ジンクス

縁起の悪い言い伝えの類

ジンクス英語: Jinx)は、縁起の悪い言い伝え。さまざまなものがあり、生活に密着した教訓・習慣・法則の一つ。科学的根拠に基づかず、経験に基づき唱えられる場合が多いため、前後即因果の誤謬に陥っているものが少なくないが、近世になってから裏付けがとれたものもあり、全てが迷信と言いきれるわけではない。また、縁起担ぎに関するものでは類感呪術的な発想も多い。

語源は不鮮明だが、ギリシア語イユンクスIynx, アリスイキツツキの一種)に起因するという説がある[1]。アリスイは、自らの首を180度回転させ真後ろを向けられるため、不吉とされてきた背景があり、しばしば魔法占いに用いられた。

なお、語義は「縁起が悪い」「運が悪い」など悪い意味であるが、日本においては良い縁起の意味でも使われることがある。

日本のジンクス 編集

生活 編集

政治 編集

  • 平成以降の11回の参院選のうち、前述の第19回・20回以外は、西日本出身または選出の首相の下で行われている。
  • 首相が内閣総理大臣公邸に居住すると短命政権になる。政治家自身が公邸では精神的に休まらないためという理由でもある。しかしこのジンクスは公邸に住まなかった菅義偉が約1年という短命政権に終わり、次代の内閣総理大臣である岸田文雄が短命政権にならなかったため、破られた[20][21]

経済 編集

天候 編集

農民、漁民などから生まれたジンクス。観天望気に基づく確率の高いものもある[31]

  • が顔を洗うと雨が降る(顔程度では降らないが、耳まで洗うと降るという人もいる)
  • ツバメが低く飛ぶと、雨が降る[31](これも曇天の時は上昇気流が起こらないので、餌になる虫が低空を飛ぶという裏付けがある)。
  • 太陽の周りに(ハロ)がかかると雨が降る[32]
  • 暖冬が予測された年、暖冬だった年に局地的な豪雪被害が発生する(2014年の山梨豪雪、2018年の石川・福井豪雪etc)。

漁業 編集

  • 水死体に遭遇すると豊漁が訪れる。水死体は『エビス』と呼ばれ海難者の遺体のみならず、クジライルカサメトドのような海獣の亡骸も対象とされ、引き揚げられたのち手厚く葬られた。逆に、屍をぞんざいに扱うと病を患うなどの祟り神としての一面も持つという[33]
  • サンマが不漁になるとイワシが豊漁になる。(「貧乏秋刀魚に福鰯」とも言われる。)寒流に乗って泳ぐサンマが豊漁であると冷夏であることが多く、逆にイワシが豊漁である年は暖流の勢力が強く猛暑になりやすい。またそのことから、肥えたサンマが食卓に上るとコメが凶作になりやすいともいう[34]
  • 冬、激しい北西風・雨が降るとブリが豊漁になる(「鰤起こし」とも言われる。)[35]

芸能 編集

テレビ・映画 編集

スポーツ 編集

  • 2年目のジンクス - ルーキーイヤーに活躍した選手は2年目に成績が一時的に低迷するというもの。しかし、2010年代以降のプロ野球においてはそのジンクスが覆されつつある[58]

オリンピック 編集

大相撲 編集

  • 土俵入りで「不知火型」を選んだ横綱は短命に終わる。 - 「横綱土俵入り」を参照
    • しかし、平成21年3月場所で第69代横綱・白鵬が不知火型最多となる10回目の優勝を飾り、また、横綱在位期間もそれまでの最長記録だった第36代横綱・羽黒山の記録(12年3か月。ちなみに羽黒山も不知火型である)を更新して、2021年9月場所をもって引退するまで、12年間横綱だったことからこのジンクスは破れたという声が多い。
  • 43の呪い - 大相撲において連勝記録は43で止まるというジンクスがある[注釈 14][60]

