ジョー90』(ジョーきゅうじゅう、英語: Joe 90)は、1968年にイギリスで制作・放送されたジェリー・アンダーソンによるスーパーマリオネーション作品である。

ジョー90
ジャンル サイエンス・フィクション
原案 ジェリーシルヴィア・アンダーソン夫妻
声の出演 キース・アレグザンダー
シルヴィア・アンダーソン
ルーパート・デイヴィス
ゲイリー・ファイルズ
レン・ジョーンズ
マーティン・キング
デイヴィッド・ヒーリー
ジェレミー・ウィルキン
リズ・モーガン
シェイン・リマー
作曲 バリー・グレイ
国・地域 英国
言語 英語
シリーズ数 1
話数 30
各話の長さ 25分
製作
製作総指揮 レッジ・ヒル
プロデューサー デイヴィッド・レイン
撮影監督 ジュリアン・リュグリン
パディ・シール
製作 センチュリー21テレヴィジョン・プロダクションズ
配給 ITCエンターテインメント
放送
放送チャンネルATV
映像形式35 mm フィルム[1]
音声形式モノラル[2]
放送期間1968年9月29日 (1968-09-29)[3] - 1969年4月20日 (1969-4-20)[3]
番組年表
前作キャプテン・スカーレット
続編ロンドン指令X
テンプレートを表示

ストーリー編集

イギリスのイアン・マックレイン教授は3年の月日をかけて脳波記憶伝送機ビッグ・ラット(BIG RAT — Brain Impulse Galvanoscope Record and Transfer)を開発した。この装置は、人間の脳波パターンをテープに記録することができ、そしてその機械と電極で繋いだ人間はその記録された脳波を利用し、元の持ち主の様々な知識や経験を利用することを可能とするものであった。

教授から装置の紹介を受けた友人で世界諜報局ウィン(WIN — World Intelligence Network)の諜報員のサム・ルーヴァーはそのロンドン支局長シェーン・ウェストンにその装置を紹介する。

彼らは様々な脳波を記録し、そのデータを教授の養子である9歳のジョーに利用させ、諜報活動を行わせることを計画した。説得の末、教授は賛同し、ここにジョーは「ジョー90」[注 1]のコードネームを与えられ、西側諜報員として様々な脳波を利用し活躍することになった。

作品概要・解説編集

本作の磁気テープに脳波パターンを記録し、他人へ転送するというアイディアは、ジェリー・アンダーソンがフィルム編集者として働いていた時代にまで遡る[5]。そこで彼は目に見えないものをテープが記録しているのと同じように、電気信号で働いている脳も記録し、さらに他人の脳へ転送できると考えた[5]。このことは9歳の少年でもジェームズ・ボンドのようになれるという考えかたに繋がった[5]

「ジョー90」という呼称は『宇宙船XL-5』の構想時にまで遡る。もともとライブ・アクションと人形劇の融合として計画がなされた際に、パイロットになることを夢見るアメリカ人少年に与えられたパイロット名が「ジョー90」であった[6]

本作も前作『キャプテン・スカーレット』と同様にスーパーマリオネーションで撮影された。しかし、次作のテレビシリーズ『ロンドン指令X』で実写と模型・人形セットを融合させた制作を行っているが、本作でも「幽霊教会の対決」等一部のエピソードで同様の方法がとられ、その流れを垣間見ることができる。

英米のテレビ界は、冷戦影響もあり、英国では1960年の『秘密命令』、翌年の『おしゃれ㊙探偵英語版』、その翌年の『セイント 天国野郎』などが、米国では1964年の『0011ナポレオン・ソロ』、1966年の『スパイ大作戦』などスパイ物が多く製作された時代であった。また映画界も1963年の『ドクター・ノオ』に始まる一連の007シリーズがヒットしていた。アンダーソン作品においてスパイ物は1965年の『サンダーバード』の頃から垣間見え[注 2]、次作『キャプテン・スカーレット』でもその空気感は受け継がれた。その流れで本作は本格的にスパイ物として製作された最初の作品であり、次作『ロンドン指令X』や、そして『謎の円盤UFO』を経た『プロテクター電光石火』に繋がっていくこととなる。

