メインメニューを開く

スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック』(School of Rock)は、2003年アメリカ映画リチャード・リンクレイター監督のコメディ

スクール・オブ・ロック
School of Rock
監督 リチャード・リンクレイター
脚本 マイク・ホワイト
製作 スコット・ルーディン
製作総指揮 スコット・アヴァーサノ
スティーヴ・ニコライデス
出演者 ジャック・ブラック
ジョーン・キューザック
音楽 クレイグ・ウェドレン
撮影 ロジェ・ストファーズ
編集 サンドラ・アデーア
配給 パラマウント・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年10月3日
日本の旗 2004年4月29日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $81,261,177[1]
世界の旗 $131,282,949[1]
テンプレートを表示

ネッド役のマイク・ホワイトジャック・ブラックの友人であり、彼のためにこの脚本を書いた。バンドメンバーの子供たちは本当のミュージシャンなので実際に演奏している。

2016年にはアメリカで映画を基にテレビドラマ化され、2018年には日本でもEテレにて日本語吹替版が放送開始。

あらすじ編集

ギタリストのデューイはロックを全身全霊で愛する男だったが、その熱すぎる情熱と勝手なパフォーマンスが原因でバンドをクビになってしまう。家に戻れば、同居している友人ネッドとそのガールフレンドから家賃を払うように言われ、進退窮まってしまう。そんな時、ネッドあてに私立学校の臨時教師の話が舞い込み、仕事が欲しかったデューイはネッドになりすまして名門ホレス・グリーン学院へと向かう。

もともと仕事などする気のない彼だったが、厳格な規律の多い学校で過ごす子供たちが無気力な事に気がつき、さらに担任したクラスの子供たちに音楽の才能があることも見つけ、子供たちとバンドを組んでバンドバトルに出場することを思いつく。

そして、授業と称して子供たちにロックのあらゆることを教え始める。最初は困惑していた子供たちだったが、やがてデューイの陽気な人柄やロックの開放感、ありのままの自分を認めてくれるデューイに魅力を感じはじめ、一緒にバンドバトルを目指して猛練習を始める。

ロック編集

ジム・オルーク編集

ガスター・デル・ソルソニック・ユース、ソロ活動等で知られるミュージシャン、ジム・オルークが子役達の音楽コンサルタントを務めた。ジムの指導で、子役バンドは目覚ましく腕を上げ、主演のジャック・ブラックは「子役達はあっという間に上達して、僕よりうまくなってしまった」と語っている。

劇中バンドの演奏編集

デューイと生徒達のバンドSCHOOL OF ROCKは、劇中で映画用のオリジナル曲「School Of Rock」と、AC/DCのカヴァーを演奏。「School Of Rock」も、AC/DCからの影響を伺わせる。他にも、子役達がブラック・サバスディープ・パープルドアーズのフレーズをコピーしたり、アレサ・フランクリンを歌う場面もある。また、デューイをクビにしたバンドNO VACANCYも、劇中オリジナル曲を演奏した。こちらはLAメタル色が濃い音楽性。

教材編集

デューイは、生徒達の「宿題」と称し、様々なCDを聴かせる。女性バックコーラスの子にはブロンディの『妖女ブロンディ』とピンク・フロイドの『狂気』(特に「虚空のスキャット」)、キーボードにはイエスの『こわれもの』(特に「ラウンドアバウト」)、ドラムにはラッシュの『西暦2112年』、ギターにはジミ・ヘンドリックスの『アクシス:ボールド・アズ・ラヴ』、等。また、 アンガス・ヤングピート・タウンゼントの演奏シーンもビデオで登場する。

その他編集

劇中で流れる曲は、ザ・クラッシュクリームザ・フー、AC/DC、ラモーンズザ・ダークネスレッド・ツェッペリンスティーヴィー・ニックス等多数。また、キャストのやり取りの中に、モーターヘッドシーラ・E等の名前も登場。

デューイがロックの衰退の要因の一つとしてMTVを激しく非難するシーンがあるが、配給元のパラマウントとMTVは共にバイアコムの傘下であり、非難はまずいのでカットされるかもしれないと思っていたがそのまま通ってしまったとジャックがDVDのオーディオコメンタリーで語っている。

劇中でレッド・ツェッペリンの「移民の歌」が流れるシーンがあるが、レッド・ツェッペリンは権利関係にかなり厳しく許諾は困難と思われていた。そこでジャックは「ロックの神よ、重要なシーンなので是非使わせて欲しい」と劇中終盤のホールのエキストラ全員とビデオレターで懇願したところ使用許諾が降りたという逸話がある。「どんな事でも真剣になってお願いすれば叶う」と語ったこのビデオレターはDVDに特典映像として収録されている。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
売れないロックンローラー
デューイ・フィン
ジャック・ブラック 江原正士
ホレス・グリーン学院の校長
ロザリー・マリンズ
ジョーン・キューザック 勝生真沙子
デューイの親友
ネッド・シュニーブリー
マイク・ホワイト 村治学
ネッドの恋人
パティ・ディ・マルコ
サラ・シルバーマン 高森奈緒
ベース
ケイティ
レベッカ・ブラウン
マネージャー
サマー・ハサウェイ
ミランダ・コスグローヴ 三浦智子
ギター
ザック・ムーニーハム
ジョーイ・ゲイドス・Jr 瀧本富士子
ドラム
フレディ・ジョーンズ
ケヴィン・クラーク 浅野まゆみ
キーボード
ローレンス
ロバート・ツァイ 宮島依里
バックコーラス
トミカ
マリアム・ハッサン
No Vacancyのボーカル
テオ
アダム・パスカル 高木渉
バックコーラス
アリシア
アリーシャ・アレン 永澤菜教