野球 編集

  • 読売ジャイアンツが優勝した年、またはその翌年は景気が悪くなる。
    • 昭和50年代以降においては、巨人が優勝した年またはその翌年において、日経平均株価が大きく下落する年が重なっているというもの[61]
    • 逆に、阪神が優勝した年、または翌年は株高となるというジンクスがある[62]
  • 読売ジャイアンツは、寅年に優勝できない。また、「元号和暦)の一の位が9の年」にも優勝出来ない(2007年以降は日本シリーズに出場出来ない)。[63]
    • セ・リーグでは1シーズンで消滅した西日本パイレーツを除けば唯一寅年に優勝出来ていない。なお、1リーグ制時代の1938年秋に優勝しているが、同年の優勝決定戦で春優勝の大阪タイガースにに4連敗を喫し[64]、年間優勝することができなかった[注釈 15]。また、元号の一の位が9の年にも日本シリーズに出場することは出来ないとされており、平成19年(2007年)にペナントレースで優勝するまでは(その後、クライマックスシリーズで中日に敗退した。)ペナントレース優勝すら果たせていなかった。
    • いわゆるV9達成後、V10を逃したのは寅年である昭和49年であった[注釈 16]
  • 2リーグ制導入以降、西暦の末尾が5の年は必ず在阪・元在阪球団がリーグ優勝を決めている(南海→南海→阪急阪神→オリックス→阪神→ソフトバンク)[65][66]
  • 阪神タイガースは西暦で末尾7の年は不調になりやすい。
    • 平成以前は西暦4桁で7の倍数年(昭和・平成とも7の倍数年でもある)は不調になりやすいジンクスだったが、令和初の西暦4桁7の倍数年の2023年は西暦4桁7の倍数年で初めてリーグ優勝はおろか38年ぶりの日本一を達成し、ジンクスを破った。
  • 阪神タイガースは全国高等学校野球選手権大会の開催中は成績が悪くなる。
  • 阪神タイガースがAクラスに入った年は北海道日本ハムファイターズはBクラスになりやすく、日本ハムがAクラスの年は阪神がBクラスになりやすい。
  • マーティ・ブラウン監督(元広島東洋カープ・東北楽天ゴールデンイーグルス監督)が退場すると勝つ[67]が、翌試合は負ける[68]
  • 千葉ロッテマリーンズで選手の応援・記念弁当を作ると、その後故障や成績不振に見舞われる。
  • 千葉ロッテマリーンズは暖冬の年はAクラス、寒冬の年はBクラスになりやすい。
    • ロッテは2005年、2010年に日本一となったがいずれも暖冬であった。また、近年では2020年と2021年が暖冬であったが、いずれも2位だった一方で、寒冬だった2018年と2022年はいずれも5位に終わった。
  • 週刊ベースボールに特集された選手・チームはプロ・アマ問わず不調に陥りやすくなる(週ベの呪い)[69][70]
    • なお、そのジンクスは週刊ベースボールの記者の耳にも届いており、SNS上で言及したこともある[71]
  • 東北楽天ゴールデンイーグルスの試合後イベントでファンキー加藤FUNKY MONKEY BΛBY'S)がゲスト出演する日の試合は楽天が負ける[72][73]。2022年にゲスト出演した試合(対オリックス・バファローズ戦)で楽天が勝利したのでこのジンクスは止まった[74]
  • (近鉄・オリックス)バファローズは日本一になれない[75]
    • 近鉄バファローズは1979年、1980年、1989年、2001年にリーグ優勝し[注釈 17]、日本シリーズに進出しているが、いずれもセントラル・リーグ優勝チームに敗退し[注釈 18]、日本一になれなかった[76]。2004年の球界再編に伴い、オリックス・ブルーウェーブと近鉄が合併したため、オリックスがバファローズの名を受け継ぐことになり、オリックス・バファローズが誕生[77]。オリックスは2021年にリーグ優勝かつクライマックスシリーズを制し、日本シリーズに進出したが、セ・リーグ優勝チームである東京ヤクルトスワローズに敗れたため、日本一にはならなかった[78]。2022年もリーグ優勝かつクライマックスシリーズを制し、日本シリーズに進出。同シリーズの対戦相手は前年と同じヤクルトであったが、4勝2敗1引き分けで日本一となり、このジンクスを破った[79]
  • オリックス・バファローズ、横浜DeNAベイスターズ日曜日に開催される試合には弱い(魔の日曜日)[80][81]
    • オリックスの「魔の日曜日」は合併前のブルーウェーブ時代から言われており、2002年から2003年の日曜日は1引き分けを挟んで23連敗したケースもある。2003年にオリックスの監督を務めたレオン・リーは「日曜は帽子の色を変えようと」と発言した(サンデーユニフォーム戦略)[80]
  • 中日ドラゴンズがセ・リーグ首位な年は阪急→オリックスがパ・リーグ最下位になりやすく、逆に阪急→オリックスがパ・リーグ首位の年は中日がセ・リーグ最下位になりやすい。
  • 特に2022年と翌2023年は顕著で、オリックスが連覇を達成したその裏で中日が球団初の2年連続最下位となった[82][83]
  • 中日が優勝、阪急→オリックスが最下位の年とその翌年は政変が起こりやすい。
  • 横浜ベイスターズ背番号19を着用した選手は大成できずに終わる(背番号19の呪い)[84]。球団名が「横浜大洋ホエールズ」だった1991年背番号19を着用していた投手少女へのわいせつ事件を起こして逮捕され(その後退団)、1年間の欠番を経て小桧山雅仁1993年 - 1998年)、戸叶尚1999年 - 2000年)、杉本友2001年 - 2003年)、染田賢作2005年 - 2008年)らが19番を着用したが、彼らはいずれも大成できずに終わっている[84]。なお、小桧山は入団時「事件のことは気にしない」と発言した。しかし、球団名が「横浜DeNAベイスターズ」になって、2015年に山﨑康晃がこの番号を着用したが、史上最年少での200セーブを記録するなど守護神として活躍し[85]、ジンクスを打ち破った。
  • 新人監督が就任してレギュラーシーズン開幕から4連勝以上すると却って優勝を逃しやすく、5連勝以上すると優勝出来ない。新人監督でレギュラーシーズン開幕から4連勝以上した者は2022年時点で史上14人いるが[86]、そのうちシーズン優勝を果たしたのは2人、いずれも4連勝した1981年藤田元司(巨人)と2002年伊原春樹(西武)のみで、それ以外の12人、特に5連勝以上した4人はいずれも優勝を逃している[87]。そのうち、開幕6連勝した1979年梶本隆夫(阪急)については、年間勝率では1位になりながらもプレーオフで近鉄に敗退し、開幕8連勝の日本プロ野球記録を持つ2022年の藤本博史(ソフトバンク)についてはオリックスと勝敗勝率が同じながら直接対決の成績で劣ったため、いずれも優勝を逃している。
  • レギュラーシーズンを負け越すと、日本シリーズで優勝できない[88]
  • 25年振りにリーグ優勝したチームは翌年も優勝する。2007年の日本ハム2017年の広島2022年のオリックスが25年振りにリーグ優勝した前年に引き続きリーグ優勝を達成。なお、広島は2018年、オリックスは2023年も優勝してリーグ3連覇を達成した。
  • 最優秀中継ぎ投手野球殿堂入りできない。
  • サザエさんの法則→先述参照
  • WBC日本代表が優勝すると、その年の福岡ソフトバンクホークスは3位に終わる。
    • 2006年、2009年、2023年と日本代表は優勝したが、そのいずれの年でもソフトバンクは3位だった。
  • 福岡ソフトバンクホークスのクライマックスシリーズの相手が埼玉西武ライオンズならそのシリーズを制する。
    • これまでCSでソフトバンク対西武となったのは5例あるが、いずれもソフトバンクが勝利している[89]
  • 令和以降、連覇しているチームが優勝を逃した場合、Bクラスに落ちることが多い[90]
  • 中日ドラゴンズに所属した選手は候補一年目で殿堂入りできない[91]
高校野球 編集