また、子供向けのスパイドラマを作るにあたって、8シリーズが製作され海外でも放映された子供がMI5スパイとして活躍する作品『フリー・ウィーラーズ英語版』(1968-73)が参考にされた[7]。そしてこれまでセンチュリー・21・テレヴィジョン・プロダクションズが得意としてきたサイエンス・フィクション(サイ・ファイ)ものと組み合わせた「スパイ・ファイ」ものとなった[7]

時代設定はこれまでのアンダーソン夫妻の作品よりも幾分過去の1998年または2013年とされる[8]。また過去の作品と違いメカ等に重点を置いたものではなく、本作はシリアスさや軍隊的組織がないため、既存の作品と比較するとより家族的なものをもたらしている[9]。実際、その方針はレギュラー・メカの少なさにも現れ、レギュラー・メカはデレク・メディングスのデザインしたマックレイン教授の車マックス・カーのみであった[10]。その一方で、登場人物描写は、前作『キャプテン・スカーレット』では『スパイ大作戦』のような登場人物の性格描写を抑え、時にシリアスと呼ばれたことと異なり、本作では登場人物の性格描写を入れている点でよく現れている[11]。脚本上ではマックレイン親子の養父―養子関係にたびたび重点が置かれ、さらにサム・ルーヴァーとシェーン・ウェストンの交わすユーモアに溢れた会話が前作との違いをより強調している[9]

また、場面転換演出が『スカーレット』に続いて採用されており、

  1. 映像の周りに色枠がつく
  2. 色枠が大きくなって映像が中央で小さくなる
  3. 映像が切り替わって大きくなって
  4. 色枠が消える

というもの。

日本でのコミカライズを一峰大二が担当した点も『キャプテン・スカーレット』と同じである。

キャスト編集

主要登場人物編集

ジョー・マックレイン
声:レン・ジョーンズ/太田淑子
マックレイン教授の養子。9歳。好奇心旺盛な年頃ゆえ、WINの仕事を快く引き受ける。両親は事故で亡くなっている。
イアン・マックレイン教授
声:ルーパート・デイヴィス/小林恭治
電子工学の博士でビッグラットの発明者。ジョーと二人暮らしで、危険な任務に就くジョーを常に心配している。妻を事故で失っている。
サム・ルーバー
声:キース・アレグザンダー/中村正
マックレインの旧友。WINの窓口役であり、ジョーにスパイの仕事を与えた張本人でもある。この人形は『キャプテン・スカーレット』から流用されている[注 3]
シェーン・ウエストン
声:デイヴィッド・ヒーリー/島宇志夫
WINのロンドン支局局長で、アメリカ人。この人形は改造用人形5番[注 4]を元にしている[14]
アダ・ハリス夫人
声:シルヴィア・アンダーソン/森川久美子
マックレイン家の家政婦。この人形は改造用人形5A番として作られたとする文献[15]と46番の改造であるとする文献[16]がある。
オープニングのナレーター(日本語吹替版のみ)
声:大平透
後述の第5話まで担当。

スタッフ編集

日本語版制作編集

メカニックなど編集

『スカーレット』との違いはレギュラーキャラ・メカにも現れている[独自研究?]。『サンダーバード』並みに数が多かった『キャプテン・スカーレット』と逆に、本作ではレギュラーキャラ・メカがかなり少なく、基地も主人公たちが住む民家が使われている。その分ゲストメカは毎回力が入っている[独自研究?]

