メインメニューを開く

株式会社スガイディノス(SUGAI DINOS ,Inc.)は、北海道札幌市に本社を置き、ゲームセンター事業・ボウリング事業・シネマ事業を手がける日本の企業。

株式会社スガイディノス
SUGAI DINOS ,Inc.
NORBESA 01.jpg
本社が入居するノルベサ(2008年6月)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
060-0063
北海道札幌市中央区南3条西5丁目1-1 ノルベサ6階
設立 2018年12月19日
業種 サービス業
法人番号 1430001077968
事業内容 エンターテイメント事業の運営[1]
代表者 代表取締役会長CEO 小笠原一郎
代表取締役社長COO 三浦尚久[1]
資本金 1000万円[1]
発行済株式総数 200株[1]
決算期 11月30日[1]
主要株主 スガイディノスホールディングス(株) 100%[2]
外部リンク http://www.sugai-dinos.jp/
特記事項:2018年12月19日にSDエンターテイメント株式会社から会社分割。
テンプレートを表示
スガイディノスホールディングス株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
064-0811
北海道札幌市中央区南11条西7丁目3番地11[2]
設立 2018年11月22日[2]
法人番号 7430001077806
事業内容 持株会社の運営[2]
代表者 代表取締役 小笠原一郎[2]
資本金 1億7600万円[2]
主要株主 北海道SOキャピタル(株)または同社が運営管理する投資事業有限責任組合[2]
テンプレートを表示
スガイディノス札幌手稲
スガイディノス札幌手稲
スガイディノス旭川
スガイディノス旭川
スガイディノス帯広
スガイディノス帯広
ディノスパーク北見
ディノスパーク北見

概要編集

SDエンターテイメント株式会社は、須貝興行株式会社時代から映画館事業・ボウリング場事業・ゲームセンター事業を長年にわたって手がけてきた。しかし、SDエンターテイメントにおける事業は、北海道のみで手がけているエンターテイメント事業(映画館事業・ボウリング場事業・ゲームセンター事業)と全国展開しているフィットネスや保育などウェルネス(健康)関連事業に経営資源が分散されている状態であった他、エンターテイメント事業自体も不振の状態が続いていた。さらに、SDエンターテイメントの親会社であるRIZAPグループの2019年3月期における決算予想も、約70億円の最終赤字となる見通しとなった[1][3][4]

SDエンターテイメントは2018年11月13日に、エンターテイメント事業(映画館事業・ボウリング場事業・ゲームセンター事業)を手がける新会社として、同年12月19日に株式会社スガイディノスを設立することを発表。スガイディノスは同年12月19日付でSDエンターテイメントからエンターテイメント事業を新設分割で譲受した。本社はSDエンターテイメントと同じディノス札幌中央ビルに置かれる[1][3]。翌12月20日付でスガイディノス全株式はSDエンターテイメントから投資会社である北海道SOキャピタル株式会社が出資したスガイディノスホールディングス株式会社へ譲渡された[2]。これに伴い、SDエンターテイメントは、須貝興行時代から続けてきたゲームセンター事業・ボウリング場事業・映画館事業から撤退した。

スガイディノスは、ノルベサの5階にあるディノスパークノルベサを2019年2月17日に閉鎖した他、ディノス札幌中央ビル内にあるスガイディノス札幌中央(ディノスパーク札幌中央・ディノスボウル札幌中央・ディノスシネマズ札幌劇場)を同年6月2日に閉鎖するなどの事業再構築を図る[5][6]

