メインメニューを開く

ジ・エンフォーサーThe Enforcer、本名:Charles Weir[1]1935年1月14日[2] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーミシガン州デトロイト出身。生年は1943年ともされる[3]

ジ・エンフォーサー
プロフィール
リングネーム ジ・エンフォーサー
エンフォーサー・ルシアーノ
ギロチン・ゴードン
バスター・ギロチン・ゴードン
イーヴィル・アイ・ゴードン
イーヴィル・アイ・バレンタイン
ジミー・バレンタイン
P・J・ヒギンズ
本名 チャールズ・ウィアー
ニックネーム 強奪マフィア
侵略坊主
タイトル取立人
断頭魔
身長 194cm - 196cm
体重 125kg - 140kg
誕生日 (1935-01-14) 1935年1月14日(84歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシガン州の旗 ミシガン州
ウェイン郡デトロイト
デビュー 1958年
テンプレートを表示

来歴編集

少年時代から不良グループのリーダーとして喧嘩に明け暮れ、その腕っ節の強さを活かして合法的に金を稼ぐべく、1958年プロレス入り[3]"バスター" ギロチン・ゴードン"Buster" Guillotine Gordon)をリングネームに、1964年にはヨーロッパリング禍を起こし対戦相手を死亡させ、欧州マットを追放されたという[3]

1960年代半ばからはカナダモントリオールアメリカ南部NWAジョージア地区など激戦区を転戦。大型ヒールとして頭角を現し、1967年下期よりニューヨークWWWFに登場。クレージー・ルーク・グラハムバロン・シクルナと組み、ブルーノ・サンマルチノエドワード・カーペンティアヘイスタック・カルホーンスパイロス・アリオンなどベビーフェイスのスター選手と対戦した[4][5][6]

1972年からはイーヴィル・アイ・ゴードンEvil Eye Gordon)と名乗ってNWAミッドアトランティック地区の前座試合に出場し、ネルソン・ロイヤルロニー・ガービンジム・ディロンルーク・ブラウンなどと対戦[7]1973年にはジョージア地区でアーニー・ラッドカウボーイ・ボブ・エリスとも対戦したが[8]、以降1974年から1979年にかけて、しばらくリングを離れていた[1]

1980年マフィアギミックエンフォーサー・ルシアーノEnforcer Luciano)に変身してミッドアトランティック地区に復帰[1]スキンヘッドソフト帽を被り、右眼には黒いアイパッチという殺し屋スタイルとなり、ブラックジャック・マリガンと「カウボーイ対マフィア」の抗争を展開、"Detroit Street Brawl Match" なるストリート・ファイト・デスマッチでも雌雄を決した[9][10]。ミッドアトランティックではマスクド・スーパースターレイ・スティーブンスグレッグ・バレンタインらヒール勢と共闘し、アンドレ・ザ・ジャイアントリック・フレアーとも対戦している[11]

この変身については、マット界から姿を消していた際、彼は実際にマフィア組織のエンフォーサー(取り立て屋)を仕事にしており、そのときのトラブルがもとで右眼を失明したとされている[12]

1980年下期からはロサンゼルスNWAハリウッド・レスリングを主戦場に、ミル・マスカラスドス・カラスマンド・ゲレロアル・マドリルフランク・ヒルトム・プリチャードらと対戦[13]オックス・ベーカーとも大型タッグチームを結成し、同地区認定のタッグ王座を再三獲得した[14][15]。ロサンゼルスでは、プロフェッサー・イトーこと上田馬之助が彼らのマネージャー役を務めていたこともある[16]

1981年1月、ジ・エンフォーサーThe Enforcer)の名義で新日本プロレスに初来日。2月9日に秋田坂口征二の北米ヘビー級王座に挑戦した[17]。同年7月には外国人エースとして国際プロレスの最終シリーズに参戦し、8月6日に北海道室蘭にてラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座金網デスマッチで挑戦[18]。同王座への最後のチャレンジャーおよび木村の金網デスマッチにおける最後の対戦相手となった[19]。同シリーズには夫人のバニー・キャロルをマネージャーとして帯同しており、これが日本マットにおける初の女性マネージャーの登場とされている[12]

得意技編集

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ a b c Enforcer Luciano”. Wrestlingdata.com. 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ Buster Guillontine Gordon”. Online World of Wrestling. 2009年11月19日閲覧。
  3. ^ a b c 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P54(2002年、日本スポーツ出版社
  4. ^ WWE Yearly Results 1967”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1968”. The History of WWE. 2010年4月12日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1969”. The History of WWE. 2014年3月10日閲覧。
  7. ^ The WCW matches fought by Enforcer Luciano in 1972”. Wrestlingdata.com. 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ The ASWA matches fought by Enforcer Luciano in 1973”. Wrestlingdata.com. 2015年11月7日閲覧。
  9. ^ Blackjack Mulligan Match Results”. Mid-Atlantic Gateway. 2009年11月19日閲覧。
  10. ^ Blackjack Mulligan vs. Enforcer Luciano”. Wrestlingdata.com. 2014年3月10日閲覧。
  11. ^ The WCW matches fought by Enforcer Luciano in 1980”. Wrestlingdata.com. 2015年11月7日閲覧。
  12. ^ a b DVD『国際プロレス クロニクル 下巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '81 ビッグ・サマー・シリーズ(2011年、クエスト)
  13. ^ The Los Angeles matches fought by Enforcer Luciano in 1980”. Wrestlingdata.com. 2014年3月10日閲覧。
  14. ^ a b NWA Americas Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  15. ^ a b NWA World Tag Team Title [Los Angeles]”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月12日閲覧。
  16. ^ 『別冊ゴング 1980年11月号』P132-134(1980年、日本スポーツ出版社)
  17. ^ NJPW New Year Golden Series 1981 - Tag 26”. Cagematch.net. 2015年11月7日閲覧。
  18. ^ IWE 1981 Big Summer Series”. Puroresu.com. 2015年11月7日閲覧。
  19. ^ 『忘れじの国際プロレス』P102(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 4583620802

外部リンク編集