ジョー・パニック

アメリカの野球選手 (1990 - )

ジョゼフ・マシュー・パニックJoseph Matthew Panik, 1990年10月30日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ヨンカーズ出身のプロ野球選手二塁手)。右投左打。MLBマイアミ・マーリンズ所属。

ジョー・パニック
Joe Panik
マイアミ・マーリンズ #12
Joe Panik on September 16, 2016.jpg
サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(2016年9月16日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ヨンカーズ
生年月日 (1990-10-30) 1990年10月30日(31歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手
プロ入り 2011年 MLBドラフト1巡目
初出場 2014年6月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとジャイアンツ時代編集

2011年MLBドラフト1巡目(全体29位)でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、6月11日に契約。契約後、A-級セイラムカイザー・ボルケーノズ英語版でプロデビュー。69試合に出場して打率.341、6本塁打、54打点、13盗塁を記録した。

2012年はA+級サンノゼ・ジャイアンツ英語版でプレーし、130試合に出場して打率.297、7本塁打、76打点、10盗塁を記録した。

2013年はAA級リッチモンド・フライングスクウォーレルズでプレーし、137試合に出場して打率.257、4本塁打、57打点、10盗塁を記録した。

2014年はAAA級フレズノ・グリズリーズで開幕を迎え、74試合に出場。打率.321、5本塁打、45打点、3盗塁を記録した。6月21日にジャイアンツとメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。同日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦でメジャーデビュー。8回表に代打として出場し、四球だった[2]。6月22日の同カードでは「7番・二塁手」で先発起用され、5回表の第2打席目にマイク・ボルシンガーからメジャー初安打となる左中間への単打を放った[3]。メジャー昇格後は二塁のレギュラーに固定され、昇格直後こそヒットが出なかったものの、8月に入ってから一気に調子を上げ、連日安打を放つ[4]。最終的に打率.305をマークし、チームのプレーオフ進出に貢献した。

2015年は開幕ロースター入りを果たし、前年同様二塁の定位置を確保。打率は3割台をキープし、オールスターにも選出されたが、8月3日に腰痛で15日間の故障者リスト入りとなった[5]。9月7日に故障者リストから復帰した[6]が、3試合の出場後に再び腰痛で欠場が続き[7]、9月16日に60日間の故障者リスト入りし[8]、そのままシーズンを終えた。この年は100試合に出場して打率.312、8本塁打、37打点、3盗塁を記録した。

2016年は127試合に出場し、打率は.239と悪化したが、10本塁打、62打点を記録した。オフにゴールドグラブ賞を二塁手部門で初受賞した。

2019年8月6日にDFAとなり[9]、翌7日にFAとなった[10]

メッツ時代編集

2019年8月9日にニューヨーク・メッツとメジャー契約を結んだ[11]。オフの10月31日にFAとなった[10]

ブルージェイズ時代編集

2020年1月20日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[12]。3月15日にメジャー契約を結んで40人枠入りした[10]。オフの10月28日にFAとなった[13]

2021年2月12日にブルージェイズとマイナー契約で再契約を結んだ[14]。シーズン開幕日の4月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]。5月7日に左腓腹筋の張りで故障者リスト入りした[16]

マーリンズ時代編集

2021年6月29日にコーリー・ディッカーソンアダム・シンバー、金銭とのトレードで、アンドリュー・マッキンベールと共にマイアミ・マーリンズへ移籍した[17]

選手としての特徴編集

三振がとても少ない打者で、1三振に要する打数が2016年は9.9、2017年は9.5と共にで両リーグ1位、キャリア通算でも9を超えている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2014 SF 73 287 269 31 82 10 2 1 99 18 0 0 1 1 16 0 0 33 4 .305 .343 .368 .711
2015 100 432 382 59 119 27 2 8 174 37 3 2 3 4 38 0 5 42 7 .312 .378 .455 .833
2016 127 526 464 67 111 21 7 10 176 62 5 0 3 5 50 5 4 47 14 .239 .315 .379 .695
2017 138 573 511 60 147 28 5 10 215 53 4 1 3 8 46 4 5 54 10 .288 .347 .421 .768
2018 102 392 358 38 91 14 1 4 119 24 4 2 1 4 26 3 3 30 10 .254 .307 .332 .639
2019 103 388 344 33 81 17 1 3 109 27 4 2 1 4 36 2 3 38 5 .235 .310 .317 .627
NYM 39 103 94 17 26 4 1 2 38 12 0 0 1 0 7 0 1 9 1 .277 .333 .404 .738
'19計 142 491 438 50 107 21 2 5 147 39 4 2 2 4 43 2 4 47 6 .244 .315 .336 .651
2020 TOR 41 141 120 18 27 6 0 1 36 7 0 0 0 0 20 0 1 27 4 .225 .340 .300 .640
2021 42 123 114 9 28 6 0 2 40 11 0 0 0 1 8 0 0 14 4 .246 .293 .351 .644
MIA 53 134 122 8 21 3 0 1 27 7 2 0 1 0 9 1 2 20 5 .172 .241 .221 .462
'21計 95 257 236 17 49 9 0 3 67 18 2 0 1 1 17 1 2 34 9 .208 .266 .284 .550
MLB:8年 818 3099 2778 340 733 136 19 42 1033 258 22 7 14 27 256 15 24 314 64 .264 .328 .372 .700
  • 2021年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



