メインメニューを開く

ストーリー編集

テレビ取材班5人がフレスコ画家、間宮一郎の作品が遺されている誰一人住んでいない屋敷に入り込み、壁画のほこりを除去するなど修復した彼らは壁面から連作と思われるフレスコ画を発見し、間宮一郎がその壁画を描いたその経緯を突き止めようとする。着々と取材を進める一行だが、次々と怪奇現象が起こり、やむなくプロデューサーの和夫とディレクターの秋子は取材を断念し、引き上げる準備を始める。しかしその最中、カメラマンの田口とレポーターのアスカが怪奇現象によって命を落としてしまう。そこへ一行が屋敷に入り込んできたことを知った山村と名乗る老人が現れ、供養塔を壊したのはお前たちかと和夫達を問い詰めてきた。この館ではかつて、間宮一郎の妻が誤って我が子を死なせてしまい、そのショックから精神に異常をきたして子供たちを次々に攫っては殺害するという事件を起こした末に自らの命を絶つという凄惨な事件が起きていた。その事件の犠牲者や間宮夫人らの霊を鎮めるために供養塔が作られていたのだが、屋敷に入る時に田口が供養塔を壊したことにより間宮夫人の霊が目を覚まし、悪霊となって蘇ってしまったのだという。やがて間宮夫人の魔の手は生き残った和夫達にも迫り、和夫の娘・エミが夫人の霊に攫われてしまった。和夫と秋子は山村老人の助力を得てエミの救出に向かう。

間宮夫人が潜む部屋の奥へ単身入り込んだ山村老人はエミを救い出すことに成功するが、間宮夫人の操る超高熱の影に侵され、3人の眼前で跡形もなく溶解して死亡してしまう。間宮夫人の魔の手は容赦なく襲い掛かり、屋敷からの脱出寸前に再びエミが捕らわれ、和夫は秋子に戻らなかったら逃げろと言い残して単身、屋敷に引き返していってしまう。独り残され途方にくれていた秋子は、エミを救い出すべく気力を振り絞って立ち上がる。独身であった秋子は、子を亡くした苦悩を抱える母親である間宮夫人の強力な力に対抗するべく、子を持つ母親の気持ちを理解するためにエミの母親の形見の服を身につけ、間宮夫人子供の遺体が入った棺を手に、単身間宮夫人が潜む屋敷の地下へと向かう。そして間宮夫人の魔力を切り抜けた末、悲劇の発端となった地下焼却炉の中にエミが捕らわれているのを見つけ、山村老人の教えてくれた「心の力」を思い出し間宮夫人が見せ付ける燃え盛る炎の幻影を乗り越えて見事にエミを救い出した。

喜びもつかの間、二人の前についに間宮夫人の悪霊が姿を現し、醜悪な異形の姿に変貌して襲い掛かってきた。容赦ない攻撃に秋子が倒れ絶体絶命に追い込まれた時、秋子が持ってきた棺を見て何をなすべきかに気づいたエミは、棺に納められていた間宮夫人の子供の遺体を取り出して、間宮夫人に差し出した。その途端に間宮夫人は大人しくなり、亡くした我が子をその手に取り戻した喜びと共に全ての苦しみから解き放たれ、昇天していくのだった。

全てが終わり、ようやく脱出を果たしながらも和夫を失った悲しみに暮れていた二人の前に、消息を絶ったと思われた和夫が姿を現した。山村老人が託してくれたお守りの力により悪霊から守られ、命からがら逃げてきたのであった。

再会を喜び一行が屋敷を後にした後、長きに渡る怨念と呪縛から解き放たれたかのように、間宮邸が独りでに崩壊していくのだった。

登場人物編集

テレビ取材班編集

早川秋子(はやかわ あきこ):宮本信子
本作の主人公。テレビ番組のディレクター。きびきびとしたしっかり者のキャリアウーマンで独身。星野和夫と付き合っており愛し合っているが、彼の優柔不断な面に不満も持っている。和夫の娘のエミをわが子のように可愛がっている。子供を失った反動で母親を亡くしたエミをさらった間宮夫人からエミを救うべく立ち向かう。
星野和夫(ほしの かずお):山城新伍
プロデューサー。エミの父。陽気で明るい人物だが反面、優柔不断な面がある(エミ曰く、「気が弱い。すぐ相手に調子合わせる」)。秋子を愛しているが、なかなか結婚を言い出せないでいる
星野エミ(ほしの エミ):NOKKO
和夫の娘。明るく活発な少女だが内心には幼い頃に亡くした母への思慕の念を抱いており、姉のように慕う秋子に母になって欲しいと願っている。夏休みであるため父に勉強を兼ねて同行している。
母を亡くすという生い立ちゆえに、我が子を亡くして苦しむ間宮夫人の悪霊と引き付けあいさらわれてしまう。
母親の服を形見として持ち歩いており、このことが後に秋子の力の源となる。
田口 亮(たぐち りょう):古舘伊知郎
カメラマン。カメラマンとしては優秀だが浅慮で無神経な一面のあるトラブルメーカー。発電機室に入る為に供養塔を壊してしまい、クルーに悲劇をもたらした張本人。
『影』に捕まって下半身を溶かされ半狂乱状態でアスカにすがるが、錯乱したアスカにスパナで殴られて死亡する。
アスカ:黒田福美
番組のレポーター。神秘的な雰囲気を持つ若い女性。芸術に造詣があるらしく、間宮邸の壁に描かれたフレスコ画の修復作業も担当する。
霊感が強く間宮邸の怪異に真っ先に反応し、何者かに取り憑かれたかのように奇行を見せるようになる。
影に下半身を溶かされて半狂乱状態ですがりついてきた田口をパニックの末に撲殺した直後、田口が勝手に持ち出して壁に立てかけていたために倒れてきた巨大な斧に頭を直撃され即死。更に死体を間宮夫人の影の超高熱で跡形もなく溶かされ無残な姿で発見された。

