スキーフライング世界選手権

スキーフライング世界選手権は1972年から始まり、2年に一度行われる国際スキー連盟(FIS)が主催するスキーフライングの選手権大会である。

オーストリア・バードミッテルンドルフのクルムジャンプ台

スキーフライング用のジャンプ台は現在世界で五箇所にしかなく、したがってこの五箇所で持ち回り開催されている。

所在国 所在地 ジャンプ台 ヒルサイズ
スロベニアの旗 スロベニア プラニツァ レタウニツァ・ブラトウ・ゴリシェク HS240
ドイツの旗 ドイツ オーベルストドルフ ハイニ・クロップファー・スキーフライング競技場ドイツ語版 HS235
 ノルウェー ヴィケルスン ヴィケルスンジャンプ競技場 HS240
 チェコ ハラホフ チェルチャークドイツ語版 HS205
 オーストリア バート・ミッテルンドルフ クルムジャンプ競技場ドイツ語版 HS225

スキーフライング世界選手権では通常のスキージャンプと異なり、2日間4回の飛躍の合計で順位を決定する。1回目の飛躍に参加できるのは予選を通過した40人で、1回目上位30人のみが2回目以降に参加できる。2004年の選手権からは団体戦も導入されている。

2020年3月に予定されていた選手権は、新型コロナウイルス感染拡大のため翌シーズンにあたる2020年12月に順延された[1]

個人メダリスト編集

開催年 - 開催場所
1972年プラニツァ ヴァルター・シュタイナー
  スイス
ハインツ・ウォジピヴォ
  東ドイツ
イジー・ラシュカ
  チェコスロバキア
1973年オーベルストドルフ ハンス・ゲオルク・アッシェンバッハ
  東ドイツ
ヴァルター・シュタイナー
  スイス
カレル・コデシュカ
  チェコスロバキア
1975年バート・ミッテルンドルフ カレル・コデシュカ
  チェコスロバキア
ライナー・シュミット
  東ドイツ
カール・シュナーブル
  オーストリア
1977年ヴィケルスン ヴァルター・シュタイナー
  スイス
アントン・インナウアー
  オーストリア
ヘンリー・グラス
  東ドイツ
1979年 – プラニツァ アルミン・コグラー
  オーストリア
アクセル・ジッツマン
  東ドイツ
ピオトル・フィヤス
  ポーランド
1981年 – オーベルストドルフ ヤリ・プイッコネン
  フィンランド
アルミン・コグラー
  オーストリア
トム・レボルスタ
  ノルウェー
1983年ハラホフ クラウス・オストヴァルト
  東ドイツ
パベル・プロッツ
  チェコスロバキア
マッチ・ニッカネン
  フィンランド
1985年 – プラニツァ マッチ・ニッカネン
  フィンランド
イェンス・バイスフロク
  東ドイツ
パベル・プロッツ
  チェコスロバキア
1986年 – バート・ミッテルンドルフ アンドレアス・フェルダー
  オーストリア
フランツ・ノイラントナー
  オーストリア
マッチ・ニッカネン
  フィンランド
1988年 – オーベルストドルフ オーレ・グンナル・フィディエステール
  ノルウェー 
プリモジュ・ウラガ
  ユーゴスラビア 
マッチ・ニッカネン
  フィンランド
1990年 – ヴィケルスン ディーター・トーマ
  西ドイツ 
マッチ・ニッカネン
  フィンランド
イェンス・バイスフロク
  東ドイツ
1992年 – ハラホフ 葛西紀明
  日本
アンドレアス・ゴルトベルガー
  オーストリア
ロベルト・チェコン
  イタリア
1994年 – プラニツァ ヤロスラフ・サカラ
  チェコ 
エスペン・ブレーデセン
  ノルウェー
ロベルト・チェコン
  イタリア
1996年 – バート・ミッテルンドルフ アンドレアス・ゴルトベルガー
  オーストリア
ヤンネ・アホネン
  フィンランド
ウルバン・フランツ
  スロベニア
1998年 – オーベルストドルフ 船木和喜
  日本
スヴェン・ハンナバルト
  ドイツ
ディーター・トーマ
  ドイツ
2000年 – ヴィケルスン スヴェン・ハンナバルト
  ドイツ
アンドレアス・ビドヘルツル
  オーストリア
ヤンネ・アホネン
  フィンランド
2002年 – ハラホフ スヴェン・ハンナバルト
  ドイツ
マルティン・シュミット
  ドイツ
マッチ・ハウタマキ
  フィンランド
2004年 – プラニツァ ロアル・ヨケルソイ
  ノルウェー
ヤンネ・アホネン
  フィンランド
タミ・キウル
  フィンランド
2006年 – バート・ミッテルンドルフ ロアル・ヨケルソイ
  ノルウェー
アンドレアス・ビドヘルツル
  オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
  オーストリア
2008年 – オーベルストドルフ グレゴア・シュリーレンツァウアー
  オーストリア
マルティン・コッホ
  オーストリア
ヤンネ・アホネン
  フィンランド
2010年 – プラニツァ シモン・アマン
  スイス 
グレゴア・シュリーレンツァウアー
  オーストリア
アンデシュ・ヤコブセン
  ノルウェー
2012年 – ヴィケルスン ロベルト・クラニエッツ
  スロベニア
ルネ・ヴェルタ
  ノルウェー
マルティン・コッホ
  オーストリア
2014年 - ハラホフ ゼヴェリン・フロイント
  ドイツ
アンデシュ・バーダル
  ノルウェー
ペテル・プレヴツ
  スロベニア
2016年 - バート・ミッテルンドルフ ペテル・プレヴツ
  スロベニア
ケネト・ガングネスドイツ語版
  ノルウェー
シュテファン・クラフト
  オーストリア
2018年 - オーベルストドルフ ダニエル=アンドレ・タンデ
  ノルウェー
カミル・ストッフ
  ポーランド
リヒャルト・フライターク
  ドイツ
2020年 - プラニツァ カール・ガイガー
  ドイツ
ハルヴォル・アイネル・グラネル
  ノルウェー
マルクス・アイゼンビヒラー
  ドイツ

