メインメニューを開く

スクリュー・ドライバー(screw driver)は、ウォッカをベースとするカクテルの一つ。ウォッカは基本的に無味とされるため、アルコール度数の変更が容易なカクテルとして知られる。

スクリュー・ドライバー
Screwdriver, Birmingham-Shuttlesworth International Airport, Birmingham AL.jpg
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
橙黄色
グラス Highball Glass (Tumbler).svg   タンブラー
アルコール度数
レシピの一例
ベース ウォッカ
装飾材料 スライス・オレンジ
テンプレートを表示

由来編集

その昔、イランで働いていたアメリカ人作業員が、のどの渇きを癒すために即席のカクテルを作った。この作業員がそのときステアするために使用したものが、工具のスクリュー・ドライバー(ねじ回し)だったことからこの名前が付いた。

標準的なレシピ編集

作り方編集

タンブラーに氷を入れてから、 材料を全てタンブラーに入れステアする。

備考編集

  • ウォッカの分量を変更するだけで、アルコール度数の調節が可能である。
  • スライス・オレンジを添えても良い。
  • 上記のレシピは本来ゴールデン・スクリューと呼ばれるもので、元々のスクリュー・ドライバーはウォッカ45ml、オレンジジュース15mlの辛口な物であった。今日ゴールデン・スクリューといえばウォッカとオレンジジュースをシェイクして作るカクテル(ウォッカとオレンジジュースの量は今日のスクリュードライバーと同じ)あるいはジンとオレンジジュースとアロマチック・ビターで作られるカクテル(ロングカクテルのオレンジ・ブロッサムにアロマチック・ビターを加えたもの)を指す。

バリエーション編集

蒸留酒リキュールをオレンジジュースで割って作るカクテルは、スクリュー・ドライバーのバリエーションと考えることができる。但し醸造酒をオレンジジュースで割って作るカクテル(例:ミモザ)は、ベースとなる醸造酒の割合を多くするため、スクリュー・ドライバーのバリエーションとしないことが多い。なおベースはウォッカのままだがガリアーノを浮かべるハーベイ・ウォールバンガーブルーキュラソーを1tsp加えたフォレスト・ドライバーもスクリュー・ドライバーのバリエーションである。

蒸留酒ベースのスクリュー・ドライバーのバリエーション編集

リキュールベースのスクリュー・ドライバーのバリエーション編集

参考文献編集

外部リンク編集