メインメニューを開く

ジンアラビア語: جن‎, ラテン文字転写: jinn jinn, djin,日本語の翻訳のクルアーン漢字:幽精[1]、妖霊[2])とは、アラブ世界で人にあらざる存在であり、なおかつ人のように思考力をもつとみなされる存在、すなわち精霊妖怪魔人など一群の超自然的な生き物の総称である[3]

イスラーム以前からいわば俗信としてアラブ人に信じられてきた[3][4]が、イスラム以降、クルアーンがその存在を否定せずに認めているため、神学などで盛んに論じられるようになった[3]。一般的には千夜一夜物語アラジンと魔法のランプ)に登場するランプの精が有名である[5]

名称編集

以下、本節では特に断りのない限り、文語のアラビア語(フスハー)について述べ、アラビア文字のラテン・アルファベット英語版への翻字は、アメリカ議会図書館翻字方式英語版に準じた方式で用いる。ただし、ター・マルブータを上付き文字の t で示している。

アラビア語語根英語版 j-n-n からは、「隠す,覆う,護る」などを意味する jann や「狂う,狂気に陥る」などを意味する junn といった動詞が派生し[6]、名詞としては本項に係る jinn のほか、「庭園,楽園,墓地」を意味する jannat、「狂人,瘋癲,憑りつかれた人」などを意味する majnūn、「繭、いじめられっ子、隠れたもの、隠されたもの」などを意味する janīn といった単語が派生する[7]

jinn は複数形の名詞でなおかつ集合名詞である[7][8]。単数形男性は jinnī、女性は jinnyyat である(読みはそれぞれ「ジンニー」「ジンニーヤ」など)[7][8]。同じ語根 j-n-n から派生して似たような意味を持つ複数形の言葉には、ほかに、jinna, jānn, jinnān があり[7][8]、マグレブ方言には jnūn という言葉もある[8]jānn の語源について、19世紀イギリスの東洋学者レイン英語版は、預言者ムハンマドと同時代のアラビアの詩人フザリーアラビア語版の詩句に基づいて、少なくともクルアーンの時代には「五感による知覚からは隠された、あるいは隠れた、精神的な存在」を意味したのであろうと推測した[7]。フザリーの詩句において、"jinn" の意味には「天使」が含まれている[7]

jinn, jinna, jānn, jinnān の語源はさらに遡れる可能性があるが、確かなことは言えないのが21世紀現在の状況である[8]。フランス語で「天才」や「工学」を意味する génie は「守護神」や「精霊」などの意味もあり[9]、語源はラテン語の genius にさかのぼる[8]。フランス語 génie は、本項で取り扱うアラブ民話の「ジン」をフランス語の中で表す言葉として定着しているが、アラビア語 jinn も同様に、ラテン語 genius に由来するとする説が、19世紀のヨーロッパでは確かな根拠なく信じられていた[8]。しかし、オランダの東洋学者 Arent Jan Wensinck の "The etymology of the arabic djinn (spirit)" (1920) はこうした俗説を否定し、その後も Eichler, Starcky といった学者も支持した[8]

アラビア語の jinn は、英語においてはより英語化されたかたちの genie のつづりで書かれることがある(例えば、ディズニーキャラクターのジーニーなど)[10]。これは『千一夜物語』の英語翻訳の際(18世紀)にフランス語 génie から借用したものがある程度定着したものである[10][11]。アラビア語 jinn が表すものと、ラテン語由来フランス語の génie が表すものが大まかには一致しているため、定着したものと考えられている[12]

性質編集

 
1802年に描かれたジン。

普段は目に見えないが、煙のような気体の状態から凝結して固体となって姿を現す[3]。その姿も変幻自在で、さまざまな動物や蛇[3]、巨人、醜い生き物、さらには美しい女性にも変わることができる[13]。知力・体力・魔力全てにおいて人間より優れるが、ソロモン王には対抗できないとされる[3]。ソロモン王はジンを自在に操り、神殿を立てる際にもジンを動員したと言われている[14]

人間に善人と悪人がいるように、ジンにも善人と悪人[4]ムスリムと非ムスリムがおり[14]、人間と同様に救いを受けるものとジャハンナム英語版地獄)に落ちるものがいる[4]。人間に取り憑く場合があり、ジンに取り憑かれた人すなわち気が狂った人をマジュヌーン(アラビア語: مجنون‎, ラテン文字転写: majnǔn)と呼ぶ。善性のジンに取り憑かれれば聖者となり社会に利益をもたらすが、悪性のジンに取り憑かれると狂人になる[3]

害悪を与えるといっても、ただの悪戯好きから人間の命を奪うものまで様々である。強大で恐ろしいものから順にマリード英語版(マーリド、マリッド)、イフリートシャイターン、ジン、ジャーンと格付けされており、リーダー格がイブリースだと言われている[3]。しかしイブリースがアッ・シャイターンと呼ばれているので異説もあるようだ。人助けをするイフリートもいることから、この階級は悪性だけでなく、善悪統合した階級だという意見もある[要出典]

イスラームとの関係編集

イスラム教が成立するより前、ジャーヒリーヤ(無明時代)と呼ばれた頃には、ジンは神々またはそれに準じる存在としてアラブ人によって崇拝されていた[4]

やがて成立した、唯一神教であるイスラーム教でも、ジンの存在を完全には無視できなかった。クルアーンもその存在を認めており[3][4]アル・ジンという表題のスーラ(章)があるほどである。

クルアーンに拠る公認教義では、ジンは人間と天使の間に位置する被造物とされる[14]。古典イスラム法でもジンの位置づけを定めているが、ジンが人間と結婚する事についても論考されている[14]

アッラーフが土からアーダム (آدم‎) を作る2000年も前に[3]、煙の出ない火[3][15]、またはサハラ砂漠を越えて吹く熱風「シムーン[13]から作られたとされる。エジプトでは、アラー(アッラーフ)の名を唱えることで、悪をなすジンを退散できると信じられていた。また、砂漠の夜空に流星が光るのはアラーがジンを攻撃しているためだとされていた[13]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ イスラムのホームページ
  2. ^ 聖クルアーン
  3. ^ a b c d e f g h i j k 堀内 (1997), p. 970.
  4. ^ a b c d e ケネディ,山我訳 (1991), p. 126.
  5. ^ 幻想動物事典』・173頁
  6. ^ Translation and Meaning of جن‎ in Almaany English Arabic Dictionary”. almaany.com. 2019年9月11日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Edward William Lane (1863年). “An Arabic-English Lexicon”. pp. 462. 2019年9月11日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h Nünlist, Tobias (2015) (ドイツ語). Dämonenglaube im Islam. Walter de Gruyter GmbH & Co KG. pp. 22-23. ISBN 978-3-110-33168-4. https://books.google.com/books?id=yoE_CgAAQBAJ. 
  9. ^ 旺文社『ロワイヤル仏和中辞典』第2版 p.933
  10. ^ a b Oxford English Dictionary, 3rd ed. "genie, n." Oxford University Press (Oxford), 2014.
  11. ^ Arabian Nights' entertainments, Vol. I, (1706) .
  12. ^ John L. Mckenzie The Dictionary Of The Bible Simon and Schuster 1995 9780684819136 p. 192
  13. ^ a b c ローズ,松村訳 (2003), p. 190.
  14. ^ a b c d ボスワース,松永訳 (1999), p. 227.
  15. ^ ボスワース,松永訳 (1999), p. 226.

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集