メインメニューを開く

スカイレールサービス株式会社は、広島県広島市安芸区の住宅団地スカイレールタウンみどり坂」への交通機関として短距離交通システム「スカイレール」によるモノレール路線「広島短距離交通瀬野線(スカイレールみどり坂線)」を運営している企業である。本社みどり口駅構内に所在する。

スカイレールサービス株式会社
Sky Rail Service Co.,Ltd.
スカイレールタウンみどり口駅01.JPG
みどり口駅(本社所在地)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
739-0311
広島県広島市安芸区瀬野1丁目41番21号
北緯34度25分20.01秒 東経132度35分46.51秒 / 北緯34.4222250度 東経132.5962528度 / 34.4222250; 132.5962528座標: 北緯34度25分20.01秒 東経132度35分46.51秒 / 北緯34.4222250度 東経132.5962528度 / 34.4222250; 132.5962528
設立 1994年4月1日
業種 陸運業
法人番号 1240001005163
事業内容 旅客鉄道事業
代表者 代表取締役社長 中谷 元[1]
資本金 20,000千円[1][2]
売上高 1億8874万9000円
(2017年3月期[3]
営業利益 △78万4000円
(2017年3月期[3]
純利益 △2億1514万5000円
(2017年3月期[3]
純資産 △1億8747万6000円
(2017年3月31日現在[3]
総資産 1億3854万円
(2017年3月31日現在[3]
決算期 3月31日
主要株主 積水ハウス株式会社 60%[2]
株式会社青木あすなろ建設 15%[2]
三菱重工業株式会社 10%[2]
株式会社神戸製鋼所 10%[2]
宏和興産株式会社 5%[2]
テンプレートを表示

住宅地「スカイレールタウンみどり坂」の開発を行う積水ハウス青木あすなろ建設(当時は青木建設)、およびスカイレールを開発した神戸製鋼所三菱重工業などの出資で1994年(平成6年)に設立された。

スカイレール編集

 
スカイレール車両

スカイレールとは、ロープウェイゴンドラのような形をした懸垂式モノレール車両を、駅間ではワイヤロープで、駅構内ではリニアモーターを用いて駆動する方式の交通システムで、懸垂式モノレールとロープウェイを組み合わせたようなものである。「ロープ駆動式短距離交通システム」、「ロープ駆動懸垂式短距離少量輸送軌道システム」とも呼ばれる。神戸製鋼所・三菱重工業などが共同で開発した。

車体の支持・案内を桁構造車輪で行っているため強風に強く[4]、ロープウェイやゴンドラリフトなどといった従来の急勾配向けの交通システムの弱点を克服している。

運行速度は18 km/h - 25 km/h。常用平均加速度2.5 km/h/s 、常用平均減速度3.5 km/h/sの性能を持ち、263 ‰(パーミル。約15度)の急勾配、半径30 mの急カーブにも対応できる走行性がある。 「スカイレールタウンみどり坂」のような丘陵地の上に造られた住宅地と最寄の駅を結ぶ短距離の交通機関などに向いている。

駅から発車する際は、リニアモーターで加速し始め、設定速度に達した瞬間にワイヤーロープを掴んで(握索)出発、停車の際は同じくワイヤーロープを放して(放索)リニアモーターで減速し、機械式保安ブレーキで停止するなど、世界的に例のない特徴的な動作をする[2]

みどり口駅の窓口にて、会社や路線、車両、システム等の解説が載っている公式パンフレット「新世紀に向けて いま発進! スカイレール みどり坂線」(全8ページ)を1,000円で販売している。

沿革編集

  • 1994年平成6年)4月1日 - スカイレールサービス設立。
  • 1997年(平成9年) - 工事用ゴンドラが暴走し駅舎に激突、作業員2名が死亡、7名が重軽傷を負う事故が発生。
  • 1998年(平成10年)
    • 8月28日 - 広島短距離交通瀬野線 みどり口 - みどり中央間が全線開業。
    • 9月 - 自社のICカードによる定期券「スカイレールICカード」を導入[5]。これは鉄軌道における日本初の非接触式ICカード乗車券(ソニーFeliCa採用)であった[6]。乗車券・回数券は磁気式のものが採用された。
  • 2013年(平成25年)1月14日 - 開業以来使用していた改札システムを一新。一般的な入退場管理システムをベースにした新改札システムでは、乗車券がQRコード認識方式の新券となった。また定期券と回数券が新ICカード「SKYRAIL PASS(スカイレールパス)」となり、JR西日本発行のICOCAと相互利用が可能になった[7][8]

路線編集

運行形態・運賃などは上記の項目を参照。

車両編集

第39回(1999年
ローレル賞受賞車両

カテゴリ / テンプレート

200形
車種としては2軸固定台車付客車。乗車定員25人、最大乗員37人、座席は8席ある。車体はアルミニウム合金製の溶接構造、車輪はウレタンゴム製、自重は2.5トン[2]。数々の新機能を取り入れたことが評価され、1999年鉄道友の会ローレル賞を受賞した。

脚注編集

  1. ^ a b 第24期決算公告、2018年(平成30年)6月18日付「官報」(号外第130号)84頁。
  2. ^ a b c d e f g h 「新世紀に向けて いま発進! スカイレール みどり坂線」スカイレールサービス株式会社
  3. ^ a b c d e 鉄道統計年報平成28年度版 - 国土交通省
  4. ^ 日本鉄道技術協会 『20年後の鉄道システム』 日本鉄道技術協会、2008年、142頁。
  5. ^ 交通系ICカードの普及と設備投資の状況について (PDF)国土交通省
  6. ^ スカイレールICカード (PDF) (国土交通省)
  7. ^ ICカードの導入状況(鉄道関係)〔5〕近畿圏・岡山・広島ほか (PDF) (国土交通省)
  8. ^ 第12回「日本鉄道賞」応募案件の概要 (PDF) (国土交通省)※pdfファイルの4ページ目に記述あり

外部リンク編集