競馬 編集

サッカー 編集

その他の競技 編集

将棋 編集

日本以外のジンクス 編集

天候 編集

  • 朝焼けは雨の予兆。夕焼けは晴れの予兆[注釈 24](ただし西の晴天は東へ移るという根拠がある)[31]

災難 編集

  • 黒猫が前を横切ると災厄に見舞われる(一方、イギリスでは黒猫は幸運の象徴とされる)。例としてはメジャーリーグのシカゴ・カブスが1969年9月9日ニューヨーク・メッツ戦でネクストバッターサークルにいた主将のロン・サントの後ろを黒猫が横切り、その試合を落としたのをきっかけとして、その後大失速し、最大8ゲーム差をひっくり返されリーグ優勝を逃したことなどが挙げられる(The Black Cat)[135]

ロシア 編集

スポーツ 編集

メジャーリーグベースボール 編集

サッカー 編集

  • FIFAワールドカップにおいて前年にバロンドールを受賞した選手を擁する国は優勝できない(「バロンドールの呪い」とも)しかし、2021年受賞のメッシ擁するアルゼンチン2022年カタール大会で優勝し、ジンクスは破られた。ただし、2022年大会は当年のバロンドール発表後に開催されたため、直近のバロンドールを受賞した選手を擁する国は優勝できないジンクスは続いている(2022年の受賞者はカリム・ベンゼマフランス)。フランスは準優勝)。
  • ワールドカップでは、欧州で開催された大会では欧州のチームが優勝し、それ以外で開催された大会では南米のチームが優勝する。このジンクスは1958年スウェーデン大会[145]・2010年南アフリカ大会[146]・2014年ブラジル大会[147]を除けば、現在も継続中である[148]
  • ペレのW杯優勝予想は外れる[149]。また、ペレが躍進をすると予想した若手は伸び悩む。
  • FIFAワールドカップ優勝国は次回大会で苦戦する。過去連続優勝は1934年イタリア大会1938年フランス大会を連覇したイタリアと、1958年スウェーデン大会1962年チリ大会を連覇したブラジルの2カ国のみだが、その両国も連覇の次の大会(ただしイタリアは第二次世界大戦による中断を挟んだ1950年ブラジル大会)ではいずれもグループリーグ敗退に終わっている。特に近年、2006年ドイツ大会優勝のイタリアが2010年南アフリカ大会でグループリーグ敗退に終わって以降、3大会連続で前回大会優勝国のグループリーグ敗退が続いていた。しかし、2022年カタール大会で、前回大会優勝したフランスがグループリーグを突破し、最終的には準優勝を果たしたため、このジンクスは破られた[150]
  • FIFAワールドカップで、韓国はグループステージ第2戦で勝ったことが無い。
  • ワールドカップにおいて、1次リーグを2位または3位で通過したチームは、優勝しにくい。突破したのは1954・74年の西ドイツ、1978年のアルゼンチン、1982年のイタリアで、いずれも1次リーグを2位通過している。ただし、1954年以外はいずれも2次リーグが存在しており、2次リーグは1位通過している[151]
  • ワールドカップにおいて、開催経験がない国は優勝できない。
  • 直近の欧州選手権を制したチームはワールドカップで優勝しにくい[152]。優勝したのは1974年西ドイツ、2010年スペインの2回のみである。

オリンピック 編集

その他 編集

その他 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 議員は許されないが、知事など首長は地元在住でなくてもよい。地方自治法にも知事を地元住民に限定する規定はない。
  2. ^ 岡山県選出(出身は東京都)の橋本龍太郎の下で行われた第18回参議院議員通常選挙では自民党は惨敗し、内閣総辞職に追い込まれた。山口県出身(選挙区は東京都)の菅直人の下で行われた第22回参議院議員通常選挙では民主党は議席を減らした。
  3. ^ 日経MJ(日経流通新聞)が1972年度以降毎年実施する「専門店調査」によると、1972年度 - 1976年度は第一家庭電器、1977年度 - 1979年度は第一産業(現:エディオン)、1980年度 - 1996年度はベスト電器、1997年度 - 2000年度はコジマ、2001年度以降はヤマダデンキが業界トップ。
  4. ^ さらに翌2009年には新型インフルエンザが世界的に流行している
  5. ^ 結婚発表当日は土曜日のため。
  6. ^ 結婚発表を各報道機関に伝えたのが取引の終了時間が過ぎた15時台だったため。
  7. ^ また、福山の所属事務所であるアミューズは上場企業であるため、この結婚発表の影響を受ける形となり、翌日の同社株価はTOPIXの下落率(4.4%)の約2倍となる前日比8.3%(440円)安の4870円で取引を終了。同社時価総額が453億円と1日で41億円減少する結果となった[36][37]
  8. ^ 結婚発表当日は月曜日であったが、祝日成人の日)のため、休場。
  9. ^ 結婚発表を各報道機関に伝えたのが夜だったため。
  10. ^ 結婚発表を各報道機関に伝えたのが取引の終了時間が過ぎた16時台だったため。
  11. ^ 太川蛭子の旧時代、12月や1月に放送された回のうち2回成功しているが、2回とも途中で路線バスがない区間で徒歩ではなく送迎車やロケ車を使ったため「12月や1月に放送された回は路線バスと徒歩だけで成功したことがない」はZシリーズになっても2022年現在に至るまで継続中である。
  12. ^ その際、陥没地点の近くでロケをしていたが、タモリが地盤の弱さを指摘していた。
  13. ^ セ・リーグの球団が日本シリーズの勝者となったのは2009年(読売ジャイアンツが優勝)と2023年(阪神タイガースが優勝)のみである。
  14. ^ NHK大相撲中継(2013年7月21日)でも、中入時のエピソードで紹介された。
  15. ^ なお、大阪タイガースの春秋成績を合算すると巨人の合算を上回っていた。
  16. ^ 平成および令和においては寅年は元号偶数年のため、同様の重複事例が発生する可能性はない
  17. ^ そのうち、1979年と1980年は当時のパシフィック・リーグが前後期制を採用していたため、1979年は前期優勝、1980年は後期優勝でプレーオフを制しての日本シリーズ進出である。
  18. ^ 1979年と1980年は広島東洋カープ、1989年は読売ジャイアンツ、2001年は当時のヤクルトスワローズ。
  19. ^ 2000年以降で弥生賞と皐月賞を連勝した馬はアグネスタキオンディープインパクトヴィクトワールピサの3頭のみ。
  20. ^ 東日本大震災の3ヶ月に開催された第55回有馬記念にはローズキングダム騎乗で出走予定だったが同馬が疝痛を起こした為出走取消になっている[99]
  21. ^ その年の日本ダービーを優勝し、その後同年のジャパンカップにも出走した馬の内、両方を制したのは2001年のジャングルポケットのみである
  22. ^ 牝馬三冠を達成した馬の内、メジロラモーヌアパパネアーモンドアイリバティアイランドは宝塚未出走で、スティルインラブは8着、ジェンティルドンナデアリングタクトは共に最高成績が3着である
  23. ^ 2018年大会までは、ワールドカップで日本と当たったチームはそれ以降優勝できないというジンクスだったが、2022年大会でアルゼンチンの優勝により破られた。
  24. ^ 日本でも言われるが西洋でも古くから言われており、一例に『マタイによる福音書』16:2-3では一般的な知識としてイエスのたとえ話に出てくる。

