ジンジャーエール

ジンジャーエール (ginger ale) は、ショウガが入ったノンアルコール炭酸飲料カラメルで着色されており、ショウガ独特の辛みがある。シャンパン等の食前酒代わりとして食前にそのまま飲まれるほか、カクテルの材料としても使われる。

ジンジャーエール
緑色のジンジャーエール瓶

歴史編集

ジンジャーエールには、2つの種類がある。「ゴールデンスタイル」と呼ばれるものは、アメリカ人医師トーマス・カントレル (Thomas Cantrell) の発明とされる[誰によって?]。より淡い色をして、ショウガがマイルドな「ドライスタイル」dry style(あるいは「ペールスタイル」 pale style)は、カナダ人のジョン・J・マクローリンの発明に帰される。

アメリカ人の薬屋・外科医トーマス・カントレルは、北アイルランドベルファストでジンジャーエールを発明し、地元の飲料メーカーであるグラッタン社 (Grattan and Company) にて販売したと伝えられる。グラッタン社はボトルに "The Original Makers of Ginger Ale" のスローガンを浮き彫りにした[1]。これは古いスタイルの「ゴールデン・ジンジャーエール」、すなわち濃い色をして、一般的には味の甘い、強いジンジャースパイス風味であった。ジンジャーエールは透明であるのに対し、ジンジャービールは醸造残留物のためにしばしば濁っており、より強いショウガの味を有する。

「ドライ・ジンジャーエール」は、化学者・薬剤師であるジョン・マクローリン (John McLaughlin) によって作られた、カナダの発明として認識されている[2]。1890年に炭酸水の瓶詰工場を設立したマクローリンは、1904年に水に添加するフレーバーエキスを開発し始めた。その年、彼は「ペール・ドライ・ジンジャーエール」を開発し、1907年には「カナダドライ・ジンジャーエール」として特許取得された。カナダドライはたちまち成功を収め、カナダ総督官邸に納入された。ドライスタイルはまた、禁酒法時代のアメリカにおいて、アルコール飲料のミキサーとして使用されて人気となった。

ドライ・ジンジャーエールは、人気の面でゴールデン・ジンジャーエールをすぐに上回った。ゴールデン・ジンジャーエールは、今日では[いつ?]珍しい、地域的に限られた飲み物となっている。対照的にドライ・ジンジャーエールは、国際的に大規模に生産されており、スーパーマーケットバー航空会社では欠かせない物となっている。

日本国内の状況編集

 
コカ・コーラ社から発売されているカナダドライ(207ml)

日本国内では日本コカ・コーラアサヒ飲料など数社から発売されているが、カナダドライ(コカ・コーラ)とウィルキンソン(アサヒ飲料)が有名なブランドである。各ブランドが用いている商標は、カナダドライが「ジンジャーエール」[3]で、ウィルキンソンが「ジンジャエール」[4]である。

日本でも、大正時代に既に兵庫県にあったウヰルキンソン・タンサン社(後にウィルキンソン表記に変更)がジンジャーエールの製造を行っており、1966年には朝日麦酒(現・アサヒビール)によりウヰルキンソンブランドのジンジャーエール(同ブランドではジンジャエールと表記)が全国で売り出された。1970年代には、東京カナダドライ社(現・カルピス2代目法人)が米国カナダドライ社からライセンスを取得したのを皮切りに、海外ブランドの販売も始まった。コカ・コーラ社からも1982年頃、サンティバ (SANTIBA) という名のジンジャエールが発売された事がある。

カナダドライのジンジャーエールは甘みが強い飲み物で、ショウガ特有の辛味は薄く、ビールのような風味がする[独自研究?]。また最近では[いつ?]ペリーラ、ライムオレンジフィズ、クラシックといった期間限定のものなども発売されている。

ウィルキンソンのジンジャエールは辛味が強く、ジンジャービアのようなショウガの風味を強く残している。ウィルキンソンブランドには、辛みが少ないドライも存在する(“ドライ”という言葉の響きで間違える人も多いが、「ジンジャエール=(英国風の)ハードな辛口」「ドライジンジャエール=(北米風の)ソフトな甘口」となっている)。

ジンジャーエールを用いるカクテル編集

ジンジャービア編集

カナダでジンジャーエールが発明される以前からイギリスで作られてきた飲料で、ジンジャーエールのルーツ、原型とも言える。ジンジャーと糖分を発酵させて作られる。ウィルキンソンのジンジャーエールをさらに甘辛く濃厚にしたような味で、ジンジャーの刺激が強くクセのある味が特徴。市販もされているが、イギリスなどでは各家庭で自家製のものを作るのが一般的である。

例として1.5L分の作り方を挙げる。まず1.5Lの炭酸用の空のペットボトルに温めた浄水を同量注ぎ、ドライイーストを小さじ1/2、砂糖を150g入れ、よく混ぜる。その後、皮を剥いてすりおろした生姜を大さじで2 - 3、レモン果汁1個分、好みで唐辛子を1つ加え、常温で日差しのある場所に置く。すると半日から1日で中で発酵が進み、炭酸ガスが発生して微炭酸のジンジャービアが出来上がる。ペットボトルが指で押せないほどに硬くなった時点で完成である。それ以上置くとペットボトル自体がガス圧に耐えられずに破裂する。できあがったジンジャービアにはおろし生姜が混じっているため、布や茶こしで中身をいったん全部こしてから再度ペットボトルで保存し、冷蔵庫で冷やして飲むほうがおいしい[独自研究?]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Federation of Historical Bottle Collectors”. FOHBC. 2013年10月3日閲覧。
  2. ^ “Canadian food firsts”. Canadian Geographic. (January–February 2002). オリジナルの2013年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130624005710/http://www.canadiangeographic.ca/Magazine/JF02/canadianfoodfirsts.asp 2012年10月31日閲覧。 
  3. ^ CANADA DRY (カナダドライ)”. 日本コカ・コーラ. 2017年6月19日閲覧。[出典無効]
  4. ^ ウィルキンソン ジンジャエール PET500ml|炭酸飲料|商品情報”. アサヒ飲料. 2017年6月19日閲覧。[出典無効]

外部リンク編集