ジロ・ディ・ロンバルディア2009

ジロ・ディ・ロンバルディア2009(Giro di Lombardia 2009、HIS)は、ジロ・ディ・ロンバルディアの103回目のレース。2009年10月17日に行われ、終盤で逃げ集団が吸収され、エース級が残った集団で最後の上りとなるサンフェルモ・デッラ・バッターリアに突入。この上りでフィリップ・ジルベールがアタック、反応出来たのはサムエル・サンチェスのみで、そのまま2人で頂上を通過。後続も追いかけるも勝負は2人のスプリント争いとなり、これを制したジルベールが初優勝。9年ぶりにイタリア人以外のウィナーが誕生した。

日本人では新城幸也が出場、完走120人中119位と成績はふるわなかったが、完走は果たした。

結果編集

ヴァレーゼからコモまでの242km
順位 選手名 国籍 チーム 時間
1 フィリップ・ジルベール   ベルギー サイレンス・ロット 5時間43分46秒
2 サムエル・サンチェス   スペイン エウスカルテル・エウスカディ
3 アレクサンドル・コロブネフ   ロシア チーム・サクソバンク +04秒
4 ルカ・パオリーニ   イタリア アクア & サポーネ=カッフェ・モカンボ
5 ジョニー・ホーヘルラント   オランダ ヴァカンソレイル
6 ロベルト・ヘーシンク   オランダ ラボバンク
7 アレクサンドル・ヴィノクロフ   カザフスタン アスタナ
8 ダニエル・マーティン   アイルランド ガーミン・スリップストリーム
9 フアン・ホセ・コーボ   スペイン フジ・セルベット
10 カデル・エヴァンス   オーストラリア サイレンス・ロット
119 新城幸也   日本 Bbox ブイグテレコム +17分10秒

外部リンク編集