出典 編集

  1. ^ Iynx”. Theoi Greek Mythology. 2019年6月17日閲覧。
  2. ^ “いみかず 【忌(み)数】”, 大辞林goo辞書 (第二 ed.), 三省堂, (1995-11-03), ISBN 4-385-13902-4, http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/12377/m0u/ 2010年4月3日閲覧。 
  3. ^ “売り家を唐様で書く三代目”, デジタル大辞泉goo辞書, 小学館, https://dictionary.goo.ne.jp/word/売り家と唐様で書く三代目/ 2021年6月21日閲覧。 
  4. ^ 混迷都知事選!“本命浮上”東国原が勝てないジンクスとは? - 政治・社会 - 夕刊フジ2011年2月23日。
  5. ^ 首相、新年の伊勢神宮参拝見送り 自らの自粛要請で判断:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2020年12月28日). 2024年2月18日閲覧。
  6. ^ ジンクス的中で宿泊施設に打撃 - 岡山日日新聞 2009年9月12日
  7. ^ W杯直後の国政選は与党敗北=安倍首相、ジンクス破れるか 時事通信 2014年6月14日配信
  8. ^ a b c 【安倍政権考】子年は政変を繰り返すか 首相一族は過去に受難”. 産経新聞 (2020年1月7日). 2020年9月27日閲覧。
  9. ^ a b c ジンクスまた「ねずみ年の首相辞任」戦後7回中6回”. 日刊スポーツ (2020年8月28日). 2020年9月27日閲覧。
  10. ^ a b 日本テレビ (2020年9月17日). “昨夜、菅内閣が正式に発足”. 日テレNEWS24. 2020年9月27日閲覧。
  11. ^ a b 酉年に政変あり!?安倍首相も意識するジンクス多数 自民党の野党転落…応仁の乱も - デイリースポーツ 2017年10月12日
  12. ^ 蓮舫氏「酉年は政治動く」選挙準備呼びかけ - 日本経済新聞 2016年12月21日
  13. ^ 「政変の年」といわれる酉年の過去の出来事を検証してみた - まいじつ 2016年12月31日
  14. ^ 小池百合子都知事 ドン内田との「代理戦争」千代田区長選の行方 - 週刊朝日 2017年1月18日
  15. ^ 安倍首相に“五輪の呪い” 過去3回とも政権交代のジンクス”. 日刊ゲンダイ (2020年1月7日). 2020年9月27日閲覧。
  16. ^ 菅首相、五輪の「辞任ジンクス」打破できず 東京、札幌、長野も”. 毎日新聞 (2021年9月3日). 2021年9月3日閲覧。
  17. ^ 岸田内閣が発足 新閣僚20人の横顔を紹介”. 読売新聞 (2021年10月5日). 2021年10月10日閲覧。
  18. ^ NEWSポストセブン(2016年11月27日)
  19. ^ エキサイトニュース(2012年1月20日)
  20. ^ 湯之前 八州 (2021年3月10日). “短命のジンクス?幽霊? 首相、なぜ公邸に住まない”. 西日本新聞. https://www.nishinippon.co.jp/item/n/704552/ 2021年12月7日閲覧。 
  21. ^ 窪田順生 (2021年9月30日). “早稲田OB首相は短命?新総裁・岸田氏は「永田町のジンクス」を覆せるか”. 週刊ダイアモンド. https://diamond.jp/articles/-/283381?page=3 2021年12月8日閲覧。 
  22. ^ a b オピニオン:平成日本の過ち、「滅びの40年」回避できるか=半藤一利氏
  23. ^ 40年周期説の節目は2025年、セオリー通りならどん底
  24. ^ 私達の夢 - 特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
  25. ^ 日本の盛衰 40年周期説 | 落合住宅機器株式会社
  26. ^ 日本は80年周期の大変動、世界的にも「幕末」か:日経ビジネス電子版
  27. ^ 内閣府統計
  28. ^ 日本の「盛衰」40年周期説 増税と利上げが招く2年後の「どん底」 | JAPAN Forward
  29. ^ ビック、コジマ提携に不気味なジンクス - 日本経済新聞 電子版(会員限定) 2012年5月25日
  30. ^ 「SNSで話題」は本当?「タピオカが流行ると不況が来る」説で検証! | NetBase - TDSE株式会社
  31. ^ a b c 倉嶋厚, 田中和孝 (w), もりゆき男 (a). "天気のすべて" なぜなぜ理科学習まんが, vol. 11, pp. pp69–78 (1980年11月30日). 集英社
  32. ^ “[https://weathernews.jp/s/topics/201604/020055/ 太陽の周りに光のリング出現 天気下り坂のサイン!]”. ウェザーニューズ. 2022年5月1日閲覧。
  33. ^ 漁業では水死体(エビス)に出会うと大漁をもたらすものと信じられていた”. 心に残る家族葬. 2023年8月5日閲覧。
  34. ^ Vol.251  「貧乏秋刀魚に福鰯」”. JA愛知厚生連 足助病院 (2021年11月25日). 2023年8月5日閲覧。
  35. ^ ブリの豊漁について ~その時,ブリが獲れた理由~” (PDF). 徳島県水産研究科 (2009年6月1日). 2023年8月5日閲覧。
  36. ^ a b c d 石原さとみ、堀北真希、福山雅治... 芸能人が結婚すると「東証の株価が下がる」説を検証”. J-CASTニュース (2020年10月2日). 2020年10月4日閲覧。
  37. ^ アミューズ株が急落、福山雅治さん結婚で-2年超ぶり値下がり率”. Bloomberg.co.jp (2015年9月29日). 2015年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月20日閲覧。
  38. ^ 「ガッキーショック」でビットコイン暴落!? 一時330万円台に 人気芸能人の結婚発表と市場の変動が重なるアノマリー”. 夕刊フジ (2021年5月20日). 2021年5月20日閲覧。
  39. ^ 東証、初の終日売買停止 相場情報システム障害”. 日本経済新聞 (2020年10月2日). 2020年10月4日閲覧。