スガイディノス札幌中央の閉鎖に先んじて、スガイディノスの本社も2019年3月にディノス札幌中央ビルからディノスボウルノルベサが入居しているノルベサ6階へ移転した。スガイディノスはスガイディノス札幌中央の閉鎖の理由として、ディノス札幌中央ビルの所有者であるタツミプランニングとの契約が満了を迎えること、ディノス札幌中央ビル自体が築51年と老朽化していたことなどを挙げている[7]。閉鎖前日である同年6月1日にはゲーセンミカドとのコラボ企画が行われた他[8]、閉鎖当日である同年6月2日には、札幌市出身の高橋名人も駆けつけ、23時の閉店と同時に、小笠原一郎会長、三浦尚久社長、高橋名人、来場者が「スガイ、ディノス!」の掛け声と同時にシャッターが閉まり、前身である札幌座時代から、同地における101年の歴史に幕を下ろした[9][10]

スガイディノス札幌中央の代替地については、2019年6月を目途に狸小路商店街などの代替地を探すとしている[11]

ポイントカードは、SDエンターテイメント運営時代から引き続き「SDバリューカード」が利用可能である。

フジサンケイグループ系列で通信販売を手がけるディノスディノス・セシール)とは無関係である。

沿革編集

  • 2018年平成30年)
    • 12月19日 - SDエンターテイメントの子会社として設立。同時にSDエンターテイメントから映画館事業・ボウリング場事業・ゲームセンター事業を新設分割で譲受。
    • 12月20日 - スガイディノス全株式をSDエンターテイメントからスガイディノスホールディングスへ譲渡。スガイディノスはスガイディノスホールディングスの完全子会社となる。
  • 2019年(平成31年/令和元年)

ゲームセンター編集

営業中の店舗編集

全て北海道内に所在。

  • ディノスパーク札幌手稲 - 札幌市手稲区前田1条11丁目 メルシャン・プラース西友手稲店)3F
  • ディノスパーク旭川 - 旭川市大雪通5丁目496-5 第8山本ビル 1F
  • ディノスパーク帯広 - 帯広市白樺16条2丁目 ドリームタウン白樺1F
  • ディノスパーク帯広稲田 - 帯広市稲田町南8線西12-1 スズランボウル内
  • ディノスパーク音更 - 音更町木野大通15丁目2-12 ビッグマートB棟内
  • ディノスパーク苫小牧 - 苫小牧市柳町3丁目8-182 イオンモール苫小牧2F
    • 前身は住吉町2丁目7-2(現在のツルハドラッグ苫小牧住吉店の位置[13])にあった「苫小牧スガイボウル」[14]。イオンへの出店を機に移転・拡大し現在に至る。
  • ディノスパーク伊達 - 伊達市末永町66-1
  • ディノスパーク室蘭 - 室蘭市東町4丁目31-3 1F
    • カラオケまねきねこディノス室蘭店併設(2017年4月15日 - )[15]
  • ディノスパーク室蘭中央 - 室蘭市中央町3丁目1番8号 スーパーアークス室蘭中央店3階
  • ディノスパーク北見 - 北見市西三輪5丁目1-16
  • ディノスパーク函館昭和 - 函館市昭和町3丁目24-18 ゲオ函館昭和店
  • ディノスパーク上磯 - 北斗市七重浜7丁目14-1 トライアル上磯店内
  • ディノスパークちとせモール - 千歳市勇舞8丁目1-1 ちとせモール2階

閉店した店舗編集

  • ディノスパークノルベサ - 札幌市中央区南3条西5丁目 ノルベサ5F - 2019年2月17日に閉店[5]
  • ディノスパーク札幌中央 - 札幌市中央区南3条西1丁目 ディノス札幌中央B1・1・2F - 2019年6月2日に閉店[6][7][9][10]

ボウリング編集

営業中の店舗編集

閉店した店舗編集

  • ディノスボウル札幌中央 - 札幌市中央区南3条西1丁目 ディノス札幌中央3・4F - 2019年6月2日に閉店[6][7][9][10]

