スギノエンジニアリング

スギノエンジニアリングは、自転車クランクセット英語版を作るメーカーである。かつてマエダ工業とともにサンツアーブランドの一角を担っていた。また世界選手権自転車競技大会トラックレースにおける中野浩一の10連勝記録を支えた部品メーカーとしても知られる。製品として、ダイナホロー、フロントエース、マキシィ、マイティ、マイティ・コンペなどがある。コンポ「SUGINO75」(創立75年記念セット)で知られた。

株式会社スギノエンジニアリング
SUGINO ENGINEERING CORPORATION
Sugino company logo.svg
種類 株式会社
略称 Sugino
本社所在地 日本の旗 日本
630-8144
奈良県奈良市東九条町287-1
業種 輸送用機器
法人番号 2150001008298 ウィキデータを編集
事業内容 自転車及び部分品の製造
外部リンク http://www.suginoltd.co.jp/
テンプレートを表示

現在の製品編集

現在もトラックレーサー用の製品を製造しており、世界選手権自転車競技大会において製品を採用する選手も見かけることがある。またコスペア・シリーズでコンパクトドライブ化の流れを作った他、XDシリーズはクロスバイクに多数採用されている。特にXDシリーズのトリプル・ギア・モデルはPCD110/74ミリという希少なサイズで、ツーリング車を組む際の貴重な選択肢を提供している。

近年ではピスト、メッセンジャーブームの波に乗った「Single Speeder」、シマノのホローテックIIに相当するシャフト一体型の新型クランク「Direct Drive」、シティサイクル向けの消音クランク「Silencer」をリリースするなどラインナップは増加の兆しにある。

関連項目編集

外部リンク編集