  40. ^ 東証 恐れられたガッキー・ショック回避!日経平均上昇 芸能界電撃→暴落の都市伝説”. デイリースポーツ (2021年5月20日). 2021年5月20日閲覧。
  41. ^ 金融市場にガッキーショック? ビットコインが一時4万ドル割れ ネット民は明日の株価を心配”. 東京スポーツ (2021年5月19日). 2021年5月20日閲覧。
  42. ^ ビットコイン急落 仮想通貨全体の時価は一時100兆円吹っ飛ぶ”. Newsweek日本版 (2021年5月20日). 2021年5月21日閲覧。
  43. ^ 新垣結衣“逃げ恥婚”ショックか…ビットコイン暴落 一時最高値の半値以下に”. サンケイスポーツ (2021年5月21日). 2021年5月21日閲覧。
  44. ^ “「ひょっこりはん」が流行語大賞ノミネート、“一発屋ジンクス”を吹き飛ばす生き残り術”. デイリー新潮 (新潮社). (2018年11月27日). https://www.dailyshincho.jp/article/2018/11271500/?all=1 2020年11月10日閲覧。 
  45. ^ 「流行語大賞取った芸人は消える」ジンクスを、フワちゃんが超えられそうなスゴイ理由”. J-CASTニュース (2020年12月1日). 2020年12月6日閲覧。
  46. ^ 「ベストマザー賞」の受賞者はお騒がせばかり…概念が時代遅れか”. ライブドアニュース. 2023年7月26日閲覧。
  47. ^ 日本の株・外為投資家が身構える「ジブリの呪い」”. WSJ Japan (2013年8月2日). 2020年10月4日閲覧。
  48. ^ テレビ東京「WBS」 米国雇用統計をめぐり「ジブリの呪い」を指摘”. ライブドアニュース・マイナビ学生の窓口 (2015年10月6日). 2020年10月4日閲覧。
  49. ^ 【皆さんの見たい映画を放送します!金曜リクエストロードショー第4弾】5月7日・14日の2週に渡り『タイタニック』を放送!”. 日本テレビ. 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年6月24日閲覧。
  50. ^ 映画「タイタニック」前編 不朽の名作を2週連続放送!”. フジテレビ. 2023年6月24日閲覧。
  51. ^ 一般社団法人日本野球機構. “2021年度 公式戦 カレンダー 【5月】”. npb.jp. 2024年2月18日閲覧。
  52. ^ 一般社団法人日本野球機構. “2023年度 公式戦 カレンダー 【6月】”. npb.jp. 2024年2月18日閲覧。
  53. ^ 一般社団法人日本野球機構. “2023年度 公式戦 カレンダー 【7月】”. npb.jp. 2024年2月18日閲覧。
  54. ^ 首里城火災は「ブラタモリの呪い」だった!? 首里城は7つ目の災い…次回放送は草津、“デス番組”で確定か!?”. TOCANA. 2021年10月26日閲覧。
  55. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2024年2月15日). “NHK「ブラタモリ」終了に惜しむ声 過去に訪問先が災難に遭う〝呪い〟が話題、タモリが地盤の弱さを指摘すると陥没事故”. zakzak:夕刊フジ公式サイト. 2024年2月18日閲覧。
  56. ^ a b 日本シリーズ『サザエさんの法則』再浮上 「放送休止ならパ・リーグ圧倒的優位」… さーて、フジ系中継の第7戦は?”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2023年11月5日). 2023年11月6日閲覧。
  57. ^ 〝サザエさんの法則〟も打ち破った阪神日本一 元ネタの「じゃんけん研究所」が出した見解は”. 東京スポーツ (2023年11月6日). 2023年11月6日閲覧。
  58. ^ 「2年目のジンクス」は本当なのか 過去10年の新人王、翌年の成績を検証【パ編】”. Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年1月13日). 2024年2月18日閲覧。
  59. ^ 不吉だから!?柔道石井が4年後の主将拒否 日刊スポーツ 2008年8月29日
  60. ^ 40連勝以上は4人だけも、いずれも2番目の記録は43スポーツニッポン、2013年7月21日。
  61. ^ 巨人優勝年は株価暴落!?下落率歴代10位まで独占 - zakzak
  62. ^ 阪神優勝で株高続く?=経済効果も日本全体で969億円に”. 時事フィナンシャルソリューションズ. 2024年2月18日閲覧。
  63. ^ 一般社団法人日本野球機構. “読売ジャイアンツ 年度別成績 (1936-2023)”. npb.jp. 2024年2月18日閲覧。
  64. ^ タイガースヒストリー 1935〜1939”. 阪神タイガース. 2021年2月11日閲覧。
  65. ^ “【スポーツ言いたい放題】プロ野球都市伝説! 末尾「5」の年は関西にVが来るのだ”. 産経WEST (産業経済新聞社). (2015年4月7日). https://www.sankei.com/article/20150407-GI62MNJLKJNHTO3U3BYLBO74XQ/ 2018年1月27日閲覧。 
  66. ^ “工藤監督パ最速胴上げ!ソフトバンク19度目優勝”. 日刊スポーツ. (2015年9月18日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1538664.html 2018年1月27日閲覧。 
  67. ^ ブラウン監督の“退場ジンクス”ストップ - スポニチ2009年4月7日記事
  68. ^ ブラウン監督の怪!退場翌試合勝てん - デイリースポーツ2009年8月28日記事
  69. ^ 首位独走・広島ファンがおびえる「週ベの呪い」”. NEWSポストセブン. 2024年2月18日閲覧。
  70. ^ 岡田阪神に“「週べ」の呪い”か…DeNAと巨人が急接近、虎の不安要素を探る!(全文)”. デイリー新潮 (2023年6月19日). 2024年2月18日閲覧。
  71. ^ bbm_swallowsのツイート(1407189712830300167)
