メインメニューを開く

ジンゾウサウルスJinzhousaurus)は白亜紀前期に中国に生息したハドロサウルス上科恐竜の属である。

ジンゾウサウルス
生息年代: 122 Ma
Jinzhousaurus yangi.JPG
香港科学館で展示されるJinzhousaurus yangiの骨格
地質時代
白亜紀前期
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 鳥盤目 Ornithischia
亜目 : 鳥脚亜目 Ornithopoda
: ハドロサウルス上科
Hadrosauroidae
: ジンゾウサウルス属
Jinzhousaurus
学名
Jinzhousaurus
Wang&Xu2001

タイプ種(唯一知られている種でもある)はJinzhousaurus yangiである。属名は錦州(Jinzhou)市にちなみ、種小名は中国古生物学の創設者、楊鍾健献名されたものである。2001年に汪筱林と徐星により初めて記載された[1]

目次

発見編集

 
ホロタイプの頭骨

ホロタイプの化石標本IVPP V12691は中国、遼寧省錦州市義県、白菜溝近郊の義県累層en)にある大王杖子層(Dawangzhangzi Beds)(白亜紀前期アプチアン、1億2200万年前)から発見された[2] 。押しつぶされた石版の中にほぼ完全な状態の骨格が保存されていた。

記載編集

ジンゾウサウルスは体長約7 m、頭骨の長さは50 cmほどである。頭骨は鼻孔が大きく吻部は細長く、前眼窩窓en)がなくなっていた。歯骨(下顎の骨)には少なくとも17本の歯があった。

分類編集

ジンゾウサウルスには原始的な特徴と派生的な特徴が両方見られる。もともとは既に側系統群だと理解されているイグアノドン科に属するとされていたが、後に記載者らはより包括的なイグアノドン上科に含まれるとした。2010年の研究の結果、イグアノドン上科より派生的なグループであるハドロサウルス上科の基盤的なメンバーであると結論付けられている[3]

参照編集

  1. ^ Wang, X.-L. & Xu, X. (2001) "A new iguanodontid (Jinzhousaurus yangi gen. et sp. nov.) from the Yixian Formation of western Liaoning, China." Chin. Sci. Bull., 46: 1669–1672.
  2. ^ Zhou, Z. (2006). "Evolutionary radiation of the Jehol Biota: chronological and ecological perspectives." Geological Journal, 41: 377-393.
  3. ^ A.T. McDonald, D. G. Wolfe, and J. I. Kirkland, 2010, "A new basal hadrosauroid (Dinosauria: Ornithopoda) from the Turonian of New Mexico", Journal of Vertebrate Paleontology 30(3): 799-812

外部リンク編集