ジーン・アレン (Gene Allen) として知られるユージン・アレン(Eugene Allen、1918年6月17日 - 2015年10月7日)は、アメリカ合衆国の映画の美術監督。最初に就いた仕事はスケッチ画家だったが、それをレイオフ(一時的な解雇)された後、父と同じようにロサンゼルス市警察の警察官になった。第二次世界大戦中はアメリカ海軍で兵役に就き、除隊後に美術学校で学んでキャリアを拓いた。1965年第37回アカデミー賞では、『マイ・フェア・レディ』の美術監督としてアカデミー美術賞を受賞したが[2]、それ以前にも、1955年第27回アカデミー賞では『スタア誕生』、1958年第30回アカデミー賞では『魅惑の巴里』と、それぞれ美術責任者のひとりとして関わった作品がアカデミー賞にノミネートされていた[3]、アレンは、1983年から1985年まで、映画芸術科学アカデミーの会長を務め、1997年には、美術監督組合から特別功労賞 (Special Achievement Award) を授与された。

ジーン・アレン
Gene Allen
生誕 (1918-06-17) 1918年6月17日[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
死没 2015年10月7日(2015-10-07)
別名 Eugene Allen
職業 美術監督
活動期間 1938年 - 1975年

脚注編集

外部リンク編集

非営利団体
先代:
フェイ・カニン英語版
映画芸術科学アカデミー会長
1983-1985
次代:
ロバート・ワイズ