映画館編集

営業中の映画館編集

  • ディノスシネマズ室蘭(室蘭市、ディノス室蘭3階) <4スクリーン、480席、1999年(平成11年)11月20日開館>
    旧室蘭劇場[注 1]2010年(平成22年)4月1日に現名称に変更された。スクリーン1はXpanD方式を採用している[16]
    かつては劇場の正面入口付近に手描きの映画看板が飾られていたが、看板絵師が高齢になったことに伴い撤廃されている。
  • ディノスシネマズ旭川(旭川市大雪、ディノス旭川3階) <7スクリーン、1,089席、2003年(平成15年)5月31日開館>
    JR新旭川駅下車。スクリーン1と2はMasterImage 3Dを採用している。
  • ディノスシネマズ苫小牧(苫小牧市柳町、ディノス苫小牧2階) <7スクリーン、1,049席、2005年(平成17年)4月23日開館>
    XpanD方式を採用しているスクリーン7はスガイディノス系列の全スクリーンで最大規模。スクリーン1はNESTRI 3Dシネマシステムを採用している。なお、3Dシステムは時期によって変更される場合がある。

閉館した映画館編集

  • ディノスシネマズ札幌劇場(札幌市中央区、ディノス札幌中央7、8階) <6スクリーン、565席、1995年(平成7年)8月5日改装>
    1968年よりスガイビルにて映画館を開業し以後空きテナントを改装し最大で11スクリーンを展開[17]1995年(平成7年)にスガイシネプレックス札幌劇場としてリニューアルオープン。当初は札幌劇場、シネマグランド、シネマアポロン、シネマピッコロ、シネマポニー、シネマミレ、シネマリドと館名が異なっていたが、1997年(平成9年)8月1日に全スクリーン名が「札幌劇場」に統一された。その後ゲオディノスへの社名変更に伴い2010年(平成22年)4月1日より現名称となる。
    改装時は道内の映画館としては初めてデジタル音響を導入し話題となった。全スクリーンにJBLのスピーカーを使用していた。
    旧札幌劇場時代[注 2]松竹東急系の洋画の大作・話題作を数多く上映し「燃えよドラゴン」「エクソシスト」「ジョーズ」「E.T.」などのヒット作を輩出したが、リニューアル以降は松竹系の洋画のみならず、ミニシアター向きの作品も上映するようになり、2003年(平成15年)の東宝日劇閉館以降は東宝洋画系作品も一部上映するようになった。
    スガイディノス運営の映画館の中で唯一、3D対応のスクリーンが存在していなかった。
    2019年6月2日に閉館。札幌市内に移転する予定であるが、移転先によっては規模が縮小される可能性があるという[6][7][9][10][10]。既存商業施設や新築ビルへのテナント入居で早ければ2019年8月頃の再開を目指すとしており、eスポーツ会場としての活用も行う予定とする[17]
ディノスシネマズ札幌劇場
スクリーン 座席数 音響設備 備考
1 223(以前は250席) SRD,DTS ブルーレイ上映対応
2 108
(以前は120席)
SRD,DTS
3 95
(以前は119席)
SRD,DTS
4
(旧スクリーン6)
39
(以前は45席)
SRD
5 59
(以前は82席)
SR ブルーレイ上映対応
6
(旧スクリーン4)
41
(以前は60席)
SRD
ディノスシネマズ室蘭
スクリーン 座席数 音響設備 備考
1 154 SRD 3D上映対応
2 126 SRD
3 100 SRD
4 100 SRD
ディノスシネマズ旭川
スクリーン 座席数 音響設備 備考
1 247 SRD-EX,DTS 3D上映対応
2 188 SRD-EX,DTS 3D上映対応
3 141 SRD-EX,DTS
4 139 SRD-EX,DTS
5 129 SRD-EX,DTS
6 139 SRD-EX,DTS
7 106 SRD-EX,DTS


ディノスシネマズ苫小牧
スクリーン 座席数(車椅子席) 音響設備 備考
1 144(2) SRD-EX,DTS 3D上映対応
2 144(2) SRD-EX,DTS
3 101(2) SRD-EX,DTS
4 102(2) SRD-EX,DTS
5 95(1) SRD-EX,DTS
6 161(2) SRD-EX,DTS
7 302(2) SRD-EX,DTS 3D上映対応