  72. ^ 楽天なぜ?ファンキー加藤の本拠ミニライブにまた敗れ6戦全敗”. 日刊スポーツ (2021年6月20日). 2021年6月21日閲覧。
  73. ^ ファンキー加藤自虐「敗戦処理シンガー、出番です」 楽天の試合後ライブでジンクス破れず6戦全敗”. スポーツニッポン (2021年6月20日). 2021年6月21日閲覧。
  74. ^ ファンキー加藤、“敗戦処理シンガー”の汚名返上 楽天本拠地ミニライブの連敗記録ストップ「悲願の わしほー!!」”. サンケイスポーツ (2022年7月18日). 2022年8月7日閲覧。
  75. ^ オリ党の集うすし処大将が中嶋監督に代わって黒歴史ストップ宣言「バファローズ史上初の日本一になります!」”. スポーツ報知 (2022年10月22日). 2022年10月30日閲覧。
  76. ^ 日本一に手が届かなかった伝説の球団・近鉄バファローズの日本シリーズを振り返る”. 週刊野球太郎 (2016年11月1日). 2021年12月1日閲覧。
  77. ^ 【平成の真実(15)】平成16年「球界再編~近鉄消滅&楽天誕生~」「史上初のスト」”. サンケイスポーツ (2018年12月13日). 2021年12月1日閲覧。
  78. ^ オリックス、日本一ならず 神戸で敗れる”. 神戸新聞 (2021年11月27日). 2021年12月1日閲覧。
  79. ^ オリックス日本一 中嶋監督の適材適所起用光る 投打かみ合う集大成”. 毎日新聞 (2022年10月30日). 2022年10月30日閲覧。
  80. ^ a b 【野球】オリックス、今季10敗1分け“魔の日曜日” 過去には23連敗も/デイリースポーツ online”. デイリースポーツ online (2024年2月18日). 2024年2月18日閲覧。
  81. ^ DeNAまた“魔の日曜日”…8連敗に三浦監督「すみません」、山崎康晃が9回逆転被弾”. Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年6月5日). 2024年2月18日閲覧。
  82. ^ オリックス、パ・リーグ3連覇 関西勢59年ぶりダブルV”. 日本経済新聞 (2023年9月20日). 2024年2月18日閲覧。
  83. ^ 日本放送協会. “ドラゴンズ 球団初の2年連続最下位に|NHK 東海のニュース”. NHK NEWS WEB. 2024年2月18日閲覧。
  84. ^ a b 【12月18日】1992年(平4)横浜、最初のドラ1は小桧山、背番号はあの「19」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2007年12月18日。オリジナルの2008年1月17日時点におけるアーカイブ。
  85. ^ DeNA山崎康晃が史上最年少200セーブ 佐々木主浩の30歳6か月を更新、29歳10か月で達成”. Full-Count(フルカウント) ― 野球ニュース・速報・コラム ― (2022年8月24日). 2024年2月18日閲覧。
  86. ^ 前年度に監督代行を務めた2例を含む
  87. ^ “新人監督の開幕連勝。福岡ソフトバンクの藤本博史監督は、史上最長まであと2連勝”. Yahoo!ニュース. (2022年3月30日). https://news.yahoo.co.jp/expert/articles/5cdbf1a3c9a4d0d54ff690c63d78e870188b93cb 2022年10月3日閲覧。 
  88. ^ 負け越してCS進出の球団は、そこから勝ち上がったのか。今年の読売は3位ながら借金1(宇根夏樹) - エキスパート”. Yahoo!ニュース. 2024年2月18日閲覧。
  89. ^ 【パ・リーグ編】歴代クライマックスシリーズまとめ | 野球まとめ”. 週刊ベースボールONLINE. 2024年2月18日閲覧。
  90. ^ ヤクルトの新スローガンは「ヤり返せ!」 リーグ連覇からBクラス転落、逆襲を期すシーズンへの決意”. SPAIA. 2024年2月18日閲覧。
  91. ^ 古川真弥. “野球殿堂プレーヤー表彰 資格1年目の岩瀬仁紀氏3位も34票届かず 4位川相昌弘氏/得票一覧 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2024年2月18日閲覧。
  92. ^ “「花咲徳栄に勝てば優勝」のジンクスは継続。データで観る広島対埼玉”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). (2017年8月23日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00010000-victory-base 2018年2月6日閲覧。 
  93. ^ “高岡商、意地の2桁安打 再び立ちはだかった大阪勢”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2019年8月17日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASM8K2CCRM8KUTQP006.html 2020年9月19日閲覧。 
  94. ^ 清原級怪物!光星・北條「中飛と思った」打球が…驚愕連発 - スポニチ,2012年8月23日
  95. ^ “【甘口辛口】昨夏王者・智弁和歌山も「49番くじ」のジンクス破れず 力の均衡化で連覇はますます至難の業になるのかも”. サンスポ. (2022年8月15日). https://www.sanspo.com/article/20220815-B6IMECRYC5I7FB7K2D2DM7SSC4/?outputType=amp 2023年2月1日閲覧。 
  96. ^ “【甲子園】愛工大名電またも初戦が〝鬼門〟 倉野監督「勝てなかったのは監督の力不足」”. 東スポWEB. (2023年8月8日). https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/272259?page=1 2023年8月8日閲覧。 
  97. ^ 競馬実況web2006/03/07付(ラジオNIKKEI)
  98. ^ 12戦11勝の「競馬予想の神」 皐月賞のジンクス終焉を予想”. NEWSポストセブン (2011年4月16日). 2023年2月20日閲覧。
