .429 339 77.2 59 2 45 2 8 70 9 0 33 31 3.59 1.34
2019 29 0 0 0 0 2 2 14 3 .500 110 28.2 16 2 11 0 1 31 2 0 10 10 3.14 0.94
2021 10 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 44 10.0 5 0 10 0 0 10 3 0 6 6 5.40 1.50
MLB:3年 112 0 0 0 0 5 6 20 30 .455 493 116.1 80 4 66 2 9 111 14 0 49 47 3.64 1.26
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2018 STL 73 4 13 0 0 1.000
2019 29 3 3 0 0 1.000
2021 10 1 4 0 0 1.000
MLB 112 8 20 0 0 1.000
  • 2021年度シーズン終了時

背番号編集

  • 49(2018年 - 2019年)
  • 12(2021年 - )

脚注編集

  1. ^ BASEBALL: Cy Creek's Hicks drafted by Cardinals” (英語). 2018年4月26日閲覧。
  2. ^ Tulane baseball haul on early signing day is nine players”. The Times-Picayune. 2018年4月26日閲覧。
  3. ^ 2015 Draft: Signing and Bonus Tracker” (英語). MLB.com. 2018年4月26日閲覧。
  4. ^ Harrison Bader & Jordan Hicks Earn Cardinals Minor League Honors for July – Benton, West Frankfort, Illinois News – Franklin County News” (英語) (2017年8月5日). 2018年4月26日閲覧。
  5. ^ Jordan Hicks” (英語). MiLB.com. 2018年4月26日閲覧。
  6. ^ Josey Curtis (2018年2月5日). “Cardinals invite 23 non-roster players to Spring Training” (英語). SB Nation. 2018年5月1日閲覧。
  7. ^ Cardinals Release Official 2018 Opening Day Roster” (英語). KMOX.Radio.com (2018年3月28日). 2018年5月1日閲覧。
  8. ^ St. Louis Cardinals at New York Mets Box Score, March 29, 2018” (英語). Baseball-Reference.com. 2018年5月1日閲覧。
  9. ^ 最速169キロの“新速球王”ヒックス、トミー・ジョン手術が決定 長期離脱へ”. Full-count. 2020年7月2日閲覧。
  10. ^ “速球王”ヒックスが出場辞退を表明「糖尿病の認知を…」 13選手が不参加” (日本語). Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2020年7月14日). 2021年4月12日閲覧。
  11. ^ カージナルスの豪腕ヒックスが2年ぶりマウンドで、いきなり1人の打者に22球投じる” (日本語). スポーツ報知 (2021年3月15日). 2021年4月12日閲覧。
  12. ^ Zachary Silver (2021年5月15日). “DeJong placed on IL with fractured rib” (英語). MLB.com. 2021年5月17日閲覧。
  13. ^ https://full-count.jp/2019/01/29/post289083/
  14. ^ https://full-count.jp/2018/05/22/post131355/
  15. ^ 【動画】大谷も驚き? カージナルズのジョーダン・ヒックスが105マイルを連発!
  16. ^ https://www.mlb.com/news/jordan-hicks-manny-machado-duel-in-9-pitch-ab

関連項目編集

外部リンク編集