一塁(1B) 二塁 (2B) 三塁 (3B) 遊撃 (SS)
















































2014 SF - 70 131 185 8 53 .975 - -
2015 - 99 191 268 2 64 .996 - -
2016 - 126 233 363 5 82 .992 - -
2017 - 137 249 332 9 86 .985 - -
2018 1 10 0 0 1 1.000 94 153 237 6 65 .985 - -
2019 - 90 155 217 3 48 .992 - -
NYM - 28 24 44 2 11 .971 - -
'19計 - 118 179 261 5 59 .989 - -
2020 TOR - 18 28 20 1 6 .980 12 4 9 0 0 1.000 14 13 29 0 5 1.000
2021 3 15 0 0 0 1.000 10 13 26 0 4 1.000 21 10 35 5 4 .900 -
MIA 6 42 2 1 3 .978 17 26 28 0 9 1.000 11 4 11 2 1 .882 -
'21計 9 57 2 1 3 .983 27 39 54 0 13 1.000 32 14 46 7 5 .896 -
MLB 10 67 2 1 4 .986 689 1203 1720 36 428 .988 44 18 55 7 5 .913 14 13 29 0 5 1.000
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞年

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 12(2014年 - 2019年8月5日、2021年途中 - )
  • 2(2019年8月9日 - 2021年途中)

脚注編集

  1. ^ Adam Lichtenstein (2014年6月22日). “Giants bring up infielder Panik from Triple-A”. MLB.com. 2014年7月16日閲覧。
  2. ^ Scores for Jun 21, 2014”. ESPN (2014年6月21日). 2014年7月16日閲覧。
  3. ^ Scores for Jun 22, 2014”. ESPN (2014年6月22日). 2014年7月16日閲覧。
  4. ^ BASEBALL-REFERENCE.com Joe Panik 2014 Batting Gamelog
  5. ^ Chris Haft (2015年8月3日). “Panik goes on DL; Pagan to rest ailing knee”. MLB.com. 2015年10月21日閲覧。
  6. ^ Chris Haft (2015年9月7日). “Panik back, will have playing time monitored”. MLB.com. 2015年10月21日閲覧。
  7. ^ Chris Haft (2015年9月10日). “Panik's back issue flares up in loss to D-backs”. MLB.com. 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ Chris Haft (2015年9月16日). “Giants reinforce bench with two callups”. MLB.com. 2015年10月21日閲覧。
  9. ^ Maria Guardado (2019年8月6日). “Former Gold Glover Panik designated by Giants” (英語). MLB.com. 2019年8月8日閲覧。
  10. ^ a b c MLB公式プロフィール参照。2020年3月16日閲覧。
  11. ^ Sarah Langs (2019年8月9日). “Mets make it official with Panik, DFA Hechavarria” (英語). MLB.com. 2019年8月10日閲覧。
  12. ^ Keegan Matheson (2020年1月20日). “Panik, Dull, Tejada invited to Blue Jays camp” (英語). MLB.com. 2020年2月24日閲覧。
  13. ^ Manny Randhawa and Paul Casella (2020年11月7日). “2020-21 free agents, position by position” (英語). MLB.com. 2020年11月8日閲覧。
  14. ^ Keegan Matheson (2021年2月13日). “Panik returns to Blue Jays on Minors deal” (英語). MLB.com. 2021年2月15日閲覧。
  15. ^ Steve Adams (2021年4月4日). “Blue Jays Outright Reese McGuire, Breyvic Valera” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年4月17日閲覧。
  16. ^ Shanthi Sepe-Chepuru, Keegan Matheson (2021年5月7日). “Panik (calf) to IL; Blue Jays recall Tellez” (英語). MLB.com. 2021年5月8日閲覧。
  17. ^ Blue Jays Acquire Adam Cimber, Corey Dickerson” (英語). MLB Trade Rumors. 2021年6月29日閲覧。

外部リンク編集