  99. ^ 【有馬記念】ローズキングダムが出走取消”. サンスポ (2010年12月24日). 2010年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  100. ^ 水島晴之 (2022年5月24日). “【ダービー】プラダリア「持久力」+「瞬発力」でジンクス破る/水島コラム - 水島晴之「G1の鍵 その一瞬」 - 競馬コラム : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ. 2023年2月20日閲覧。 “ダービーには「青葉賞組は勝てない」というジンクスがある。重賞に昇格した94年以降、確かに勝利はないが2着は6回あり、軽視は禁物だ。”
  101. ^ 【日本ダービー】乗り替わりでは勝てない! サートゥルナーリア&リオンリオンはこのジンクス破れるか”. 東スポWeb. 東京スポーツ (2019年5月22日). 2019年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年2月20日閲覧。
  102. ^ 桑原幹久 (2023年5月29日). “【ダービー】タスティエーラ・レーン騎手69年ぶりテン乗りV ジンクス意に介さず歴史の扉開”. 日刊スポーツ. 2023年8月13日閲覧。
  103. ^ 2023年 宝塚記念 JRA”. jra.jp. 2023年8月13日閲覧。
  104. ^ JRA大阪杯。年度代表馬エフフォーリアを襲う父エピファネイアの呪い…。最強伝説に立ちふさがる壁とは? ニュースサイトGJ、2022年3月29日
  105. ^ 20年3冠牝馬デアリングタクト、体部繋靱帯炎再発で引退…繁殖入り 復帰かなわず昨年JCラストラン”. netkeiba. 2023年10月6日閲覧。
  106. ^ 【大阪杯】王者エフフォーリアはまさかの9着…横山武が語った「敗因」 直線でまったく反応せず 東スポ競馬、2022年4月3日
  107. ^ a b エフフォーリアが競走馬登録抹消 JRA”. jra.jp. 2023年2月20日閲覧。
  108. ^ a b 島田明宏 (2023年2月14日). “エフフォーリア電撃引退の原因が“心房細動”だけではない理由…まさかの競走中止も、適切だった横山武史の判断「陣営や騎手を責めるのは間違い」”. Number Web - ナンバー. 2023年2月20日閲覧。
  109. ^ レイパパレ引退 21年大阪杯V 香港カップ9着がラストラン”. netkeiba.com (2022年12月13日). 2023年8月13日閲覧。
  110. ^ 下村琴葉 (2023年7月1日). “モズベッロが引退 20年日経新春杯V、21年大阪杯2着”. 日刊スポーツ. 2023年8月13日閲覧。
  111. ^ アーモンドアイ、引退レースでV 競馬のジャパンカップ”. 日本経済新聞 (2020年11月29日). 2023年8月13日閲覧。
  112. ^ https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=209391
  113. ^ https://www.radionikkei.jp/keiba_article/news/post_22781.html
  114. ^ https://search.yahoo.co.jp/amp/s/world.jra-van.jp/news_amp/N0010478/%3Fusqp%3Dmq331AQGsAEggAID
  115. ^ https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203800
  116. ^ https://smart.keibalab.jp/topics/42574/
  117. ^ https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=204682
  118. ^ 阿部泰斉 (2023年8月25日). “重賞4勝オーソリティが引退、種牡馬入りへ エルムS後に左前脚種子骨靭帯に重度の損傷”. 日刊スポーツ. 2023年9月3日閲覧。
  119. ^ https://news.sp.netkeiba.com/?pid=news_view&no=216101
  120. ^ “粗品の呪い”ついに終了! 安田記念の本命「ソングライン」が1位で馬連的中 SNSも祝福の声”. ORICON NEWS. 2022年6月6日閲覧。
  121. ^ "【大阪杯予想】23年間勝利なしの関東馬はジンクスを覆す? 好調馬番に入った「狙い馬」はどれだ?"”. netkeiba (2023年4月2日). 2023年4月2日閲覧。
  122. ^ 島田明宏 (2016年10月24日). “サトノダイヤモンドがジンクス破る。3冠を3強で分け合う最強世代の結末。”. Number Web. 2016年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  123. ^ 土屋真光 (2022年3月26日). “ドバイWCデーは日本馬の状態に不安なし。馬券が買える4レースで狙いたい穴馬もピックアップ”. web Sportiva. 集英社. 2023年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  124. ^ 【ドバイSC結果】シャフリヤールが日本ダービー馬初の海外G1制覇の快挙!”. netkeiba.com (2022年3月27日). 2023年9月2日閲覧。
  125. ^ 磐田前田6年連続「デスゴール」/J1 - 2012年12月2日 nikkansports.com
  126. ^ デスゴール伝説で注目 J2陥落の磐田 - 2013年11月10日 デイリースポーツonline
  127. ^ 川島どや!背番号「1」のジンクス気にしない「過去は関係ない」 サンケイスポーツ 2014年5月25日閲覧
  128. ^ サッカーの日本代表には不思議なジンクスがある”. 西日本新聞me. 2023年3月27日閲覧。
  129. ^ “サッカーU23 悔しさバネに五輪出場へ”. NHK. (2016年1月27日9時51分). オリジナルの2016年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160127054212/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160127/k10010387281000.html 2016年2月1日閲覧。 
