スウィントン伯爵

スウィントン伯爵 (スウィントンはくしゃく) は英国伯爵貴族連合王国貴族爵位。保守党の政治家フィリップ・カンリフ=リスター英語版が1955年に叙位されたことに始まる。

スウィントン伯爵
Coronet of a British Earl.svg
Arms of the Earl of Swinton

紋章記述

Arms: Quarterly: 1st & 4th, Ermine, on a Fess Sable, three Mullets Or, and for distinction a Cross-Crosslet Sable (Lister); 2nd, Sable, three Conies courant Argent, and for distinction a Cross-Crosslet Argent (Cunliffe); 3rd, Or, two Chevronels Sable, on a Chief Sable, three Escallops Or (Graeme). Crests: Centre: a Stag’s Head proper, erased Or, attired Sable, charged on the neck, for distinction, with a Cross-Crosslet Sable (Lister). Dexter: a Greyhound sejant Argent, collared with a ring attached Sable, charged on the shoulder, for distinction, with a Cross-Crosslet Sable (Cunliffe). Sinister: on a Mount Vert, a Pair of Wings addorsed Or semée of Escallops Sable (Graeme). Supporters: On either side a Stag proper, collared with a Chain Or, suspended therefrom to the dexter a Rose Argent, and to the sinister an Escallop Argent.
創設時期1955年5月5日
創設者エリザベス2世
貴族連合王国貴族
初代初代伯フィリップ・カンリフ=リスター英語版
現所有者4代伯マーク・ウィリアム・フィリップ・カンリフ=リスター
相続人ウィリアム・エドワード・カンリフ=リスター
相続資格初代伯の嫡出直系男子
付随称号スウィントン子爵
マサム男爵
現況存続
邸宅ダイクスヒル・ハウス
旧邸宅スウィントン・パーク英語版
モットー1st: RETINENS VESTIGIA FAMÆ (Maintaining the tradition of fame) (Lister);2nd: FIDELITER (Faithfully) (Cunliffe);3rd: C’EST LA VIRTU SEUL QUI DONNE LA NOBLESSE (Virtue alone confers nobility) (Graeme).

歴史編集

 
初代伯フィリップ・カンリフ=リスター

保守党の政治家で航空相や植民地相を歴任した。
 
伯爵家の旧邸宅スウィントン・パーク英語版

フィリップ・ロイド=グレアム英語版(1884 - 1972)は保守党の政治家で、植民地大臣や航空大臣、ランカスター公領担当大臣などの閣僚職を歴任した人物である[1][2]。彼は1935年にヨーク州マサムのスウィントン子爵 (Viscount Swinton, of Masham in the County of York)に叙されたのち[1][2][3]、公職引退後の1955年にスウィントン伯爵(Earl of Swinton)およびヨーク州エリントンのマサム男爵(Baron Masham, of Ellington in the County of York)を授けられた[1][2][4]。なお、初代伯は結婚に伴う所領相続を機に、妻メアリーの実家の姓『カンリフ=リスター(Cunliffe-Lister)』に改姓している[1]

初代伯の息子ジョン(1913-1943)第二次世界大戦で戦死していたため、孫デイヴィッドが伯爵位を継承した[2]

2代伯デイヴィッド(1937-2006)国王親衛隊長を務めた貴族院議員だった[5][6]。彼には子がおらず、爵位は弟ニコラス(1939-2021)が相続した[2]

ニコラスの息子マーク(1970-)がスウィントン伯爵家現当主である。


一族の邸宅はノース・ヨークシャーマサム英語版近郊のダイクスヒル・ハウス(Dykes Hill House)。かつての邸宅には、同地に位置するスウィントン・パーク英語版があった。

現当主の保有爵位編集

現当主である第4代スウィントン伯爵マーク・ウィリアム・フィリップ・カンリフ=リスターは以下の爵位を有する[2]

  • 第4代スウィントン伯爵(3rd Earl of Swinton)
    (1955年5月5日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第4代ヨーク州マサムのスウィントン子爵(3rd Viscount Swinton of Masham in the County of York)
    (1935年11月29日の勅許状による連合王国貴族爵位)
  • 第4代ヨーク州エリントンのマサム男爵(3rd Baron Masham of Ellington in the County of York)
    (1955年5月5日の勅許状による連合王国貴族爵位)

スウィントン伯爵(1955年)編集

爵位の法定推定相続人は、現当主の子であるマサム男爵(儀礼称号)ウィリアム・エドワード・カンリフ=リスター (2004 -)。

脚注編集

  1. ^ a b c d Robbins, Keith. "Lister, Philip Cunliffe- [formerly Philip Lloyd-Greame], first earl of Swinton". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/30990 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ a b c d e f Swinton, Earl of (UK, 1955)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年9月4日閲覧。
  3. ^ "No. 34226". The London Gazette (英語). 3 December 1935. p. 7659. 2020年9月4日閲覧
  4. ^ "No. 40470". The London Gazette (英語). 6 May 1955. p. 2619. 2020年9月4日閲覧
  5. ^ "No. 49160". The London Gazette (英語). 5 November 1982. p. 14465.
  6. ^ "No. 50657". The London Gazette (英語). 16 September 1986. p. 12023.

関連項目編集