メインメニューを開く

ジョー・ハート

イングランドのサッカー選手

チャールズ・ジョセフ・ジョン・"ジョー"・ハートCharles Joseph John "Joe" Hart1987年4月19日 - )は、イギリス (イングランド)・シュルーズベリー出身のサッカー選手プレミアリーグバーンリーFC所属。イングランド代表。ポジションはゴールキーパー

ジョー・ハート Football pictogram.svg
Joe Hart 69775.jpg
マンチェスター・シティ時代のハート (2014年)
名前
本名 チャールズ・ジョセフ・ジョン・ハート
Charles Joseph John Hart
ラテン文字 Joe HART
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1987-04-19) 1987年4月19日(32歳)
出身地 シュルーズベリー
身長 196cm[1]
体重 89kg[1]
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 バーンリーFC
ポジション GK
背番号 20
利き足 右足
ユース
-2003 イングランドの旗 シュルーズベリー・タウン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2006 イングランドの旗 シュルーズベリー・タウン 52 (0)
2006-2018 イングランドの旗 マンチェスター・シティ 266 (0)
2007 イングランドの旗 トランメア・ローヴァーズ (loan) 6 (0)
2007 イングランドの旗 ブラックプール (loan) 5 (0)
2009-2010 イングランドの旗 バーミンガム・シティ (loan) 36 (0)
2016-2017 イタリアの旗 トリノ (loan) 36 (0)
2017-2018 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド (loan) 19 (0)
2018- イングランドの旗 バーンリー 19 (0)
代表歴2
2005-2006 イングランドの旗 イングランド U-19 6 (0)
2007-2009 イングランドの旗 イングランド U-21 21 (0)
2008- イングランドの旗 イングランド 75 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年6月27日現在。
2. 2017年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

マンチェスター・シティ編集

2003年から地元のシュルーズベリー・タウンFCでキャリアをスタートした。シュルーズベリーでの活躍の後、2006年夏に約150万ポンドでディビッド・ジェームスの後釜としてマンチェスター・シティFCに移籍した。レンタル移籍でのプレーやイングランドU-19とU-21代表での活躍から2007-2008シーズン前にスヴェン・ゴラン・エリクソン監督に印象を与え、アンドレーアス・イサクソンカスパー・シュマイケルを差し置いてレギュラーに抜擢された。続く2008-09シーズンからは背番号を1に変更したが、不安定なパフォーマンスが続き、2009年冬の移籍市場においてニューカッスル・ユナイテッドFCから加入したアイルランド代表シェイ・ギヴンにレギュラーを奪われた。

シーズン終了後の2009年6月24日に、プレミアリーグ昇格を果たしたバーミンガム・シティFCへレンタル移籍。降格候補筆頭とも言われたバーミンガムで12試合無敗を達成するなどシーズンを通して安定したプレーをみせ、クラブの9位躍進に貢献。PFA年間ベストイレブンにも選出された。

バーミンガムでの活躍が評価されシティに復帰すると、2010-11シーズン開幕戦のトッテナム・ホットスパーFC戦では、ギヴンに代わってスタメンに選ばれた。この試合で好セーブを披露し無失点で試合を終えたことをきっかけに正GKの座を掴むと、リーグ戦全38試合に出場し、リーグ最多の18のクリーンシートを記録した[2]。ギヴンがアストン・ヴィラFCへ移籍した2011-12シーズンも全38試合出場でリーグ最少の29失点と安定した守備をみせ、44年ぶりのリーグ優勝に貢献した。2013-14シーズンの中盤には調子を落とし、一時はコステル・パンティリモンに正GKの座を奪われたが、カップ戦の出場から調子と信頼を取り戻し、レギュラー復帰後は安定した守備を見せチームの王座奪還に貢献した。2014年12月19日、マンチェスター・シティとの契約を2019年まで延長した[3]。しかし、2016年にジョセップ・グアルディオラが監督に就任し、監督の古巣のFCバルセロナからGKクラウディオ・ブラーボが加入すると、2016-17シーズンの開幕3試合をベンチで過ごした。

イタリア・イングランド復帰編集

2016年8月31日、出場機会確保のためイタリアセリエAトリノFCへ1年契約でレンタル移籍[4]。1929年にセリエAがイタリア全土で開催されるようになって以来、イングランド人GKがセリエAでプレーするのは初めての例となった[5]。2016年9月11日のアタランタBC戦でイタリアデビューを果たしたものの、自身のミスもあり1-2で試合に敗れた[6]。その後もたびたびミスを見せ、安定感のなさを指摘されたが[7]、シーズン終了までゴールマウスを守り抜き36試合に出場。シーズン終了後にレンタル契約満了で退団した[8]

2017年7月18日、ウェストハム・ユナイテッドFCへレンタル移籍することが発表された[9]。8月17日に行われた開幕戦のマンチェスター・ユナイテッドFC戦で初出場を果たしレギュラーを確保。しかし、12月3日に行われたマンチェスター・シティFC戦にて、契約条項によって対戦が不可能なハートの代わりに出場した第2GKのアドリアンが好セーブを連発し、以降はアドリアンに正GKの座を譲ることとなった[10]

マンチェスター・シティへのレンタルバック後もグアルディオラ監督の考えは変わらなかったため、ハートは完全移籍でクラブを退団することを望んだ[11]。2018年8月7日、バーンリーFCへ完全移籍することが発表され[12]、レンタル期間を含めて12年間在籍したマンチェスター・シティを退団した。契約は2年間。