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1955年(昭和30年)7月、室蘭市中央町に開業した映画館「室蘭映劇」が前身。1966年(昭和41年)12月、「須貝アミューズ会館」に改築。「室蘭劇場」は同館内の映画館のひとつであった。その後須貝アミューズ会館は閉鎖解体されマンションが立地している。
  2. ^ 当時は822席(後に691席に減少)を誇る大劇場だった。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 会社分割(簡易新設分割)及び新設会社の株式譲渡に関する基本合意のお知らせSDエンターテイメント 2018年11月13日
  2. ^ a b c d e f g h “株式会社スガイディノスの株式譲渡契約の締結及びそれに伴う子会社の異動に関するお知らせ” (プレスリリース), SDエンターテイメント, (2018年11月30日), http://www.sugai-dinos.jp/company/pdfinfo/20181130151549.pdf 2018年12月2日閲覧。 
  3. ^ a b SDエンターテイメント<4650>、ゲーム・ボウリング・映画館事業を北海道SOキャピタルに譲渡M&A online 2018年11月13日
  4. ^ “データを読む RIZAPグループ 2019年通期赤字予想、グループ企業は「売らない」方針から転換”. 東京商工リサーチ. (2018年11月15日). http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20181115_01.html 2018年11月16日閲覧。 
  5. ^ a b 「ディノスパークノルベサ店」閉店、スガイディノス事業再構築リアルエコノミー 2019年2月17日
  6. ^ a b c d e “北海道)スガイディノス札幌中央、閉店へ 移転先を模索”. 朝日新聞. (2019年3月12日). https://www.asahi.com/articles/ASM3C45Q3M3CIIPE00P.html 2019年3月22日閲覧。 
  7. ^ a b c d e “ススキノ「スガイディノス」6月閉店 100年の歴史に幕”. 毎日新聞. (2019年3月14日). https://mainichi.jp/articles/20190314/k00/00m/040/026000c 2019年3月22日閲覧。 
  8. ^ a b ゲーセンミカド、6月1日にゲームセンター「スガイディノス札幌中央店」にてコラボイベントを開催4Gamer.net 2019年5月10日
  9. ^ a b c d e “札幌の娯楽の聖地「スガイディノス閉店」 100年の歴史に幕”. 北海道新聞. (2019年6月3日). https://www.hokkaido-np.co.jp/article/311308 2019年6月3日閲覧。 
  10. ^ a b c d e f “高橋名人「娯楽教えてくれた」札幌のスガイディノス閉店”. 朝日新聞. (2019年6月3日). https://www.asahi.com/articles/ASM63064SM62IIPE01W.html 2019年6月4日閲覧。 
  11. ^ 半世紀の歴史に幕「スガイディノス札幌中央店」閉店、RIZAPグループ離れ地場企業として成長新機軸リアルエコノミー 2019年3月12日
  12. ^ 株式会社スガイディノスとの業務提携に関するお知らせ共和コーポレーション 2019年4月1日
  13. ^ ツルハドラッグ北郷4条店/苫小牧住吉店 9月下旬OPEN予定”. 札幌スーパーマーケット情報 (2006年9月4日). 2015年12月26日閲覧。
  14. ^ NBFディノスボウル苫小牧支部について”. ディノスボウル苫小牧支部. 2015年12月26日閲覧。
  15. ^ ディノス室蘭店(北海道)”. カラオケまねきねこ. コシダカホールディングス. 2017年6月1日閲覧。
  16. ^ “ディノスシネマズ室蘭に今秋3Dスクリーン登場へ”. 室蘭民報. (2010年8月4日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/.../20100804e_01.html 2013年9月15日閲覧。 
  17. ^ a b 閉館の衝撃 ディノスシネマズ札幌劇場(上)年間200本上映 中小作品の受け皿喪失 - 北海道新聞2019年5月17日朝刊25面

外部リンク編集