ジルフィウス1世ニムロート (ヴュルテンベルク=エールス公)

ジルフィウス1世ニムロート(Herzog Silvius I. Nimrod von Württemberg-Oels, 1622年5月2日 - 1664年4月24日)は、ドイツヴュルテンベルク=ヴァイルティンゲン公爵家の公子で、ヴュルテンベルク=エールス公

ジルフィウス1世ニムロート
Silvius I. Nimrod
ヴュルテンベルク=エールス公
Silviuswuertt.-oels.jpg
在位 1647年 - 1664年

出生 (1622-05-02) 1622年5月2日
ヴァイルティンゲン
死去 (1664-04-24) 1664年4月24日(41歳没)
エールス郊外、ブリーゼ城
配偶者 エリーザベト・マリー・フォン・ミュンスターベルク=エールス
子女 一覧参照
家名 ヴュルテンベルク=ヴァイルティンゲン家
父親 ヴュルテンベルク=ヴァイルティンゲン公ユリウス・フリードリヒ
母親 アンナ・ザビーナ・フォン・シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク
テンプレートを表示

生涯編集

ヴュルテンベルクフリードリヒ1世の五男であるヴュルテンベルク=ヴァイルティンゲン公ユリウス・フリードリヒと、その妻でシュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルクハンスの娘アンナ・ザビーナ(1593年 - 1659年)の間の第3子、次男として生まれた。1638年、ザクセン=ヴァイマル公子ベルンハルトの傭兵軍によるブライザッハ包囲戦に参加している。

1647年5月1日、シュレージエンのエールス公カール・フリードリヒ1世の娘エリーザベト・マリーと結婚した。その数週間後にカール・フリードリヒ1世は死去し、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世は男子相続者のいなくなった封土(レーエン)としてエールス公領を回収しようとしたが、娘婿のジルフィウスは公領の相続を求めて難しい交渉を始めた。

ジルフィウスは2万グルデンの納入金を支払うこと、および公領の一部だったモラヴィア地方のヤイシュピツ(現チェコ南モラヴィア州ズノイモ郡イェヴィショヴィツェ)の所領を皇帝に割譲することを条件に、公領を相続した。1648年12月15日、ウィーンの宮廷においてジルフィウスに対する封土授与の儀式が行われた。

公爵は三十年戦争で荒廃した公領を復興させようと試み、特に教育や教会の発展に力を注いだ。1652年に髑髏騎士団Ritterorden vom Totenkopf)を創設し、この騎士団は19世紀まで存続した。また1647年から1652年まで、神秘主義者のアンゲルス・シレジウスを公爵家の宮廷侍医として雇っていた。

1664年、ブリーゼ城(Schloss Briese)に滞在していた折に突然の脳卒中で急死した。遺言によって親族のレグニツァ=ブジェク公フリスティアンがジルフィウスの未成年の息子たちの後見人となった。本来ならば宗主である皇帝に後見を依頼することも出来たが、皇帝が息子たちをカトリックに改宗させることを恐れてレグニツァ公を指名したと考えられている。ジルフィウスは息子たちをテュービンゲンのコレギウム・イルストレ(Collegium illustre)で学ばせた[1]

子女編集

ジルフィウスは妻エリーザベト・マリーとの間に5男2女をもうけた[2]

脚注編集

  1. ^ Norbert Conrads: Bildungswege zwischen Schlesien und Wien In: Schlesien in der Frühmoderne: Zur politischen und geistigen Kultur eines habsburgischen Landes. Neue Forschungen zur schlesischen Geschichte. hrsg. v. Joachim Bahlcke. Weimar 2009, ISBN 3-412-20350-5, S. 186f.
  2. ^ Gerhard Raff: Hie gut Wirtemberg allewege II: Das Haus Württemberg von Herzog Friedrich I. bis Herzog Eberhard III. Mit den Linien Stuttgart, Mömpelgard, Weiltingen, Neuenbürg, Neuenstadt am Kocher und Oels in Schlesien. Degerloch 1993, ISBN 3-89850-108-6, Seite 637

参考文献編集

  • Martin Feist: Sylvius Nimrod, Herzog von Oels. In: Zeitschrift für Geschichte und Altertum Schlesiens 52, 1918, S. 85-102.
  • Harald Schukraft: 4.3.1 Silvius Nimrod. In: Sönke Lorenz, Dieter Mertens, Volker Press (Hrsg.): Das Haus Württemberg. Ein biographisches Lexikon. Kohlhammer Stuttgart 1997, ISBN 3-17-013605-4, S. 205-206.
  • Jan Županič: Württemberkové v Olešnici. In: Studia zachodne, 13, 2011, S. 49-64.
先代
カール・フリードリヒ1世
ヴュルテンベルク=エールス公
1647年 - 1664年
次代
ジルフィウス・フリードリヒ