メインメニューを開く

スオムッサルミ

スオムッサルミ (スオムスサルミ、Suomussalmi) はフィンランドカイヌー県にある自治体。ケヒュス=カイヌー郡に属する。人口9,140人 (2011年1月31日現在)でその内男性が4,675人、女性が4,465人である。総面積5,857.59 km²はフィンランドの自治体で第9位、全面積のうち10%近くが水域である。フィンランド語のみを公用語としている。

スオムッサルミ
Suomussalmen kunta(スオミ語)
スオムッサルミの市章
自治体章
位置
スオムッサルミの位置の位置図
スオムッサルミの位置
座標 : 北緯64度53分 東経28度55分 / 北緯64.883度 東経28.917度 / 64.883; 28.917
歴史
憲章 1867年
行政
 フィンランド
 県 カイヌー県
 郡 ケヒュス=カイヌー郡
 自治体 スオムッサルミ
首長 Timo A. Säkkinen
地理
面積  
  自治体域 5,857.59[1] km2 (2,261.6 mi2)
    陸上   5,270.56 km2 (2,035 mi2)
    水面   587.03 km2 (226.7 mi2)
人口
人口 (2011年現在)
  自治体域 9,140[2]
    人口密度   1.73人/km2(4.5人/mi2
  備考 フィンランド第118位
その他
等時帯 EET (UTC+2)
夏時間 EEST (UTC+3)
公式ウェブサイト : www.suomussalmi.fi

トナカイの生息地としては最南端である。

1939年から1940年の冬戦争の間、この地域の周辺地域が戦場となり、フィンランドを中央で分断しようと進撃したソ連軍との間で多くの戦闘があった。スオムッサルミの戦いラーッテ林道の戦いは有名である。この戦いでフィンランド軍は少数であったものの、戦争終結までソ連軍と戦い続けた。

姉妹都市編集

スオムッサルミ出身の人物編集

脚注編集