ジークフリート・ストール

ジークフリート・ストール(Siegfried Stohr, 1952年10月10日 - )は、イタリアリミニ出身の元レーシングドライバー。日本語メディアでの姓の表記は「ストール」が多いが、ドイツ系の姓で(父がドイツ人)、発音は「シュトーア」。1978年のイタリアF3チャンピオン。精神分析医の資格を持つ。

ジークフリート・ストール
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・リミニ
生年月日 (1952-10-10) 1952年10月10日(69歳)
F1での経歴
活動時期 1981
所属チーム '81 アロウズ
出走回数 13 (9スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1981年アメリカ西GP
最終戦 1981年イタリアGP
テンプレートを表示

経歴編集

1978年にイタリアF3のチャンピオンを獲得後、トールマンF2で活躍する。その後、スポンサー持込でアロウズからF1デビューを果たす。

開幕戦は予選落ちを喫したため第2戦からのデビューとなったが、第3戦アルゼンチンGPでは9位に入ったものの、完走はこのレースを含む3戦にとどまっている。特に予選では、チームメイトのリカルド・パトレーゼに対し、10番程度後方の成績しか残せず、また全戦で決勝に出場していたパトレーゼに対して、ストールは開幕戦を含む4度にわたって予選落ちを喫するなど、大きく見劣りする結果となった(パトレーゼは第2戦・第4戦では表彰台にも上っている)。

第5戦のベルギーGPではスタート時にエンジンストールを起こしたパトレーゼのマシンに追突し、パトレーゼのマシンの作業に当たっていたメカニック2人を挟む事故を起こしている。

その後、第12戦オランダGPではポイント獲得寸前の7位に入ったが、続く地元イタリアGPで4度目の予選落ちを喫すると、レースシートをジャック・ヴィルヌーヴSr.に交代させられ、F1界から姿を消した(交代したヴィルヌーヴSr.も全戦で予選落ちを喫している)。

現在はレーシングスクールを経営している。

レース戦績編集

ヨーロッパ・フォーミュラ2選手権編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1979年 トリヴェラート・レーシング SIL
Ret
HOC
9
THR
Ret
NÜR
4
VLL
2
MUG
11
PAU
2
HOC
Ret
ZAN
7
PER
Ret
MIS
5
DON
Ret
8位 17
1980年 Docking Spitzley Ltd THR HOC NÜR
4
VLL
5
PAU
2
SIL
18
ZOL
3
MUG
6
ZAN
Ret
PER
1
MIS
13
HOC
3
4位 29

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 WDC ポイント
1981年 アロウズ A3 USW
DNQ
BRA
Ret
ARG
9
SMR
DNQ
BEL
Ret
MON
Ret
ESP
Ret
FRA
DNQ
GBR
Ret
GER
12
AUT
Ret
NED
7
ITA
DNQ
CAN CPL NC
(24位)
0

(key)