スウィングファイア (ミサイル)

スウィングファイア:Swingfire)は、1960年代に開発され、1966年 - 1993年まで運用されたイギリス製の第1世代有線誘導対戦車ミサイルである。誘導方式はMCLOS(後にSACLOSに改修されている)。

スウィングファイア
Swingfire launch from Striker.jpg
FV102 ストライカーに搭載されたスウィングファイア
種類 対戦車ミサイル
原開発国 イギリス
開発史
値段 £7,600(1984年[1]
製造期間 1966年 - 1993年
製造数 46,650発[2]
諸元

発射
プラットフォーム
車両
テンプレートを表示

概要編集

スウィングファイアは、フェアリー・アビエーション社とブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーションによって開発された。両社はスウィングファイアのプロトタイプであるオレンジウィリアム対戦車ミサイルを開発している。

このスウィングファイアの名称は、射撃後に照準器が指示する方向へ90°の方向転換が可能であることから名づけられている。これにより、射撃・操作手が発射母機から離れた、より有利な位置に潜伏して誘導できるため、操作手の生存性を向上させている。

このほか、FV438 スウィングファイアFV102 ストライカーなどの装甲車に搭載して発射することができる。また、発射母機によって違った名称で生産されているので、以下に記述する。

戦歴編集

湾岸戦争イラク戦争で活躍している。

イギリス陸軍での運用停止編集

長い審議の末、2005年中ごろにスウィングファイアは、FGM-148 ジャベリンに代替されることが決定した。

仕様編集

  • 直径:170mm
  • 翼長:0.39m
  • 全長:1.07m
  • 重量:27kg
  • 弾頭:7kg HEAT
  • 射程:150 - 4,000m
  • 速度:185m/s
  • 誘導方式:有線誘導。初期型はMCLOS、後期型はSACLOS。後者はSWIG(Swingfire With Improved Guidance)とも呼ばれている。
  • 飛翔制御:スラスト・ベクター・コントロール(TVC)
  • 貫徹能力:800mm RHA
  • 単価:7,500 ポンド

運用国編集

現在編集

  エジプト
エジプト陸軍[3]
  スーダン
スーダン陸軍[4]
  ナイジェリア
ナイジェリア陸軍[5]

過去編集

  イギリス
イギリス陸軍
  イラン
イラン陸軍[6]
  ポルトガル
ポルトガル陸軍

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Weapons and Equipment (Costs)”. millbanksystems. millbanksystems. 2016年6月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月21日閲覧。
  2. ^ Swingfire”. www.forecastinternational.com. 2008年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月28日閲覧。
  3. ^ John Pike. “Army”. Globalsecurity.org. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  4. ^ Sudan, Civil War since 1955”. Acig.org. 2009年3月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  5. ^ Nigeria Armee nigeriane forces terrestres equipements vehicules blindes militaires information descr - Nigeria - Africa - world army military military land forces”. Armyrecognition.com. 2015年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月19日閲覧。
  6. ^ Zarzecki, Thomas W. (2002). Arms Diffusion: The Spread of Military Innovations in the International System. ISBN 9780415935142. https://books.google.com/books?id=fhnixhMQqW8C&q=ENTAC+iran&pg=PA250 

関連項目編集