メインメニューを開く

スイング・シフト』(原題:Swing Shift)は、1984年制作のアメリカ合衆国ロマンティック・コメディ映画ジョナサン・デミ監督。日本では劇場未公開。ゴールディ・ホーンカート・ラッセルはこの共演で知り合い、交際をスタートした。

スイング・シフト
Swing Shift
監督 ジョナサン・デミ
脚本 ロブ・モートン
ボー・ゴールドマン
(クレジットなし)
ロン・ナイスワーナー
(クレジットなし)
製作 ジェリー・ビック
製作総指揮 アレックス・ウィニツキー
アーリン・セラーズ
出演者 ゴールディ・ホーン
カート・ラッセル
音楽 パトリック・ウィリアムズ
撮影 タク・フジモト
編集 クレイグ・マッケイ
製作会社 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年4月13日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $6,650,206[1]
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

1941年太平洋戦争が勃発した頃、カリフォルニアに暮らすケイは海軍軍人の夫ジャックの出征を見送り、自分は夕方から深夜までの時間帯(スイング・シフト)に軍用機を造る工場で働くことになった。やがてケイは労働意欲に目覚め、同僚のヘイゼルらと共に、職場内の女性の権利獲得のための運動を始める。

そんなある夜、ケイはジャズ・バーでトランペットを吹くラッキーという若い男と知り合う。寂しい毎日を送る彼女は人妻の身でありながら、ラッキーに誘われるままにデートし、やがてお互いを愛し合うようになってしまう。

そしてある日、ケイとヘイゼルがラッキーの誕生日を祝っているさ中、ジャックが突然の休暇で帰宅、その場面に遭遇してしまい…。

キャスト編集

受賞編集

脚注編集

外部リンク編集