ビッグ・ラット (Big Rat)
マックレインの開発した「脳波検出記録移送装置(Brain Impulse Galvanoscope Record And Transfer)」。人間の脳波をパターンとして抽出してテープに記録し、テープの再生装置と人間を電極で繋いで記録された脳波を他者に転送、元の脳波の持ち主の様々な知識や経験を他者が利用することを可能とする装置。
磁気テープが高速で回転する機構のイメージは、当時イギリスのロックバンドの間でもてはやされていたテープエコー装置から想起されたものであるとされる[誰によって?]
マックス・カー (Mac’s Car)
マックレインが製作した高速車。英語版での呼称は Mac’s car である。(前述のビッグラットを別とすれば)本作の主役メカにあたる。最高速力365 km/h。飛行能力も有し、その際には主翼垂直尾翼を展開し、車輪を引き込む(前輪を縮めて機体に収納し、後輪を後ろに跳ね上げる)。外観から察して、デザインのモチーフはバッタと思われる[独自研究?]。乗員は最大3名。かつてディンキーからミニカーが、田宮模型(現・タミヤ)からもプラモデルが発売されていた。
サムズ・カー (Sam’s Car)
サム・ルーバーの自家用車。登場回数が多いため、本項に挙げる。2ドアのファストバッククーペで、マックス・カーなどと比べれば放送当時でも現実味を帯びつつ、現代でも通じる洗練されたデザインである[独自研究?]。ただし、ステアリングは航空機の操縦桿のような形状(U字形)である。また、劇中に同型車が登場しないため、ワンオフあるいはカスタムカーの可能性が高い[独自研究?]。こちらも田宮模型からプラモデルが発売されていた。ちなみに、『サンダーバード6号』にも同車がクライマックスのみに一瞬、待機しているパトカーを横切る車として出ている。これもディンキーからミニカーが発売されていた。
MiG-242戦闘機英語版
第1話に登場。後年のムックなどで必ず取り上げられており[どれ?]本作ゲストメカの中では最も知名度が高いと思われる存在である[独自研究?]。“ビッグ・ラット”をジョーに使った場合の仮定の一つとして、本機をジョーが奪取する、という想定が語られるが、本機の存在そのものは(劇中においても)あくまで架空とされている。
作中でソ連[注 5](当時)が開発したと仮定されている、最大速力マッハ4の可変翼式超音速戦闘機で、仰角を45°とした専用の電磁レール式カタパルトを用い、アフターバーナーを併用することで、無滑走で発進できる。主兵装は機体中央部下面に2基装備されている空対空/空対地両用のロケット弾ポッド。劇中では本機同士の空中戦シーンも登場する。
プロップは前作『キャプテン・スカーレット』のエンジェルインターセプターを改造したものだが、双発・双垂直尾翼とされるなど外形は大幅に変更されている。
U87 ストロンガー
「決死のスピードレース」のエピソードに登場する「U87高速装甲車」。これも「SF装甲車シリーズ」として田宮模型からプラモデルが発売されていた。ボックスアートにはキャラクターモデルであることを強調するかのようにレース場面が描写されており、マックス・カー、ジョー、マックレイン教授も一緒に描かれている。
ワイルドキャット
「恐怖の爆薬トラック」のエピソードに複数登場。そのうちの1台が「U59 ワイルドキャット」として田宮模型からプラモデルが発売されていた。

日本での放送編集

日本では、まず1968年10月2日から1969年3月26日までNET(現・テレビ朝日)系列局の一部で放送。毎日放送の製作番組という扱いで、毎週水曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)に26本放送された。

第5話までは『ジョー90』と原題そのままのタイトルで放送されていたが、第6話をもって『スーパー少年 ジョー90』と改題。オープニングもバリー・グレイ作曲のインストゥルメンタルから日本語版独自の主題歌(作詞:星一白 / 作曲:司一郎 / 歌:ハニー・ナイツ)に変更された。また、1970年に中部日本放送(現・CBCテレビ)で、1971年に読売テレビで再放送された際には、『ウルトラ少年ジョー90』と改題されていた。

NET系列局での放送期間中、前述の一峰大二によるコミカライズ版が講談社の『ぼくら』と『たのしい幼稚園』に連載されていた。

その後、1972年1月4日から2月25日まで毎日17:00 - 17:30に東京12chで再放送が行われ、ここで初回放送時に放映されなかった4本も放映された[17]

その後、2005年8月1日から同年8月23日までスーパーチャンネル(現・スーパー!ドラマTV)で全30話が放送され、その後も同局で繰り返し再放送されている(#外部リンク参照)。2020年3月からは英国Network社から発売されたブルーレイの映像を用いたHD版が放映された[注 6]

日本国内では長い間映像ソフト化がされていなかったが[疑問点]デアゴスティーニ・ジャパンから刊行された隔週刊『ジェリー・アンダーソンSF特撮DVDコレクション』の付録DVDで初めてソフト化が実現した。