間宮家に関わる人物編集

山村健一(やまむら けんいち):伊丹十三[1]
間宮邸から一番近いガソリンスタンドの主人。気骨のある老人で間宮家の過去の悲劇を知る人物だが、その素性は謎。「心の力」と称する不思議な力を操ることができ、エミを失って途方にくれる和夫たちを叱咤しつつ導く。影に囚われたエミを救出した後に全身を溶かされ死亡。
間宮一郎(まみや いちろう)
フレスコ画家で間宮邸の主。故人。生前に間宮家の日々を描いた巨大なフレスコ画を残している。
間宮夫人(まみや ふじん):渡辺まち子
間宮一郎の妻。過去に子供を不慮の事故で亡くしたために精神を病み、付近の家の子供をさらって焼き殺すという凶行を繰り返した末、自ら焼却炉に身を投げて命を絶った。
供養塔によって魂を鎮められていたが、田口が供養塔をうっかり壊してしまったのが原因で憎悪の念と共に悪霊と化し一行に襲い掛かる。本体は屋敷の地下に潜み、影を自在に操って影に接触したものを超高熱で焼き殺すという凶行を繰り返す。
母親を亡くすという、自分とは逆の境遇に置かれたエミと惹きつけ合い、彼女を自分の子供にしようと目論む。

役場編集

若い上役:益岡徹
中年の役人:三谷昇
間宮邸の鍵を預かる役場の職員。間宮邸に怪異が現れるらしいことを知りながらもテレビ取材班一行に鍵を渡してしまう。

スタッフ編集

映像ソフト編集

  • 『スウィートホームへ連れてって!』 (1989年6月1日発売、メイキングビデオ、東宝)
  • 『スウィートホーム』(1989年9月1日発売、ビデオ東宝
  • 『スウィートホーム』(1989年11月21日発売、レーザーディスク東宝

オリジナルサウンドトラック編集

音楽:松浦雅也

訴訟問題編集

映画公開後、東宝よりレンタルビデオ用のビデオカセット及びLDが発売されたが、このビデオを巡って監督の黒沢が伊丹プロと東宝を提訴した。ビデオ販売にともなう監督への追加報酬が合意されたか否か、ビデオ化およびテレビ放映に際してなされた編集が監督の著作者人格権を侵害しないか否かなどが争点となったが、黒沢の敗訴が確定している[2][3]

判決自体は伊丹プロらのビデオ化を是認するものであったが、裁判沙汰の影響もあってか、現在本作品のビデオは絶版、DVD化もされていない。

他媒体への展開編集

ゲーム
スウィートホーム(ゲーム)』を参照のこと。
漫画
御茶漬海苔著『惨劇館7』朝日ソノラマ(原著1990年11月1日)。ISBN 4257983639に収録。
タイトルは『御茶漬版スウィートホーム』。間宮家の30年前の惨事を漫画にしており、32Pで端的にまとめられている。若き日の山村が間宮家の召使として描かれている。ラストのコマでは和夫一行が描かれ、ここから映画につながる。
ゲームブック
尾崎克之、レッカ社『スウィートホーム 魔性の棲む館(双葉文庫 ファミコン冒険ゲームブックシリーズ)』双葉社(原著1989年12月1日)。ISBN 4575761303
双葉社のファミコン冒険ゲームブックシリーズとして発売。映画作中においても和夫が『ソーサリーシリーズ』と思われるゲームブックを読んでいるシーンがある。
サウンドトラック
映画版とゲーム版の2種類が存在する。映画版はPSY'sの松浦雅也が担当。
ゲーム版はファミコンの音源をCD化したものではないが、エンディング曲が完全に収録されているなどの要素がある。ゲーム版サントラは、カプコンサウンドチーム(当時は)「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」が担当。(サイトロン1500シリーズのサウンドトラックとしてポニーキャニオンより1989年に発売)
ゲーム攻略本
ファイティングスタジオ『スウィートホーム必勝攻略本(ファミリーコンピューター完璧攻略シリーズ(82))』双葉社(原著1990年1月12日)。ISBN 4575151548

脚注編集

外部リンク編集