団体メダリスト編集

開催年 - 開催場所
2004年 – プラニツァ   ノルウェー
ロアル・ヨケルソイ
シグール・ペテルセン
ビョルンアイナル・ロメレン
トミー・インゲブリクトセン
  フィンランド
タミ・キウル
ベリ=マッチ・リンドストローム
マッチ・ハウタマキ
ヤンネ・アホネン
  オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
アンドレアス・ゴルトベルガー
アンドレアス・ビドヘルツル
ウォルフガング・ロイツル
2006年 – バート・ミッテルンドルフ   ノルウェー
ビョルンアイナル・ロメレン
ラーシュ・ビステル
トミー・インゲブリクトセン
ロアル・ヨケルソイ
  フィンランド
ヤンネ・ハッポネン
タミ・キウル
マッチ・ハウタマキ
ヤンネ・アホネン
  ドイツ
ミヒャエル・ノイマイアー
ゲオルク・シュペート
アレクサンダー・ヘル
ミヒャエル・ウアマン
2008年 – オーベルストドルフ   オーストリア
マルティン・コッホ
トーマス・モルゲンシュテルン
アンドレアス・コフラー
グレゴア・シュリーレンツァウアー
  フィンランド
ヤンネ・ハッポネン
ハッリ・オッリ
マッチ・ハウタマキ
ヤンネ・アホネン
  ノルウェー
ビョルンアイナル・ロメレン
アンデシュ・バーダル
トム・ヒルデ
アンデシュ・ヤコブセン
2010年 – プラニツァ   オーストリア
ウォルフガング・ロイツル
トーマス・モルゲンシュテルン
マルティン・コッホ
グレゴア・シュリーレンツァウアー
  ノルウェー
アンデシュ・ヤコブセン
アンデシュ・バーダル
ヨハン・レメン・エベンセン
ビョルンアイナル・ロメレン
  フィンランド
ヤンネ・ハッポネン
オッリ・ムオトカ
マッチ・ハウタマキ
ハッリ・オッリ
2012年 – ヴィケルスン   オーストリア
トーマス・モルゲンシュテルン
アンドレアス・コフラー
グレゴア・シュリーレンツァウアー
マルティン・コッホ
  ドイツ
アンドレアス・ヴァンク
リヒャルト・フライターク
マクシミリアン・メヒラー
ゼヴェリン・フロイント
  スロベニア
イェルネイ・ダミヤン
ユーリ・テペシュ
ユレ・シンコヴェッチ
ロベルト・クラニエッツ
2014年 - ハラホフ 強風のため中止
2016年 - バート・ミッテルンドルフ   ノルウェー
アンデシュ・ファンネメル
ヨハン・アンドレ・フォルファン
ダニエル=アンドレ・タンデ
ケネト・ガングネス
  ドイツ
アンドレアス・ウェリンガー
シュテファン・ライエドイツ語版
リヒャルト・フライターク
ゼヴェリン・フロイント
  オーストリア
シュテファン・クラフト
マヌエル・ポッピンガードイツ語版
マヌエル・フェットナー
ミヒャエル・ハイボック
2018年 - オーベルストドルフ   ノルウェー
ロベルト・ヨハンソン
アンドレアス・スティエルネン
ヨハン・アンドレ・フォルファン
ダニエル=アンドレ・タンデ
  スロベニア
イェルネイ・ダミヤン
アンツェ・セメニッチドイツ語版
ドメン・プレフツ
ペテル・プレフツ
  ポーランド
ピオトル・ジワ
ステファン・フラドイツ語版
ダヴィド・クバッキ
カミル・ストッフ
2020年 - プラニツァ   ノルウェー
ダニエル=アンドレ・タンデ
ヨハン・アンドレ・フォルファン
ロベルト・ヨハンソン
ハルヴォル・アイネル・グラネル
  ドイツ
コンスタンティン・シュミットドイツ語版
ピウス・パシュケドイツ語版
マルクス・アイゼンビヒラー
カール・ガイガー
  ポーランド
ピオトル・ジワ
アンジェイ・ステンカワドイツ語版
カミル・ストッフ
ダヴィド・クバッキ

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集