放映リスト編集

制作
番号
英国初回
放送話数
英国版
DVD話数
日本
話数
邦題 原題 英国初回放送日 日本初回放送日[注 7] 監督 脚本
1 1 1 1 小さな特別諜報員誕生[注 8] The Most Special Agent 1968年09月29日 1968年10月02日 デスモンド・サンダース ジェリー & シルビア・アンダーソン
2 4 2 2 地底基地を爆破せよ Hi-Jacked 1968年10月20日 1968年10月09日 アラン・ペリー トニー・バーウィック
13 2 11 3 宇宙ステーション応答せず Most Special Astronaut 1968年10月06日 1968年10月16日
10 14 10 4 世界征服計画を破壊しろ Business Holiday 1968年12月29日 1968年10月23日
14 15 14 5 北海のミサイル回収 Arctic Adventure 1969年01月05日 1968年10月30日
3 9 3 6 連続ジェット機墜落のなぞ Splashdown 1968年11月24日 1968年11月06日 レオ・イートン シェイン・リマー[注 9]
7 10 6 7 恐怖の海底脱出 Big Fish 1968年12月01日 1968年11月13日 シェイン・リマー
6 8 4 8 消えた天才ピアニスト International Concerto 1968年11月17日 1968年11月20日 アラン・ペリー トニー・バーウィック
15 6 15 9 ジャングル死の脱出 The Fortress 1968年11月03日 1968年11月27日 レオ・イートン シェイン・リマー
12 16 13 10 二重スパイはだれだ? Double Agent 1969年01月12日 1968年12月04日 ケン・ターナー トニー・バーウィック
9 11 7 11 地獄の生き埋め Relative Danger 1968年12月08日 1968年12月11日 ピーター・アンダーソン シェイン・リマー
18 19 19 12 決死のスピードレース The Race 1969年02月02日 1968年12月18日 アラン・ペリー トニー・バーウィック
8 13 8 13 幽霊教会の対決 The Unorthodox Shepherd 1968年12月22日 1968年12月25日 ケン・ターナー
19 18 20 14 世界一の金庫破り The Professional 1969年01月26日 1969年01月01日 レオ・イートン ドナルド・ジェイムズ
17 3 16 15 ビッグラットの秘密を盗め Project 90 1968年10月13日 1969年01月08日 ピーター・アンダーソン トニー・バーウィック
4 12 5 16 大手術作戦 Operation McClaine 1968年12月15日 1969年01月15日 ケン・ターナー ジェリー・アンダーソン & デイヴィッド・レイン
11 7 9 17 身がわり王子 King for a Day 1968年11月10日 1969年01月22日 レオ・イートン シェイン・リマー
22 20 21 18 死のテストパイロット Talkdown 1969年02月09日 1969年01月29日 アラン・ペリー トニー・バーウィック
20 23 18 19 早射ち保安官 Lone-Handed 90 1969年03月09日 1969年02月05日 ケン・ターナー デスモンド・サンダース & キース・ウィルソン
23 21 22 20 戦慄の脱獄囚 Breakout 1969年02月16日 1969年02月12日 レオ・イートン シェイン・リマー
24 27 27 21 細菌爆弾X-41 Mission X-41 1969年03月30日 1969年02月19日 ケン・ターナー パット・ダンロップ
27 28 24 22 海上大爆発 Trial at Sea 1969年04月05日 1969年02月26日 ブライアン・ハード ドナルド・ジェイムズ
21 24 26 23 タイガー作戦粉砕 Attack of the Tiger 1969年03月16日 1969年03月05日 ピーター・アンダーソン トニー・バーウィック
16 5 17 24 恐怖の爆弾トラック Colonel McClaine 1968年10月27日 1969年03月12日 ケン・ターナー
25 29 28 25 裏切りのテスト飛行 Test Flight 1969年04月06日 1969年03月19日 ピーター・アンダーソン ドナルド・ジェイムズ
5 17 12 26 危険な女スパイ Three’s a Crowd 1969年01月19日 1969年03月26日 トニー・バーウィック
30 25 25 27 世界一のボディガード Viva Cordova 1969年03月23日 1972年02月22日
29 30 30 28 すばらしい誕生日 The Birthday 1969年04月20日 1972年02月23日 レオ・イートン
26 26 23 29 魔神ビラギラの呪い Child of the Sun God 1969年03月30日 1972年02月24日 アラン・ペリー ジョン・ルカロッティ
28 22 29 30 愉快なまぼろし作戦 See You Down There 1969年02月23日 1972年02月25日 レオ・イートン トニー・バーウィック

