スキピオ・アシアティクス

ルキウス・コルネリウス・スキピオ・アシアティクスラテン語: Lucius Cornelius Scipio AsiaticusアグノーメンはAsiagenesともAsiagenusとも、生没年不詳)は、第二次ポエニ戦争後期およびシリア戦争で活躍した共和政ローマの政治家、軍人。父はプブリウス・コルネリウス・スキピオ、兄[1]には父と同名のプブリウス(後のスキピオ・アフリカヌス)がおり、スキピオ・アシアティクスと称される。

Rmn-social-header-1-.svg
スキピオ・アシアティクス
L. Cornelius P. f. L. n. Scipio Asiaticus
出生 不明
死没 紀元前183年以降
出身階級 パトリキ
一族 スキピオ家
氏族 コルネリウス氏族
官職 レガトゥス(紀元前207年-202年)
クァエストル(紀元前196年頃)
上級按察官(紀元前195年)
法務官(紀元前193年)
レガトゥス(紀元前191年)
執政官(紀元前190年)
前執政官(紀元前189年)
レガトゥス(紀元前186年、183年)
指揮した戦争 ヒスパニア戦争
ローマ・シリア戦争マグネシアの戦い
テンプレートを表示

以下、混乱を避けるため本項人物を「アシアティクス」、兄を「アフリカヌス」と記す。

経歴編集

第二次ポエニ戦争後期に兄アフリカヌスとともに参戦。クルスス・ホノルムとしては恐らく紀元前195年アエディリス・クルリス(上級按察官)に当選し、紀元前193年にはプラエトル(法務官)に選出される。

紀元前190年にアフリカヌスの腹心ガイウス・ラエリウスと共に執政官(コンスル)職に当選する。セレウコス朝アンティオコス3世との戦いに当てるには頼りないと思われていたが、兄アフリカヌスがサポートすることを約束し担当することになる[2]フロンティヌスによれば、降り続く雨で敵が疲弊して戦意喪失し、更に弓の弦が湿って使い物にならなくなっていることを見抜いたアフリカヌスは、弟に決戦を促し勝利したという[3]。そして、兄がアフリカでの活躍で「アフリカヌス」の称号を授かったように、弟である彼もアシア(現在の小アジア)での活躍により「アシアティクス」の称号を授かり、翌紀元前189年プロコンスルとして凱旋式挙行の栄誉を受ける[4]

しかしながら、スキピオ弾劾の表舞台に立たされる。マルクス・ポルキウス・カト・ケンソリウス(大カト)などの反スキピオの元老院議員により、アシアティクスは金銭の横領の咎で告発され、それがアフリカヌスの弾劾にまで広がる。そして紀元前183年にアフリカヌスが没するとアシアティクスは投獄されてしまう。最後はティベリウス・センプロニウス・グラックス・マイヨルの働きかけもあって釈放され、横領したとされる金銀は見つからなかったという[5]。没年は詳しくは分かってはいない。

 
子孫の鋳造したデナリウス銀貨。L. Scip Asiagと刻まれている

家族編集

出典編集

  1. ^ Cic. Phil. 11.17
  2. ^ Cic. Phil. 11.17
  3. ^ Frontin. Str. 4,7.30
  4. ^ Broughton Vol.1, p.362.
  5. ^ Liv. 38.60


参考文献編集

  • T. R. S. Broughton (1951, 1986). The Magistrates of the Roman Republic Vol.1. American Philological Association 
  • T. R. S. Broughton (1952). The Magistrates of the Roman Republic Vol.2. American Philological Association 

関連項目編集

公職
先代:
マニウス・アキリウス・グラブリオ
プブリウス・コルネリウス・スキピオ・ナシカ
執政官
同僚:ガイウス・ラエリウス
紀元前190年
次代:
グナエウス・マンリウス・ウルソ
マルクス・フルウィウス・ノビリオル