メインメニューを開く

ジンコウガクエン』は、ILLUSIONより2011年6月10日に発売されたアダルトゲーム2014年6月13日には続編にあたる「ジンコウガクエン2」が発売された。

ジンコウガクエン
対応機種 Windows XP/Vista/7 32bit
発売元 ILLUSION(イリュージョン)
ジャンル 3D学園生活シミュレーター
発売日 2011年6月10日
レイティング 18禁
キャラクター名設定
エンディング数 エンディングなし
セーブファイル数 13
メディア DVD-ROM2枚
画面サイズ 640×480 ~ 2048×1536
キャラクターボイス フルボイス
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考 体験版、修正パッチあり
テンプレートを表示
ジンコウガクエン2
対応機種 32/64bit Windows Vista/7/8
発売元 ILLUSION(イリュージョン)
ジャンル 3D学園生活シミュレーター
発売日 2014年6月13日
レイティング 18禁
キャラクター名設定
エンディング数 エンディングなし
セーブファイル数 制限なし
メディア DVD-ROM3枚
画面サイズ 640×480 ~ 2048×1536
キャラクターボイス フルボイス
CGモード なし
音楽モード なし
回想モード なし
メッセージスキップ あり
オートモード あり
備考

体験版あり

追加ディスク(別売)
テンプレートを表示

概要編集

ILLUSIONがこれまでに発売したアダルトゲーム「人工少女」シリーズのゲームシステムを踏襲した3D学園生活シミュレーター。プレイヤーはまずゲーム開始前にソフトに同梱されているキャラクター作成ソフトを使い、ゲーム内の登場人物である生徒を作る。ゲームを開始したらセーブデータとなるクラス名簿(登場人物一覧)を作成し、先ほど作成した生徒をコンバートしてゲームをスタートするというのが開始までの流れとなっている。

学園を舞台にしてはいるが学内行事の類は存在せず、とある一日を繰り返す時間設定になっているので、始業開始前、昼休み、部活動前、放課後と区分された時間帯に生徒らとのコミュニケーションを図り人間関係を変化させるのがこのゲームの主な目的である。

プレイヤーが操作できるキャラクターには制限がなく任意で操作可能な為、各キャラクターの交友関係を自在に操ることが出来るのもこのゲームの特徴である。また、プレイヤーが取らせた行動の結果によってキャラクターステータスが変化するので、学力や運動、人気の順位が変化し相対的なクラスの中の位置づけも変化するようになっている。また『人工少女』シリーズとは違い背景は3Dポリゴンではなく二次元で描写されている一方、キャラクターの表現も会話等を行わない限り簡略化された3Dポリゴンで表示される。

ジンコウガクエン2編集

シリーズ二作品目。前作のシステムをほぼ踏襲した形で舞台やキャラクターデザインが主に刷新された。またUIのレイアウトやコマンドも新しいものに変わり前作を強化した新作となっている。

ゲームシステムには大幅な改良がなされ、曜日の概念が取り入れられた。一日の授業後半は体育授業であるが曜日によって場所が変わり、週末は隔週で学力試験、体力測定、部活動大会のスケジュールが入るようになった。また休日は午前と午後で時間帯を隔て自由行動が取れる。デートの約束もこの日に充てられている。また、キャラクター登録枠に担任教師の枠が設けられ、生徒とは違う立場をプレイ可能にしている[1]

ゲームシステム編集

ゲームを始める前に、ソフトに同梱されているキャラクター作成ソフト「ジンコウガクエンきゃらめいく(以下、きゃらめいく)」で登場人物を作る必要がある。ただし、サンプルデータが存在するので必須というわけではない。きゃらめいくで登場人物の作成が終わったらゲームを立ち上げ、登場人物の登録を行うことになる。人数は最大で25人まで登録でき、組み合わせは自由に行える。登録が完了したら操作したいキャラクターを選んでゲームを開始することができる。

ゲームは必ず操作中のキャラクターの自室(自宅)から始まる。セーブやロード、制服の設定やステータスの確認等ができるようになっているが、この操作ができるのは自室にいる間だけで、学園にいる時はセーブやロードはできない仕様である。

学園にいる間は始業開始前、昼休み、部活動前、放課後の時間帯のみ行動が取れる。生徒たちのコミュニケーションは基本的には会話のみで行われ、会話の内容はコマンドを選択する方式になっている。選択したコマンドが相手の性格や状況に合わせて変化するので選択の仕方で友好関係に変化が起きるようになっている。また、人物の移動中や誰とも会話していない状態などでは人物の表現が簡略化された3Dポリゴン表示だが、会話中になると本来の微細な表現で人物表示がされるようになる。

セックスシーンでは人物と背景は分離して表示されるという、ILLUSIONの作品では初の試みである。背景はビスタサイズ(厳密にはスコープ・サイズ)に変化し画面上下に黒い範囲ができる。人物はその背景の手前でベッドシーンを行うという画面演出になっている。

ゲーム内には決まったエンディングは無いが、人間関係が劣悪になると事件が発生する場合があり、強制的にクラスから削除されてしまうことがある。

ジンコウガクエン2編集

基本的にはゲーム開始までの流れに変更はない。追加された要素として曜日の概念が取り入れられたことで学校内のスケジュールが日毎に変化するようになっている。平日の午前は教室での授業で、午後は体育の授業となっており、グラウンド、体育館、プールをローテーションする。また土曜に相当する日は授業は午前のみで、隔週で学力検査、体力測定、部活動大会があり、今までの知力、体力の積み重ねの結果でキャラクターごとに判定が記録されるようになった。

