メインメニューを開く

ジョーダン・EJ11 (Jordan EJ11) は、ジョーダン・グランプリ2001年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

ジョーダン・EJ11
ハインツ=ハラルド・フレンツェンがドライブするEJ11、2001年カナダグランプリ
カテゴリー F1
コンストラクター ジョーダン
デザイナー エグハル・ハミディ
先代 ジョーダン・EJ10B
後継 ジョーダン・EJ12
主要諸元
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ダンパー/トーションバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド ダンパー/トーションバー
エンジン ホンダ RA001E 90度 V10 NA
トランスミッション ルブラックス製 7速 縦置き セミAT シーケンシャル
燃料 エルフ
タイヤ ブリヂストン
主要成績
チーム B&H ジョーダン ホンダ
ドライバー 11. ハインツ=ハラルド・フレンツェン & ヤルノ・トゥルーリ
12. ヤルノ・トゥルーリ, リカルド・ゾンタ & ジャン・アレジ
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 2001年オーストラリアグランプリ
出走優勝ポールFラップ
17000
テンプレートを表示

開発の背景編集

マイク・ガスコインら技術陣が大量離脱した後、アロウズから空力専門家のエグバル・ハミディが加入。期待外れに終わった前シーズンのEJ10から巻き返しを図った。

規定変更により、車体中央500mmより外側のフロントウィングの地上高が50mm引き上げられた。ジョーダンは中央と外側の間に段差をつくり、ハの字型に大きく開いた2本のウィングステーで吊るすというデザインを選択した。一段高く尖ったノーズを装着し、その結果、蜂が描かれていたEJ10と変わって鮫(シャークマウス)が描かれることとなった[1])。

最も著しい変化は3年間使用してきた無限ホンダエンジンに代わってワークス仕様のホンダエンジンが搭載されたことであった。ギアボックスは6速ギアに変えて7速ギアを搭載。

シーズン編集

シーズン前のテストでは好タイムを連発し、チームのエースドライバーであるハインツ=ハラルド・フレンツェンは今までドライブした中でベストの車だ、チャンピオンにもなれると語った。ヤルノ・トゥルーリも同様に車に好印象を持った。多くがフェラーリマクラーレンに次いでチャンピオンシップを争うことになるだろうと予測した[2]

開幕戦オーストラリアではフレンツェンは予選4番手、トゥルーリは7番手につける。レース序盤、フレンツェンは3位を走行したが、ルーベンス・バリチェロフェラーリと接触、スピンした。その後挽回し6位でレースを終えた。しかしながらB・A・Rのオリビエ・パニスがイエローフラッグ時に追い越しをしたため降格となり、5位に繰り上げとなった。トゥルーリは3位を望める位置で走行していたが、冷却系のトラブルでリタイアとなった[2]

第2戦マレーシアではトゥルーリがオープニングラップ後3位につけた。雷雨のためセーフティカーが入ると、短時間であったがトップを走行する。フレンツェンは雷雨のレースを乗り切り、ウィリアムズのラルフ・シューマッハ、マクラーレンのミカ・ハッキネンを押さえて4位に入賞した。

続くブラジルも悪天候のレースとなったが、予選の好調さは継続した。チームはウェットコンディションの中、両車を同ラップでタイヤ交換を行い、表彰台のチャンスを逃すこととなった。フレンツェンは3位を走行したが8ラップ目に電気系のトラブルでリタイアし、トゥルーリが代わって3位を走行した。しかしながらタイヤ選択を誤ったため、ザウバーのニック・ハイドフェルド、BARのパニスに抜かれ4位でレースを終えた。


F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 ポイント 順位
2001年 ジョーダン ホンダ V10 B AUS
 
MAL
 
BRA
 
SMR
 
ESP
 
AUT
 
MON
 
CAN
 
EUR
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
HUN
 
BEL
 
ITA
 
USA
 
JPN
 
19 5位
  フレンツェン 5 4 11 6 Ret Ret Ret Inj Ret 8 7
  ゾンタ 7 Ret
  アレジ 10 6 8 7 Ret
  トゥルーリ Ret 8 5 5 4 DSQ Ret 11 Ret 5 Ret Ret Ret Ret Ret 4 8

参照編集

  • Henry, Alan (ed) (2001). AUTOCOURSE 2001-2002. Hazleton Publishing. pp. 82-85. ISBN 1-903135-06-0. 
  1. ^ “Buzzin Hornets logo replaced by shark at Jordan”. Grandprix.com. (2001年1月17日). http://www.grandprix.com/ns/ns03538.html 2007年1月20日閲覧。 
  2. ^ a b “Michael's sad day”. Grandprix.com. (2001年3月4日). http://www.grandprix.com/gpe/rr664.html 2007年1月20日閲覧。 

外部リンク編集