  130. ^ “サッカーU-23韓国戦の平均視聴率15・6%”. 産経ニュース. (2016年2月1日11時23分). http://www.sankei.com/sports/news/160201/spo1602010028-n1.html 2016年2月1日閲覧。 
  131. ^ 5年周期ジンクス「もう終わりに」 アビスパ社長の戦略 朝日新聞デジタル、2021年2月17日(2021年8月7日閲覧)。
  132. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2023年5月28日). “最高勝率&24連勝記録の千葉、2季ぶり頂点ならず バスケBリーグ”. 産経ニュース. 2024年2月18日閲覧。
  133. ^ 箱根駅伝連覇狙う青学大の新主将はアナウンサー志望の田中悠登 主将が2年連続で箱根不出場のジンクスは「意識しない」”. スポーツ報知 (2024年2月8日). 2024年2月18日閲覧。
  134. ^ “早明のジンクス”またも発動! 早大が明大に早明戦のリベンジで2大会ぶり4強 - スポニチ Sponichi Annex スポーツ”. スポニチ Sponichi Annex. 2024年2月18日閲覧。
  135. ^ Curse of the Black Cat”. CBSニュース. 2018年2月13日閲覧。
  136. ^ a b 【外信コラム】赤の広場で「魔の8月」を前に…(MSN産経、2011年7月18日、アーカイブ
  137. ^ 石川一洋 (2023年8月1日). “8月のロシアは荒れ模様?”. NHK解説委員室. 日本放送協会. 2023年8月3日閲覧。
  138. ^ “カブス 71年ぶりのWシリーズ進出! 「ヤギの呪い」のジンクス破る”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社.. (2016年10月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/23/kiji/K20161023013589360.html 2016年10月24日閲覧。 
  139. ^ カブス108年ぶり世界一 ヤギの呪い解けた - 日刊スポーツ、2016年11月3日
  140. ^ Jordan, Bastian; Carrie, Muskat (2016年11月2日). “Cubs are heavy wait champions!” (英語). Major League Baseball Advanced Media. http://m.mlb.com/news/article/207938228/chicago-cubs-win-2016-world-series/ 2016年11月4日閲覧。 
  141. ^ 「キャプテンエディーの呪い」解きジャイアンツ黄金時代到来 2年ぶり7度目世界一(福島良一メジャーの旅)
  142. ^ 【MLB】剛腕チャップマンが人類初の時速170キロに挑む!!
  143. ^ ジンクス通りに敗れ去ったタイガース。ワールドシリーズの隠れた法則とは? - Number Web : ナンバー
  144. ^ 【乾坤一筆】ワールドシリーズ王者と米大統領選の不思議な関係
  145. ^ ブラジルが優勝。欧州で最高順位だったのはスウェーデン(準優勝)。
  146. ^ スペインが優勝。南米で最高順位だったのはウルグアイ(4位)。
  147. ^ ドイツが優勝。南米で最高順位だったのはアルゼンチン(準優勝)。
  148. ^ 2018年大会の一部はアジア扱いとなるエカテリンブルクで開催されたが、優勝国フランスは試合をしていない。
  149. ^ 「ペレの呪い」今度も外れぬ”. 동아일보 (2010年7月5日). 2024年2月18日閲覧。
  150. ^ “ドイツでも呪いは解けず…金星献上、史上初GL敗退、屈辱の最下位終戦”. ゲキサカ (講談社). (2018年6月28日). https://web.gekisaka.jp/news/amp/?248333-248333-fl 2020年10月1日閲覧。 
  151. ^ 1954年大会は、決勝トーナメント初戦の組み合わせが同じ順位同士となっていたため、1位突破の方が不利になるケースがあった。西ドイツはこれを利用し、グループリーグで敗戦することでハンガリーに1位突破させ、ハンガリーの消耗を狙った。なお、1958年大会からは決勝トーナメント初戦が1位 vs 2位の組み合わせに変更され、1位突破が不利になるケースは減少した。
  152. ^ 1964年スペイン、2000年フランス、2012年スペインはグループリーグ敗退に追い込まれている。さらに、1976年のチェコスロバキア、1992年のデンマーク、2004年のギリシャ、2020年のイタリアは本戦出場すらできていない。
  153. ^ パー3コンテストはL.ドナルドが優勝!
  154. ^ NBAプレイオフでシリーズ0勝3敗から第6戦や第7戦まで持ち込んだ過去の例は? - スポーティングニュース”. www.sportingnews.com (2023年5月28日). 2024年2月18日閲覧。
  155. ^ NBAプレイオフの歴史でシリーズ1勝3敗から逆転したチームはいくつ? - スポーティングニュース”. www.sportingnews.com (2023年6月10日). 2024年2月18日閲覧。
  156. ^ 【凱旋門賞】知っておきたいデータとジンクス|日刊ゲンダイ競馬”. 日刊ゲンダイ競馬 (2019年10月3日). 2020年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年9月2日閲覧。
  157. ^ 四槓子 浅見了の研究より
  158. ^ a b 「カーター元米大統領と会った独裁者は死亡する」、会談拒否は金総書記の迷信好きが原因―聯合早報 Record China
  159. ^ スキャンダルに事件・事故、謎の死まで…韓国芸能界の都市伝説「11月の怪談」はあるか(慎武宏) - エキスパート”. Yahoo!ニュース. 2024年2月18日閲覧。
  160. ^ 文明法則史学(文明800年周期説)

関連項目 編集