メインメニューを開く

ジョー・シーウェルJoseph Wheeler "Joe" Sewell , 1898年10月9日 - 1990年3月6日) は、アメリカ合衆国アラバマ州テトス生まれのメジャーリーグ選手(内野手)。1920年代 - 1930年代に活躍し、メジャーリーグ史上最高のコンタクトヒッターといわれる。

ジョー・シーウェル
Joe Sewell
Joe Sewell.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州
生年月日 1898年10月9日
没年月日 (1990-03-06) 1990年3月6日(91歳没)
身長
体重
5' 7" =約170.2 cm
155 lb =約70.3 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 遊撃手三塁手
プロ入り 1920年
初出場 1920年9月10日
最終出場 1933年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1977年
選出方法 ベテランズ委員会選出

経歴編集

1920年にサザンリーグのニューオーリンズからクリーブランド・インディアンスに入団する。野球一家であり、弟のルーク・シーウェル英語版トミー・シーウェル英語版、いとこのリップ・シーウェル英語版も後にメジャーリーグの選手になっている。シーウェルは、この年に頭部への死球の事故によって急逝した遊撃手レイ・チャップマンの後釜を任されることになった。22試合で70打数23安打、.329の成績を残す。翌1921年からインディアンスのレギュラーに定着、打撃面でもコンスタントに3割をマークする打者になった。1923年には打率.353と109打点を挙げる活躍をし、翌1924年はリーグ最多の45二塁打と106打点を記録した。インディアンスには1930年まで計11年在籍したが、打率が3割を切ったシーズンは2回しかなかった。

一方で1923年以降は毎年全試合出場を続け、1930年までに当時最長となる1103試合の連続出場の記録を作ったが、1930年シーズン途中にニューヨーク・ヤンキースに放出され、連続試合出場の記録は途絶えてしまう。

三振の少なさもシーウェルの特徴だった。特に1925年以降、毎年100試合以上出場しながら1シーズンの三振数が10未満という少なさだった。1929年シーズンには115試合無三振というメジャーリーグ記録を作り、ヤンキースでワールドシリーズに出場した1932年は、打数503に対してわずか3三振しかしなかった。1933年オフにヤンキースから放出され、34歳でメジャーリーグから引退した。

1977年にベテランズ委員会によりアメリカ野球殿堂入りを果たす。1990年にアラバマ州モービルで死去。満91歳没。

抜群のミートの巧さからバットを折られることが無く、14年の現役生活をたった一本のバットで乗り切った話が有名である。このバットは入団の際、当時のインディアンスの一塁手だったジョージ・バーンズからもらったもので、シーウェルはこのバットに「ブラック・ベッツィー」と名前をつけ、日頃からコーラの瓶と噛み煙草で入念に手入れをしていたそうである。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集


















































O
P
S
1920 CLE 22 83 70 14 23 4 1 0 29 12 1 0 3 -- 9 -- 1 4 -- .329 .413 .414 .827
1921 154 683 572 101 182 36 12 4 254 93 7 6 20 -- 80 -- 11 17 -- .318 .412 .444 .856
1922 153 656 558 80 167 28 7 2 215 83 10 12 19 -- 73 -- 6 20 -- .299 .386 .385 .771
1923 153 682 553 98 195 41 10 3 265 109 9 6 24 -- 98 -- 7 12 -- .353 .456 .479 .935
1924 153 685 594 99 188 45 5 4 255 106 3 3 22 -- 67 -- 2 13 -- .316 .388 .429 .817
1925 155 699 608 78 204 37 7 1 258 98 7 6 23 -- 64 -- 4 4 -- .336 .402 .424 .827
1926 154 672 578 91 187 41 5 4 250 85 17 7 21 -- 65 -- 8 6 -- .324 .399 .433 .832
1927 153 652 569 83 180 48 5 1 241 92 3 16 23 -- 51 -- 9 7 -- .316 .382 .424 .805
1928 155 678 588 79 190 40 2 4 246 70 7 1 25 -- 58 -- 7 9 -- .323 .391 .418 .809
1929 152 672 578 90 182 38 3 7 247 73 6 6 41 -- 48 -- 5 4 -- .315 .372 .427 .800
1930 109 414 353 44 102 17 6 0 131 48 1 4 13 -- 41 -- 7 3 -- .289 .374 .371 .745
1931 NYY 130 571 484 102 146 22 1 6 188 64 1 1 17 -- 61 -- 9 8 -- .302 .390 .388 .788
1932 125 576 503 95 137 21 3 11 197 68 0 2 14 -- 56 -- 3 3 -- .272 .349 .392 .740
1933 135 606 524 87 143 18 1 2 169 54 2 2 10 -- 71 -- 1 4 -- .273 .361 .323 .683
通算:14年 1903 8329 7132 1141 2226 436 68 49 2945 1055 74 72 275 -- 842 -- 80 114 -- .312 .391 .413 .804
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

  • 連続試合出場:1103(1922年 - 1930年、2007年現在で歴代7位)
  • 通算打数/三振率(3000打席以上):62.6(歴代1位)
  • 連続無三振試合数:115(1929年5月17日 - 9月19日)※メジャーリーグ記録
  • ワールドシリーズ出場:2回 (1920年、1932年)

関連項目編集

出典・外部リンク編集