ジンチョウゲ

花の種類

ジンチョウゲ(沈丁花[2]、瑞香、学名: Daphne odora)は、ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属常緑低木。別名でチンチョウゲともいわれる[3]。中国名は瑞香[1]、別名:輪丁花。原産地は中国南部で、中国から日本に渡来して、室町時代にはすでに栽培されていたとされる[4][3]クチナシキンモクセイとともに、日本の三大芳香木の一つに数えられる[3]

ジンチョウゲ
Daphne odora-ja01.jpg
ジンチョウゲの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: フトモモ目 Myrtales
: ジンチョウゲ科 Thymelaeaceae
: ジンチョウゲ属 Daphne
: ジンチョウゲ D. odora
学名
Daphne odora Thunb. (1784)[1]
和名
ジンチョウゲ(沈丁花)
英名
Winter Daphne

名称編集

「沈丁花」という漢字名は、香木沈香(ジンコウ)のような良い匂いがあり、丁子クローブ)の香りを合わせたような香木という意味で名付けられた[4][3]。また、沈丁は沈香から転訛したものという説もある[5]。学名の Daphne odora の属名 Daphne(ダフネ)はギリシア神話女神ダフネにちなむ[5]。小種名の odora(オドラ)は「芳香がある」を意味する[5]

特徴編集

常緑広葉樹低木[4]樹皮は褐色で滑らか[2]互生[3]、濃緑色をしたツヤのある革質で、長さ6センチメートル (cm) 、幅2 cmの倒披針形で[4][6]ゲッケイジュの葉に似ているが、ゲッケイジュよりも軟弱。

雌雄異株であるが、日本にある木は雄株が多く、雌株はほとんど見られない[4]

花期は2月 - 4月[4][2]。枝先から濃紅色花蕾が、集まって出てくる[2]。花は花弁がない花を20 - 30個、枝の先に手毬状に固まってつく[4]。花弁のように見えるものは4枚の萼片[5]、外側が淡紅色、内側が白色で、中にはすべて白色のものもある[3]雄蕊黄色、花から強い芳香を放つ。花を囲むようにが放射状につく。

果期は6月[3]。赤く丸い果実をつけるが、実を噛むと辛く[6]有毒である。日本には雌株が少ないため、あまり結実しないが、ごく稀に実を結ぶこともある[4][2]

冬芽は前年枝の先につき、そのほとんどが花芽で、多数の総苞に包まれている[2]側芽は枝に互生し、かなり小さく、葉が落ちると見えるようになる[2]。葉痕は半円形で、維管束痕が1個ある[2]

利用・文化編集

関東地方以南では、庭木や公園樹として親しまれており、墓に植えられることも多い[3][5]。ただし、移植は好まず[5]、耐寒性には乏しい性質がある[4]。日本にあるものはほとんどが雄株のため、挿し木で増やす[3][6]。 花の煎じ汁は、歯痛口内炎などの民間薬として使われる。

ジンチョウゲの花言葉は、「栄光」「不死」「不滅」とされる[3]

春先に花を咲かせることから、俳句では春の季語としてよく詠われる。

品種編集

ジンチョウゲはたくさんの栽培品種が作られており、葉に縞や斑が入ったフクリンジンチョウゲや、葉がねじれたり、波を打っているものなどの品種が多数ある[6]。主な品種は以下のものが掲げられる。

  • シロバナジンチョウゲ(学名: Daphne odora Thunb. f. alba (Hemsl.) H.Hara[7]) - 花の色がい。
  • ウスイロジンチョウゲ(学名: Daphne odora Thunb. f. rosacea (Makino) H.Hara[8]
  • フクリンジンチョウゲ(覆輪沈丁花、学名: Daphne odora Thunb. 'Marginata'[9]) - 葉の縁にが見える。

脚注編集

  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphne odora Thunb.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 95.
  3. ^ a b c d e f g h i j 田中潔 2011, p. 143.
  4. ^ a b c d e f g h i 平野隆久監修 1997, p. 43.
  5. ^ a b c d e f 辻井達一 2006, p. 143.
  6. ^ a b c d 辻井達一 2006, p. 145.
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphne odora Thunb. f. alba (Hemsl.) H.Hara” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月19日閲覧。
  8. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphne odora Thunb. f. rosacea (Makino) H.Hara” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月19日閲覧。
  9. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Daphne odora Thunb. 'Marginata'” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2022年3月19日閲覧。

参考文献編集

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、95頁。ISBN 978-4-416-61438-9 
  • 田中潔 『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、143頁。ISBN 978-4-07-278497-6 
  • 辻井達一 『続・日本の樹木』中央公論新社〈中公新書〉、2006年2月25日、143-145頁。ISBN 4-12-101834-6 
  • 平野隆久監修 『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、43頁。ISBN 4-522-21557-6 

関連項目編集

ジンチョウゲ科には、他に下記などがある。