メインメニューを開く
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ジョー・マッドン

ジョー・マドンJoseph John Maddon, 1954年2月8日 - )は、MLBシカゴ・カブスの監督。アメリカ合衆国ペンシルベニア州ヘイズルトン出身。

ジョー・マドン
Joe Maddon
シカゴ・カブス 監督 #70
2016-10-20 Joe Maddon before NLCS Game 5 at Dodger Stadium.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ヘイズルトン
生年月日 (1954-02-08) 1954年2月8日(65歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1976年 アマチュア・フリーエージェントとしてカリフォルニア・エンゼルスと契約
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

レイズの監督としては「レイズ旋風」で、カブスの監督としては「ビリーゴートの呪い」を解いた監督として知られ、これらの業績から現代野球を代表する名将と認識されている。最優秀監督賞を3度受賞。

目次

経歴編集

マドンはラファイエット大学では野球とアメリカンフットボールをプレーし、1976年に卒業。カリフォルニア・エンゼルスのマイナーで捕手としてプレーをしたもののメジャー昇格をすることのないまま1979年の出場を最後に現役を引退し、その後選手時代を含め31年間エンゼルスの組織に所属した。スカウト、打撃インストラクター、マイナーリーグの監督などを経て、1996年から2005年までエンゼルスのベンチコーチを務めた[1]。また1996年1999年には代理監督を数試合務めている。2002年にはマイク・ソーシア監督の下でワールドシリーズ制覇に貢献した。

2004年のシーズン前にはボストン・レッドソックスの監督候補となっていたが、結局テリー・フランコーナが選出され監督就任はならなかった。2005年11月5日ルー・ピネラの後任としてタンパベイ・デビルレイズ監督に就任。監督就任1年目の2006年2002年以来4年ぶりとなる、球団史上ワースト2位の101敗を喫し、2007年には66勝96敗・借金30でMLB最低勝率(.407)となったが、チーム名をレイズと改称した2008年は快進撃を続けて、一気に球団創設11年目で初の地区優勝・アメリカンリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズにまで進出。フィラデルフィア・フィリーズに敗れ、世界一はならなかったものの、監督としての手腕が評価され2008年のアメリカンリーグ最優秀監督に選出された[2]

2011年、監督としての手腕が評価され、同年のアメリカンリーグ最優秀監督に選出された。

2012年2月、監督としての契約を2015年まで3年間延長した。

2014年10月24日、レイズから退団が発表された。2015年が契約最終年だったが、本人の希望で契約を解除した[3]

2014年10月31日シカゴ・カブスから新監督に迎えると発表された[4]

2015年はシカゴ・カブスを地区3位ながらナショナルリーグチャンピオンシップシリーズに進出した手腕を評価され、ナショナルリーグ最優秀監督賞(アメリカンリーグを含めて通算3度目)を受賞した[5]

2016年にはカブスを71年ぶりのナショナルリーグ優勝、108年ぶりのワールドチャンピオンに導いた。

2017年に史上63人目となる監督通算1000勝を達成。

2018年は7月から地区首位だったが、161試合目でミルウォーキー・ブルワーズに並ばれ、163試合目の地区優勝決定戦英語版で敗れて、地区優勝を逃して、ワイルドカードでプレーオフ進出となった。ワイルドカードゲーム英語版コロラド・ロッキーズに敗れた。

監督としての特徴編集

常識にとらわれず、多様な戦術を持っている。

詳細情報編集

年度別監督成績編集

年度 球団 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 プレーオフ勝敗
1996 CAL AL 西 42 22 8 14 .364 4 / 4 監督代行
1999 ANA 45 29 19 10 .655 4 / 4 監督代行
2006 TB AL 東 52 162 61 101 .377 5 / 5
2007 53 162 66 96 .407 5 / 5
2008 54 162 97 65 .599 1 / 5 WS敗退 8勝8敗
2009 55 162 84 78 .519 3 / 5
2010 56 162 96 66 .593 1 / 5 ALDS敗退 2勝3敗
2011 57 162 91 71 .562 2 / 5 ALDS敗退 1勝3敗
2012 58 162 90 72 .556 3 / 5    
2013 59 163 92 71 .564 2 / 5 ALDS敗退 2勝3敗
2014 60 162 77 85 .475 4 / 5  
2015 CHC NL 中 61 162 97 65 .599 3 / 5 NLCS敗退 4勝5敗
2016 62 162 103 58 .640 1 / 5 WS優勝 11勝6敗
2017 63 162 92 70 .568 1 / 5 NLCS敗退 4勝6敗
2018 64 163 95 68 .583 2 / 5 NLWC敗退 0勝1敗
通算:15年 2158 1168 990 .541     32勝35敗

太字はプレーオフ進出(ワイルドカードを含む)

  • 2018年度シーズン終了時

表彰編集

  • アメリカンリーグ最優秀監督賞:2回(2008年、2011年)
  • ナショナルリーグ最優秀監督賞:1回(2015年)

背番号編集

  • 70 (1995年 - )

脚注編集

  1. ^ Boston.com / Sports / Baseball / Red Sox
  2. ^ Joe Smith (2008年11月12日). “Tampa Bay Rays' Maddon named AL manager of the year”. Tampabay.com. 2008年11月12日閲覧。
  3. ^ レイズ名将マドン監督が退団”. 日刊スポーツ (2014年10月26日). 2014年11月2日閲覧。
  4. ^ カブス新監督にレイズ退団のマドン氏”. 日刊スポーツ (2014年11月1日). 2014年11月2日閲覧。
  5. ^ John Schlegel (2015年11月17日). “Banister top AL skipper; Maddon best in NL” (英語). MLB.com. http://m.mlb.com/news/article/157539680/jeff-banister-and-joe-maddon-managers-of-year 2015年11月18日閲覧。 
  6. ^ 8番打者に投手を置く、という奇策。MLBの策士の遊び心あふれる打順論。”. Sports Graphic Number (2015年7月24日). 2018年10月14日閲覧。
  7. ^ 外野4人の“珍シフト”は「酷い作戦」!? “撃破”の巧打者に称賛続々「球界最高」”. スポーツブル (2017年8月15日). 2018年10月14日閲覧。
  8. ^ Seattle Mariners at Chicago Cubs Box Score, July 31, 2016”. Baseball-Reference.com (2016年7月31日). 2018年10月14日閲覧。
  9. ^ カブス名将が奇策で危機脱出、投手2人がマウンドと左翼を行ったり来たり…”. Full-Count (2018年6月14日). 2018年10月14日閲覧。
  10. ^ 0打数7出塁とカブスの驀進。成功した「ハーパーを歩かせろ」。”. Sports Graphic Number (2016年5月14日). 2018年10月14日閲覧。

外部リンク編集