代表経歴編集

イングランドU-19、21代表を経て、2008年6月1日トリニダード・トバゴ戦でイングランド代表初キャップを記録。3-0での勝利に貢献した[13]。以降は代表に定着するもロバート・グリーンデイヴィッド・ジェイムズの両ベテランの前に出場機会に恵まれず2010 FIFAワールドカップでは第3GKに選出されたが出番なしに終わった。

UEFA EURO 2012では全試合に出場。グループリーグを首位で通過し、準々決勝のイタリア戦では120分をスコアレスドローで終える好守を披露したが、アンドレア・ピルロチップキックを決められ、PK戦に敗れた[14]

2012年11月14日にフレンズ・アレーナでこけら落としとして行われたスウェーデンとの国際親善試合では、試合終了間際にハートがペナルティエリア外へ飛び出してヘディングでクリアしたボールを、この日すでにハットトリックを達成していたズラタン・イブラヒモビッチバイシクルキックで合わせられ4点目を許した[15]。なおこのゴールでイブラヒモビッチは2013年のFIFAプスカシュ賞を受賞した。

2014 FIFAワールドカップでは全3試合に出場するも5失点を喫し、チームはグループリーグで敗退した。続くUEFA EURO 2016では、グループ最少失点となる2失点で抑えグループリーグを突破したが、ラウンド16のアイスランド戦で敗れ、大会を去った。

2018 FIFAワールドカップヨーロッパ予選では、2016年10月のスロベニア戦を始めチームが低調な時期にもビッグセーブを連発し[16]、予選突破に貢献したが、本大会直前にクラブでポジションを失っていたこともあり、メンバーから落選した[17]

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
イングランド リーグ戦 FLカップFAカップ 期間通算
2003-04 シュルーズベリー - 4部 2 0 2 0
2004-05 6 0 6 0
2005-06 46 0 46 0
2006-07 マンチェスター・シティ 25 プレミア 1 0 0 0 0 0 1 0
トレンメア - 3部 6 0 0 0 0 0 6 0
ブラックプール 2部 5 0 0 0 0 0 5 0
2007-08 マンチェスター・シティ 25 プレミア 26 0 3 0 3 0 32 0
2008-09 1 23 0 0 0 1 0 24 0
2009-10 バーミンガム 25 36 0 0 0 5 0 41 0
2010-11 マンチェスター・シティ 38 0 0 0 8 0 46 0
2011-12 38 0 2 0 0 0 40 0
2012-13 1 38 0 0 0 1 0 39 0
2013-14 31 0 1 0 0 0 32 0
2014-15 36 0 0 0 0 0 36 0
2015-16 35 0 0 0 0 0 35 0
通算 イングランド プレミア 302 0 6 0 18 0 326 0
総通算 367 0 6 0 18 0 391 0

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

国際Aマッチ 75試合 0得点(2008年- )


イングランド代表国際Aマッチ
出場得点
2008 1 0
2010 6 0
2011 9 0
2012 11 0
2013 11 0
2014 10 0
2015 9 0
2016 11 0
2017 7 0
通算 75 0

タイトル編集

クラブ編集

マンチェスター・シティFC

個人編集

脚注編集

出典編集

  1. ^ a b 25 Joe HartOfficial Manchester City Website
  2. ^ シティ、ハートに5年契約を提示か - Goal.com 2011年7月25日
  3. ^ シティ、守護神ハートと契約延長 - Goal.com 2014年12月20日
  4. ^ イングランド代表守護神ハートのトリノ移籍が正式決定「突然、キャリアの分岐点が来た」 - ゲキサカ 20126年8月31日
  5. ^ イングランド人にとっての鬼門、セリエA……初GKのハートの運命は!? - サッカーダイジェストWeb 2016年9月3日
  6. ^ 新天地デビューのGKハート、ミスから同点弾献上 トリノは逆転負け喫す - サッカーキング 2016年9月12日
  7. ^ トリノ会長、ミスが散見されるハートを非難「ちょっと多すぎる」 - サッカーキング 2017年4月17日
  8. ^ トリノ退団のGKハート、「人生最高の経験」とサポーターに別れ - Goal.com 2017年5月30日
  9. ^ West Ham United catch England goalkeeper Joe Hart - West Ham United 2017年7月18日
  10. ^ モイーズ監督がハート外しへ、イングランド守護神の座も遠のくか - AFPBB.com 2017年12月9日
  11. ^ 「必要なのは完全移籍」、ハートがシティ退団を切望 - AFPBB.com 2018年7月22日
  12. ^ Home Is Where The Hart Is As Joe Signs In - Burnley Football Club Official Website 2018年8月7日
  13. ^ Three and easy for England Appearances”. skysports.com (2008年6月2日). 2016年10月21日閲覧。
  14. ^ ピルロ:「ハートはかなり気負っていた」 - Goal.com 2012年6月25日
  15. ^ スウェーデン監督、イブラのバイシクルに「ゲームのよう」 - Goal.com 2012年11月15日
  16. ^ 低調イングランド、守護神ハートの好守に助けられ、敵地で勝ち点1を持ち帰る《ロシアW杯欧州予選》 - 超ワールドサッカー 2016年10月12日
  17. ^ 「簡単に下した決断ではない」サウスゲイトが明かすGKハートの落選理由とは… - Goal.com 2018年5月17日

関連項目編集

外部リンク編集