放送局編集

放送系列は放送当時のもの。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 毎日放送 NET系列 水曜 19:00 - 19:30 日本での製作局
関東広域圏 NETテレビ
中京広域圏 名古屋放送
福岡県 九州朝日放送
宮城県 東北放送 TBS系列 月曜 18:00 - 18:30[18]
山形県 山形放送 日本テレビ系列
NET系列
日曜 9:00 - 9:30[19]
福島県 福島テレビ 日本テレビ系列 日曜 10:30 - 11:00[20]
新潟県 新潟放送 TBS系列 木曜 17:00 - 17:30[21]
日曜 10:00 - 10:30[22]

脚注編集

[脚注の使い方]

編集

  1. ^ この90は、シリーズによればWINにおけるビッグ・ラットのファイル番号90に由来としているが、広報用資料にはジョーがWINの90番目の諜報員であることに由来するとしている[4]
  2. ^ 例えば「情報員MI.5」や恐怖の空中ファッションショー」など。
  3. ^ 『キャプテン・スカーレット』で作成された改造用リヴァンプ人形19番[12]の頭部をもとに、4つの表情と別ステージ用の顔が製作されている。同作の「ミステロン基地発見!」の月基地総督役等で登場した19番はもともとの顔であるが、「スペクトラムの暗号をねらえ!」に登場したコールガンはサム・ルーヴァーとして作られた人形である[13]
  4. ^ 『キャプテン・スカーレット』「スペクトラム基地あやうし!」のクーニッツ博士役等で登場している。
  5. ^ 作中の台詞では"Russia"と呼称されている。なお、日本語吹き替え版では具体的な国名を出さずに「敵国」とされている。
  6. ^ なお「早射ち保安官」は英国では特典として収録された上下のややカットされた映像が使用された。
  7. ^ 東京の放送局を基準とした。
  8. ^ 再放送時には「頭脳変換機ビッグラット」に変更。
  9. ^ エンド・クレジットには誤ってトニー・バーウィックの名が記されている。

出典編集

  1. ^ Technical Specifications for Joe 90 (1968)”. IMDb. 2004年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月26日閲覧。
  2. ^ Joe 90 Collector's Edition DVD Box Set (Back Cover). London, UK: Carlton. 
  3. ^ a b Joe 90 Episodes|Filmed In Supermarionation”. 2021年7月24日閲覧。
  4. ^ La Rivière (2014), p 294.
  5. ^ a b c La Rivière (2014), pp 291 - 292.
  6. ^ FAB Facts: Joe 90 was in a version of Fireball XL5?!”. 2021年7月24日閲覧。
  7. ^ a b Fryer (2018), pp 40 - 41.
  8. ^ La Rivière (2014), p 300.
  9. ^ a b Fryer (2018), p 38.
  10. ^ La Rivière (2014), pp 300 - 301.
  11. ^ ハーン(2015)、233頁。
  12. ^ Bentley (2017), p 55.
  13. ^ Bentley (2017), p 203.
  14. ^ Bentley (2017), p 57.
  15. ^ Bentley (2017), p 56.
  16. ^ La Rivière (2014), p 295.
  17. ^ ジョー90|Anderson-Jpinfo”. 2021年7月24日閲覧。
  18. ^ 『福島民報』1968年10月21日、1969年3月31日付朝刊、テレビ欄。
  19. ^ 『福島民報』1968年10月13日、12月29日付朝刊、テレビ欄。
  20. ^ 『福島民報』1968年10月6日、1969年3月30日付朝刊、テレビ欄。
  21. ^ 『福島民報』1968年11月14日、12月26日付朝刊、テレビ欄。
  22. ^ 『福島民報』1969年2月9日、4月6日付朝刊、テレビ欄。

参考文献編集

外部リンク編集

NET系列 水曜19:00枠
前番組 番組名 次番組
ゴールデン大爆笑
(1968年4月3日 - 1968年9月25日)
ジョー90

スーパー少年 ジョー90
(1968年10月2日 - 1969年3月26日)
佐武と市捕物控
(1969年4月2日 - 1969年9月24日)
【木曜21:00枠から移動】