部活動には前作からの運動部に加え文化部(茶道部、吹奏楽部)、帰宅部などが追加され、カスタマイズで架空の部活動も追加できる[2]。それぞれの部活動によって体力や知力に影響するようになっている。セックスシーンもコマンド選択式に変更され、キャラクターの個性によって体位などに好みが分かれるようにしている。

イベントでは前作に加えて週末のデート、担任教師の辞職[1]、妊娠による中途退学が加えられた。また、敵対する学生たちと喧嘩で勝負し、学園最強の座を得るという遊び方も可能である[3]

ジンコウガクエンきゃらめいく編集

ジンコウガクエンで使用するキャラクターを作成するソフトウェアでゲーム本体に付属するツールソフト。ILLUSIONがリリースしたソフトでは初となる男性キャラクターの作成も可能で「体」「顔」「髪」「性格」「嗜好」「好み」をそれぞれに設定することができる。ただし登場人物が着用する衣装はゲーム内の設定で行うことになるので、このツールで作成するのは登場人物の本体だけとなる。

「体」「顔」「髪」の設定は容姿の設定で外見を作ることができる。「性格」は部活動や学力や運動の基礎的な能力を決めるほか、人物の声を決めることができる。人物の声は漢字一文字で表された性格によって割り振られ、言葉遣いも変わり人物の印象を大きく変化させる要素になっている。「好み」は他のキャラクターの「性格」と「容姿」の相性などを選択することになる。

作成できる人数には上限がなく、使用しているコンピュータの記憶媒体の限界が上限ということになる。ただし、ゲームに登場させられる人数は1クラス分(最大25人)までである。また、あらかじめ25人分(女21人、男4人)のサンプルファイルも用意されているので雛形として利用できる。

ジンコウガクエン2きゃらめいく編集

操作方法は前作同様、選択方式で体の各パーツを選ぶようになってる。嗜好や好みの項目は廃止され「個性」の項目などに集約された。また、キャラクターには三種の持ち物が設定でき、キャラクター同士の会話の中で交換に利用される。

「個性」の項目の選択では、クールや前向き、真面目や素直といったキャラクターの言動に作用する性格を選ぶことができ、内容によって攻略方法などが変わる仕組みになっている。H好みの項目ではセックスシーン中のコマンドの選択によって性交相手との肉体的な相性に影響する個性が選択できる。持ち物の項目は任意に文章を記載でき、キャラクター同士の会話の中で交換を要求された場合に、記載内容が表示される仕組みである。

キャスト編集

ジンコウガクエン編集

性格 性格 性格 性格 性格
鈴田美夜子 海原エレナ ひなき藍 狛乃ハルコ 姫川あいり
神村ひな 青葉りんご 遠野そよぎ 北都南 鶴屋春人
桃井いちご 如月葵 民安ともえ サトウユキ 楠鈴音
柚木かなめ 飯田空 ももぞの薫 かわしまりの 一色ヒカル
杉原茉莉 卯衣 桜ひろし 石川ゆうすけ ほうでん亭プリスケ

公式通販予約特典を利用することで女子生徒データ「冷」(声:澄白キヨカ)を追加することができる

ジンコウガクエン2編集

性格 性格 性格 性格 性格
陽月ひより 青井美海 秋野花 琉花あか 御苑生メイ
真宮ゆず 星野みりん 井田羽沙深 雪村とあ 岡まどか
北見六花 白月かなめ 君嶋とおこ 片倉ひな 木村あやか
奈良かの子 香澄りょう 上田朱音 和葉 鈴音華月
歌織 真珠樹 いちごみるく 青島刃 ほうでん亭ノドガシラ

公式通販予約特典を利用することで女子生徒データ「曹」(声:結衣菜)を追加することができる
アペンドセットを利用することで女子生徒データ「慈」(声:彩世ゆう)と男子生徒データ「策」(声:梅咲チャーリー)を、アペンドセットIIを利用することで女子生徒データ「軽」(声:くすはらゆい)と男子生徒データ「温」(声:土門熱)を追加する事ができる。

ジンコウガクエン 調整プログラム+AAXPlay編集

発売後、ILLUSIONが配信した修正ファイルと実行ファイル。同梱されたAAXPlay1.exeは本来のゲーム起動用の実行ファイルとは別の実行ファイルで、ゲーム中にゲームの動作を微調整する目的で追加されたものである。登場人物の移動速度や友好関係のバランスを意図的に変化させることを可能にさせている。キャラクターの動作の一部に制限を設けることでプレイスタイルを変化させるものである。授業時間の短縮や、会話の割り込み禁止、オートプレイなどを可能にする。

ジンコウガクエン2 アップデートプログラム編集

内容的に前作のAAXPlay.exeに相当するファイルで、公式サイトより自己解凍アーカイブとして配布されたファイル。バグや誤字脱字の修正の他にゲームの動作を調整する目的のファイルなども含めオプションの追加を目的としたプログラムで、インストール済みのゲーム本体に上書きインストールすることで利用可能となるファイル群である。2014年10月15日時点でVer.12まで配布された。機能は前作と同じものが実装できる他、NPC(ユーザーが操作していない自動AIで動作するキャラクター)同士での会話を聞こえるようにする機能、PC(ユーザーが操作しているキャラクター)だけの移動速度の変更、曜日の表示、好感度の変動率の操作などがある。

アペンドセット編集

ジンコウガクエン2用の追加データのセット。髪型データ十種類、ブレザーの制服(型は一種類、女子のみ)、性格の追加(男女各一名分)と制服選択アイコンにブレザー、全裸、下着が追加できるセットで、ダウンロード販売のみで2014年8月29日に発売された。

更に同年9月19日にはアペンドセットIIが発売。こちらは髪型データ、ベストの制服(型は一種類、女子のみ)、性格の追加(男女各一名分)と制服選択アイコンにベストが追加できる。

脚注編集

外部リンク編集