メインメニューを開く

スイートポテトスウィートポテト(sweet potato)とは、本来は英語サツマイモのこと。

日本ではサツマイモを用いた日本の洋菓子を指すことが多い。裏ごししたサツマイモに砂糖牛乳、無塩バター、好みで香料バニラシナモン)・洋酒などを混ぜ、小さなアルミホイル皿の上に楕円形に整形して乗せたり、星形の搾り袋で押し出した後、焦げ目を付けるため表面に卵黄を塗り、オーブンで焼いて作る。

洋菓子スイートポテト

目次

歴史編集

サツマイモを洋菓子の主材料とするのは明治時代に始まったものである。元々、サツマイモに鶏卵と砂糖をまぜて、サツマイモの皮に盛って料理としていたものが、1887年(明治20年)に小さく作り、表面に卵黄を塗って焼いて菓子に変えられた[1]

派生編集

ムラサキイモジャガイモを原料に使った物、皮を利用した土台、カスタードクリームを下段にした物も存在する。

脚注・出典編集

  1. ^ 歴史、起源についての節の出典:NHK総合 『月刊やさい通信』 2012年9月30日放送、日本洋菓子協会編, 『日本洋菓子史』, 1960年
[ヘルプ]

外部リンク編集