メインメニューを開く

ジョーダン・EJ10 (Jordan EJ10) は、ジョーダン・グランプリ2000年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー。シャシーの型式番号は本年度から「EJ」と付けられるようになったが、「EJ10」というのはエディ・ジョーダンのF1参入10周年を記念してのものであった。

ジョーダン・EJ10
Jarno Trulli 2000 Monza.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー マイク・ガスコイン
先代 ジョーダン・199
後継 ジョーダン・EJ11
主要諸元
シャシー カーボンファイバー コンポジット
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ダンパー/トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ダンパー/トーションバー
エンジン 無限ホンダ MF301HE, 72度 V10
トランスミッション ジョーダン製 6速 縦置き セミAT
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム ジョーダン・グランプリ
ドライバー 5. ハインツ=ハラルド・フレンツェン
6. ヤルノ・トゥルーリ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2000年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

開発と経緯編集

1999年シーズンは59ポイントを獲得してコンストラクターズ3位となり、予算も増加。さらなる飛躍が期待されたが、それを裏切るシーズンとなった。EJ10はサーキットによって好不調の差が大きく、マシン全体の設計変更が続けられ、ドイツGPからは改良型のEJ10Bが投入された。しかし、信頼性の低さに悩まされ、2台で34回出走したが、完走は15回と50%以下の完走率であった。

前年2勝したハインツ・ハラルド・フレンツェンブラジルGPアメリカGPで得た3位2回が最高成績だった。ドイツGPでは予選17位から2位まで浮上したが、マシントラブルでリタイアした。新加入のヤルノ・トゥルーリも予選ではモナコGPベルギーGPでフロントローを獲得したが、いずれも結果に結びつかなかった。

昨年のようにフェラーリマクラーレンと互することもできず、ウィリアムズベネトンBARに後れを取ってコンストラクターズランキング6位でシーズンを終えた。

フランスGPにてチームは翌シーズンからのホンダエンジン搭載を発表し、無限ホンダとのジョイントは3シーズン目で終了となった。

また、デザイナーのマイク・ガスコインは翌年のベネトン移籍の希望を表明したことで休養させられた。

エディ・ジョーダンは後に「EJ-10」という飲料を販売した。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2000年 ジョーダン 無限ホンダ MF301HE V10 AUS
 
BRA
 
SMR
 
GBR
 
EUR
 
ESP
 
MON
 
CAN
 
FRA
 
AUT
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
MAL
 
17 6位
  フレンツェン Ret 3 Ret 17 6 Ret 10 Ret 7 Ret Ret 6 6 Ret 3 Ret Ret
  トゥルーリ Ret 4 15 6 12 Ret Ret 6 6 Ret 9 7 Ret Ret Ret 13 12

参照編集

外部リンク編集