メインメニューを開く

スキサメトニウム

スキサメトニウム(英:suxamethonium)とは筋弛緩薬の1つ。四級アンモニウム化合物の一つで、医薬品としては塩化物の塩化スキサメトニウムSuxamethonium chloride)として市販されている。サクシニルコリンSuccinylcholine)の名でも知られる。ツボクラリンの構造をヒントに開発された。

 スキサメトニウム塩化物
Suxamethonium-chloride-2D-skeletal.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: A
  • US: C
法的規制
投与方法 静注、筋注
薬物動態データ
生物学的利用能 ?
血漿タンパク結合 ?
代謝

偽コリンエステラーゼ

サクシニルモノコリンとコリンに分解
半減期 ?
排泄 腎臓 (10%)
識別
CAS番号
306-40-1 チェック
ATCコード M03AB01 (WHO)
PubChem CID: 22475
IUPHAR/BPS 4004
DrugBank DB00202 ×
ChemSpider 21080 チェック
UNII J2R869A8YF チェック
KEGG D00766  チェック
ChEBI CHEBI:61219 チェック
ChEMBL CHEMBL983 チェック
化学的データ
化学式 C14H30N2O4
分子量 290.399 g/mol
「サクシン」製剤の外観。画像は2%注射液

日本での商品名はサクシンだったが、下記の経緯から現在はスキサメトニウムとなっている。海外ではアネクチン(Anectine)、クエリシン(Quelicin)の商品名で市販されている。

目次

概要編集

神経筋接合部における筋肉終板ニコチン受容体をアセチルコリンと同様に活性化することにより脱分極を起こす。ただし、アセチルコリンと違い、コリンエステラーゼにより分解されるのが遅いために脱分極が持続し、Na+チャネルが不活性化状態となり活動電位が発生しなくなる。そのため、コリンエステラーゼ阻害剤コリンエステラーゼによるスキサメトニウムの分解を抑制する。人工呼吸や気管内挿管を容易にするため麻酔前投与薬として使用される。精神科電気けいれん療法の筋弛緩にも使われる[1]

動物用医薬品としても利用されているが、捨てられた動物の殺処分安楽死)のために処方されることがある[2]

効能・効果編集

  • 麻酔時の筋弛緩
  • 気管内挿管時・骨折脱臼の整復時・喉頭痙攣の筋弛緩
  • 精神神経科における電撃療法の際の筋弛緩
  • 腹部腫瘤診断時

副作用編集

強心配糖体との併用で不整脈を起こす可能性がある。眼内圧亢進作用を有するため、緑内障患者への使用は禁忌。

また悪性高熱の原因の一つと目されているため、近年では麻酔科臨床において使用される頻度は減っている。

誤投薬事故編集

かつてスキサメトニウムの商品名であった「サクシン」は、ヒドロコルチゾンステロイド製剤)の「サクシゾン」と名称がよく似ているため、2008年徳島県健康保険鳴門病院でサクシゾンと間違え、サクシンの誤投与がなされ患者が死亡するという事故が起きた[3]。この事故を受けての厚生労働省の対策指示により、翌2009年に製造元のアステラス製薬は商品名「サクシン注射液」を「スキサメトニウム注」に変更した[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 脳電気ショックの恐怖再び 水野昭夫 現代書館 2007年 ISBN 9784768469507 p34
  2. ^ 資料3 犬ねこの引取りや殺処分等 - 環境省
  3. ^ 詳しい経緯は健康保険鳴門病院 誤投薬事故調査報告書 (PDF) を参照のこと
  4. ^ 「サクシン注射液」から「スキサメトニウム注」への販売名変更のお知らせ (PDF) 、アステラス製薬、2009年7月、2016年4月6日閲覧

関連項目編集

参考文献編集

  • 伊藤勝昭ほか編集 『新獣医薬理学 第二版』 近代出版 2004年 ISBN 4874021018