ジョー・ハドソン (捕手)

ジョゼフ・タデウス・ハドソンJoseph Thaddeus Hudson, 1991年5月21日 - )は、アメリカ合衆国フロリダ州タンパ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBピッツバーグ・パイレーツ傘下所属。

ジョー・ハドソン
Joe Hudson
ピッツバーグ・パイレーツ (マイナー)
Joe Hudson (43136667914) (cropped).jpg
AAA級ソルトレイク・ビーズ時代
(2018年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州タンパ
生年月日 (1991-05-21) 1991年5月21日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
206 lb =約93.4 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2012年 MLBドラフト6巡目
初出場 2018年9月8日
年俸 $545,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとレッズ傘下時代編集

2012年MLBドラフト6巡目(全体202位)でシンシナティ・レッズから指名され、6月11日に契約[2]

2013年、傘下のA級デイトン・ドラゴンズでプロデビュー。87試合に出場して打率.247、1本塁打、27打点、3盗塁を記録した[3]

2014年はA級デイトンでプレー後、8月にA+級ベーカーズフィールド・ブレイズ英語版へ昇格。A級デイトンでは80試合に出場して打率.216、3本塁打、30打点、2盗塁を記録した[3]

2015年はA+級デイトナ・トーテュガス[4]でプレーし、81試合に出場して打率.214、7本塁打、31打点、1盗塁を記録した[3]

2016年はAA級ペンサコーラ・ブルーワフーズでプレーし、67試合に出場して打率.203、2本塁打、16打点を記録した[3]

2017年はAA級ペンサコーラでプレーし、75試合に出場して打率.171、1本塁打、16打点を記録した[3]

2018年はAAA級ルイビル・バッツでプレーし、16試合に出場して打率.235、3打点を記録した[3]

エンゼルス時代編集

2018年6月30日に金銭トレードで、ロサンゼルス・エンゼルスへ移籍した[5]。移籍後は傘下のAA級モービル・ベイベアーズ、AAA級ソルトレイク・ビーズでプレー。9月4日にエンゼルスとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りする[6]と、8日のシカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。9回表1・2塁の場面で代打として出場。二塁ゴロの間に二塁走者が本塁に生還したことで、初打点を記録した[7]。9月19日のオークランド・アスレチックス戦でブレット・アンダーソンからメジャー初安打を放っている[8]。この年メジャーでは8試合に出場して打率.167、1打点を記録した。レギュラーシーズン終了後の10月26日にDFAとなり[9]、31日に40人枠外、11月2日にFAとなった[10]

カージナルス時代編集

2018年11月19日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、2019年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった。

2019年は開幕から傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズでプレーし、60試合に出場して打率.223、10本塁打、30打点を記録した。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[11]。オフの11月1日にマイナー契約でAAA級メンフィスへ配属され、4日にFAとなった[10]

マリナーズ時代編集

2020年1月22日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[10]。7月23日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[12]。レギュラーシーズン終了後の10月19日に再びマイナー契約となって傘下のAAA級タコマ・レイニアーズに送られ[13]、後にFAとなった。

パイレーツ傘下時代編集

2021年1月25日にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[14]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2018 LAA 8 12 12 0 2 1 0 0 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .250 .417
2019 STL 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2020 SEA 9 20 17 0 3 0 0 0 3 0 0 0 1 0 2 0 0 5 0 .176 .263 .176 .440
MLB:3年 18 33 30 0 5 1 0 0 6 1 0 0 1 0 2 0 0 6 0 .167 .219 .200 .419
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



捕手(C)




















2018 LAA 8 39 2 0 0 1.000 0 3 0 .000
2020 SEA 9 57 3 0 0 1.000 1 4 0 .000
MLB 17 96 5 0 0 1.000 1 7 0 .000
  • 2020年度シーズン終了時

背番号編集

  • 44(2018年)
  • 68(2019年)
  • 57(2020年)

脚注編集

  1. ^ Joe Hudson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年9月25日閲覧。
  2. ^ Joe Hudson” (英語). MLB.com. 2018年9月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Joe Hudson” (英語). Baseball Reference. 2018年9月25日閲覧。
  4. ^ 2015年よりレッズ傘下
  5. ^ Brian Rippee (2018年6月30日). “Minor Leaguer Hudson traded to Angels for cash” (英語). MLB.com. 2018年9月25日閲覧。
  6. ^ Angels' Joe Hudson: Earns first career callup” (英語). CBS Sports (2018年9月4日). 2018年9月25日閲覧。
  7. ^ Angels vs. White Sox - Play-By-Play - September 8, 2018” (英語). ESPN (2018年9月8日). 2018年9月25日閲覧。
  8. ^ Angels vs. White Sox - Box Score - September 8, 2018” (英語). ESPN (2018年9月8日). 2018年9月25日閲覧。
  9. ^ Steve Adams (2018年10月26日). “Angels Claim Kevan Smith, Designate Joe Hudson” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年2月19日閲覧。
  10. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2020年7月24日閲覧。
  11. ^ Cards add 8 to roster, including Jose Martinez” (英語). MLB.com (2019年9月1日). 2019年9月3日閲覧。
  12. ^ Connor Byrne (2020年7月23日). “Mariners Select Jose Marmolejos, Joe Hudson, Anthony Misiewicz” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年7月24日閲覧。
  13. ^ Mariners Outright Four Players” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年10月19日閲覧。
  14. ^ Adam Berry (2021年1月25日). “Bucs sign catcher Hudson to Minors deal” (英語). MLB.com. 2021年1月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集