ジルベール・モティエ・ド・ラファイエット

フランスの貴族。フランス元帥。

ジルベール・モティエ・ド・ラファイエット(Gilbert Motier de La Fayette、1380年 - 1462年2月23日[1])は、ラファイエットおよびポンジボー英語版、エイエ(Ayes)、ネブーザック(Nébouzac)、サン=ロマン英語版モンテル=ド=ジュラ英語版領主英語版百年戦争中のフランス元帥ラファイエット侯爵ジルベール・デュ・モティエの先祖である。

ジルベール・モティエ・ド・ラファイエット
Gilbert Motier de La Fayette
Orn ext Maréchal de France.svg
生誕 1380年
オーベルニュ英語版
死没 1462年2月23日
オーベルニュ
軍歴 1409-1449
最終階級 フランス元帥
墓所 ラ・シェーズ=デューの修道院
テンプレートを表示

経歴編集

 
ボージェの戦い
 
紋章。モットーは「Cur non?」(Why not?)

1380年に生まれ、ブルボン公ルイ2世の宮廷で育つ。ブシコー元帥英語版の下、イタリアで軍務に就く。1409年、ジェノヴァ共和国の退却後、フランスに帰還し、ブルボン家セネシャル英語版となる[1]

百年戦争において、ブルボン公ジャン1世とともに、1413年スービーズで、1415年にコンピエーニュで戦った。その後、ラングドックギュイエンヌ中将英語版となる[1]。イギリス軍とブルゴーニュ派ロワール渓谷で勝利を重ね、1420年にドーフィネの知事およびフランス元帥に任命された[1][2]。1422年のボージェの戦いでは、バカン伯ジョン・ステュアートと、フランス・スコットランド連合軍を指揮した[1]。1424年、ヴェルヌイユの戦いでイギリス軍の捕虜となるが、すぐに解放された[1][2]

1429年、ラファイエットは300の兵を率いて、ジャンヌ・ダルクとともにオルレアン包囲戦パテーの戦いで戦った[1][2]

1429年7月17日にはランスで行われたシャルル7世戴冠式に出席し、顧問会議英語版の一員になった[2]。1430年頃にジョルジュ・ド・ラ・トレモイユの反感で短い期間免職されたのを除き、生涯にわたり王の寵愛を受けた。1435年、シャルル7世とブルゴーニュ公フィリップ3世とのアラスの和約に署名した[2]

1445年から1448年にかけては、フランス軍の再建に貢献した。例として、軍に山賊行為英語版を鎮圧するポストを設けた[2]。1449年、サマセット公エドムンド・ボーフォートとの条約に調印した。

1449年、ノルマンディーでイギリス軍と戦う[2]。10月19日にはルーアンを陥落させた。

1462年2月23日、オーベルニュで死去。ラ・シェーズ=デューの修道院に埋葬された[2]。彼の墓石には、名前のアナグラムで「Merito」と記された。

家族編集

ジルベール・モティエは、ラファイエットの領主で、ベリー公ジャン1世の騎士および重騎兵であったウィリアム・モティエ・ラファイエット(William Motier La Fayette)の息子である。母はマルゲリーテ・カトリーヌ・ブリュン・デュ・ペシン、デイム・ド・ポンジボー(Marguerite Catherine Brun du Peschin, Dame de Pontgibaud)である。兄弟姉妹には、ボルト(Voulte)の修道院次長英語版となったバルテルミー(Barthélemy)、モンテル(Montel)の領主ベルノー・デュ・ラック(Bérnaud du Lac)と結婚したアルガイエ(Algaye)、バセル(Vassel)の領主で騎士のジャン・ド・バセル(Jean de Vassel)と結婚したジルベルト(Gilberte)がいる。

最初の妻は、ドーフィネ・ド・モンテイス(Dauphine de Monteith、1400年 - 1423年)で1420年に結婚。二番目の妻は、ランドン・ド・ジョユース卿(Lord Randon de Joyeuse)とカサリン・オーベル・レディ・モンテイユ・ジェラ(Catherine Aubert, Lady Monteil Gelat)の娘ジャンヌ・ド・ジョユース(Jeanne de Joyeuse)で、1423年1月15日に結婚した。ジャンヌとの間には以下の子供9人が生まれた。

  • シャルル、ラファイエットの領主(Charles、1425年 - 1486年):1449年、ルーアン包囲戦で騎士に叙任される。1466年、50のランス・フォーニー英語版を指揮した。1468年に三部会の議員となり、1480年まで王の顧問および侍従であった。
  • アントワン、ボセオン・ヴォーシュ(Bothéon Veauche)およびグータヌールーズ(Goutenourouze)の領主(Antoine、1426年 - 1480年):ルイ11世の顧問および侍従であった。1470年にロク=セルヴィエール(Roque-Servieres)の隊長、1486年にノネットの隊長となった。
  • フランソワーズ(Françoise、1427年生):ジャック・フーリエ(Jacques Fourrier)と結婚。
  • ジャン(Jean、1430年 - 1490年):聖ヨハネ騎士団に入る。
  • ルイ (Louis、1431年生) :律修司祭およびリヨン伯英語版
  • カトリーヌ(Catherine、c.1432年 - 1484年):ブロ男爵ユーグ・ド・ショビニー(Hughes de Chauvigny, the Baron de Blot)と結婚。息子のレイナール・ド・ショビニー・ド・ブロ(1491年没)は、1465年から1491年までラ・シェーズ・デュー(La Chaise-Dieu)の修道院長であった。
  • アンヌ(Anne、1434年生):モーベック(Maubec)およびモントレア(Montlear)の領主、フランソワ・ド・モーベック(François de Maubec)と結婚。
  • ジャンヌ(Jeane、1435年生)
  • ジルベール4世、サン=ロマン卿(Gilbert IV、1440年 - 1527年)。1474年から1486年まで、ルイ11世シャルル8世エスクワイアとなる。1490年にシャルル8世のメートル・ドテルとなった。イサボー・ド・ポリニャックと結婚。彼らの息子アントワン、ポンジボーおよびモンテル・ド・ジェラ、ロシュダグー(Rochedagoux)の領主(1474年 - 1531年)は騎士になった。ブローニュの知事、Ll'on-Thieuのセネシャルとなり、1515年まで砲兵隊長英語版であった。娘のアンヌ(1475年 - 1524年)はルイ・ラスティク(Louis Lastic)と結婚した。

娘はもう一人、ルイーズ(Louise、1456年没)がいた。彼女は1419年に、トゥールノエル城英語版を引き継いだジュアン・ド・ラロシュ(Jehan de La Roche)と結婚。ジュアンは1424年8月、22歳でヴェルヌイユ(Verneuil)の戦いで死亡した。彼らの間には3人の子供がいた。1428年にジュアンの父ニコラが死亡すると、ジュアンの兄弟たちがルイーズからトゥールノエル城を奪うことを主張した。トゥールノエル城は法的に解決されるまで、セネシャルの手元に置かれた。1429年にトゥールノエル城はルイーズと彼女の子供たちに与えられた。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g Chisholm1911.
  2. ^ a b c d e f g h Kenny P. F. Heroes, Villains and Conflicts Xlibris Corporation, 2016 ISBN 1514443775, 9781514443774

出典編集