スウィート・ノベンバー

スウィート・ノベンバー』(Sweet November)は、2001年アメリカ合衆国恋愛映画。監督はパット・オコナー英語版、出演はキアヌ・リーブスシャーリーズ・セロンなど。 1968年のアメリカ映画『今宵かぎりの恋英語版[注 1]』をリメイクした作品。その年のゴールデンラズベリー賞の、「最低リメイク及び続編賞」「最低男優賞(キアヌ・リーブス)」「最低女優賞(シャーリーズ・セロン)」にノミネートされた。

スウィート・ノベンバー
Sweet November
監督 パット・オコナー英語版
脚本 カート・ヴォルカー
原案 ポール・ユーリック
カート・ヴォルカー
原作 ハーマン・ローチャー英語版
今宵かぎりの恋英語版
製作 エリオット・カストナー
スティーヴン・ルーサー
デボラ・ストフ
アーウィン・ストフ
製作総指揮 ウェンディ・ワンダーマン
出演者 キアヌ・リーブス
シャーリーズ・セロン
音楽 クリストファー・ヤング
主題歌 エンヤ「Only Time」
撮影 エドワード・ラックマン
編集 アン・V・コーツ
製作会社 スリー・アーツ・エンタテインメント
ベル・エア・エンタテインメント
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年2月16日
日本の旗 2001年10月27日
上映時間 120分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $65,754,228[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $25,288,103[2]
日本の旗 13億6000万円[3]
テンプレートを表示

キャッチ・コピーは『11月は「運命の恋」の月。』。

ストーリー編集

エリート広告マンのネルソンは、昼夜を問わず仕事に明け暮れる孤独な男性。そんなある日、彼は自動車免許更新の為に訪れた運転試験場で、サラと名乗る美しい女性と出会う。答えを教えてくれといって試験官に間違われ、彼女は30日後に再試験となる。彼の家に押し掛け、1ヶ月車に乗せろと要求。「11月中の一ヶ月間、自分の恋人になっていい」という驚きの提案を持ちかける。しかもそれには「期間中は一緒に住むこと」「期間中は一切仕事をしてはいけないこと」という条件がついていた。このサラの勝手な提案に、当初ネルソンは憤慨するのだが、ホットドッグの宣伝に失敗してキレ、クビになる。親に会ってくれないと嘆いていた恋人が去って行き、彼女の事が気になり、まもなく承諾する。こうして恋人同士になった二人は、次第に惹かれあっていく。ネルソンは「広告界の神」からの好条件の仕事を人間性が悪いと断る。「結婚してくれ」というが拒否され、大量の薬を見てしまう。実はサラは癌に冒され余命わずかであり、「違う人生をステキに送る」といって家族とも別れていた。病院も拒否。彼女が1ヶ月ごとに恋人を変えるのは幻想の世界に生きるためだったのだ。病状が悪化する中、衰えた姿を見せたくないサラはネルソンに別れを告げるが、それでもネルソンはサラを最期まで面倒を見たいと言う。初めて恋に落ち、一度はネルソンの想いを受け入れたサラだったが、自分の強く美しい姿だけを覚えていて欲しいと告げてネルソンの前から姿を消す。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

その他の日本語吹替
坂口賢一林一夫竹村叔子石川悦子幸田夏穂阿部桐子片桐健太込山順子西凛太朗石住昭彦

作品の評価編集

映画批評家によるレビュー編集

Rotten Tomatoesによれば、「感傷的な駄作で作為的な『スウィート・ノベンバー』の欠点は、非現実的なプロットと主演2人の相性の悪さである。」であり、98件の評論のうち高評価は15%にあたる15件で、平均点は10点満点中3.59点となっている[4]Metacriticによれば、30件の評論のうち、高評価は3件、賛否混在は9件、低評価は18件で、平均点は100点満点中27点となっている[5]

受賞歴編集

部門 対象 結果
第22回ゴールデンラズベリー賞 最低主演男優賞 キアヌ・リーブス
※『陽だまりのグラウンド』 と合わせて
ノミネート
最低主演女優賞 シャーリーズ・セロン
最低リメイク・続編賞

注釈編集

  1. ^ いわゆるスプラッシュとして主に地方だけで併映された映画だった。

出典編集

  1. ^ Sweet November (2001) - Financial Information” (英語). The Numbers. 2020年10月24日閲覧。
  2. ^ a b Sweet November” (英語). Box Office Mojo. 2011年3月23日閲覧。
  3. ^ 2001年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  4. ^ Sweet November (2001)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年10月24日閲覧。
  5. ^ Sweet November Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月24日閲覧。

外部リンク編集