舞台編集

2013年4月5日、アンドルー・ロイド・ウェバーは映画『スクール・オブ・ロック』のミュージカル舞台化権を獲得したことを発表した[2][3][4]。2014年12月18日、舞台化が正式に発表され、2015年秋にブロードウェイのウインター・ガーデン劇場にてワールド・プレミアされることとなった[5]。脚本は『ダウントン・アビー』制作者のジュリアン・フェロウズ[6]、演出はローレンス・コナー[7][8]、振付はジョアン・M・ハンター[9]、装置および衣裳デザインはアナ・ルイゾス[10]、照明デザインはナターシャ・カッツが務めた[11]。音楽は映画の楽曲に加え、アンドリュー・ロイド=ウェバーが作曲、グレン・スレイターが作詞したオリジナルの楽曲を使用し、音響デザインはミック・ポッターが担当した[12]。2015年12月6日より上演され、1971年の『ジーザス・クライスト・スーパースター』以来、ロイド・ウェバーにとってウエスト・エンドなどではなくブロードウェイが初演になるのは44年ぶりとなった[13]

テレビドラマ編集

ニコロデオンパラマウント・テレビジョンにより制作。現在はシーズン3まで全45話が放送済み(シーズン1は13話、シーズン2は12話、シーズン3は20話)。

前述のとおり、日本では2018年6月8日より、NHK Eテレにて毎週金曜19:25 - 19:50に、シーズン1・2を合わせて全25話を放送した。映画版の監督であるリチャード・リンクレイタ―も製作総指揮として参加している。映画版と違い、トミカはバックコーラスではなく、ベースとボーカルを兼任している。

日本放送版は日本語字幕も実装されている。トミカは黄色、サマーは水色、デューイは緑色で、その他の登場人物は白字幕で表記される。

2019年4月6日からは、日本のNHK Eテレにて毎週土曜18:25 - 18:50に、シーズン1・2を合わせて全25話を再放送することとなった。

キャスト(テレビドラマ)編集

役名 俳優 日本語吹替[14]
トミカ ブレアナ・イーディー 佐倉綾音
サマー ジェイド・ペティジョン 雨宮天
フレディ リカルド・ウルタド 梅原裕一郎
大西弘祐[注 1]
ザック・クウォン ランス・リム 畠中祐
ローレンス エイダン・マイナー 西山宏太朗
デューイ・アレハンドロ・フィン[15] トニー・カバレロ 神奈延年
ロザリー・マリンズ校長 ジャマ・ウィリアムソン 三石琴乃

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 梅原が病気療養で出演を見合わせたため、第3回から第11回までは同じ事務所(アーツビジョン)の声優である大西が代役で担当した。ちなみにNHK側の発表によると、第1回と第2回は病院療養前の4月後半に収録したものである。

出典編集

  1. ^ a b c School of Rock (2003)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ “Andrew Lloyd Webber to stage School of Rock musical”. BBC.co.uk/news (BBC News). (2013年4月10日). https://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-22096334 2013年9月7日閲覧。 
  3. ^ Andrew Lloyd Webber to stage School of Rock”. TheGuardian.com. The Guardian (2013年4月8日). 2013年9月7日閲覧。
  4. ^ Andrew Lloyd Webber To Bring SCHOOL OF ROCK To The Stage”. Broadwayworld.com. 2014年3月8日閲覧。
  5. ^ Cox, Gordon (2014年12月18日). “'School of Rock' Will Rock Broadway with Andrew Lloyd Webber”. variety.com (Variety). https://variety.com/2014/legit/news/school-of-rock-broadway-andrew-lloyd-webber-winter-garden-1201382629/ 2015年1月1日閲覧。 
  6. ^ Andrew Lloyd Webber kicks out the jams with School of Rock musical”. theguardian.com. The Guardian (2014年12月19日). 2014年12月29日閲覧。
  7. ^ “映画「スクール・オブ・ロック」がアンドリュー・ロイド=ウェバーの音楽でブロードウェイ・ミュージカルに”. シアターガイド. (2014年12月19日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/12/19_02.php 2014年12月22日閲覧。 
  8. ^ Andrew Lloyd Webber's School of Rock Will Shake Up Broadway Next Fall”. playbill.com. Playbill (2014年12月18日). 2014年12月29日閲覧。
  9. ^ “'The School of Rock' to be adapted into Broadway musical”. nydailynews.com (Daily News). (2014年12月18日). http://www.nydailynews.com/entertainment/theater-arts/school-rock-adapted-broadway-musical-article-1.2050180 2014年12月29日閲覧。 
  10. ^ Andrew Lloyd Webber's School of Rock to open on Broadway next December”. thestage.co.uk. The Stage (2014年12月19日). 2014年12月29日閲覧。
  11. ^ School of Rock Musical To Have World Premiere On Broadway!”. reallyuseful.com. Really Useful Group (2014年12月18日). 2014年12月29日閲覧。
  12. ^ “Andrew Lloyd Webber Will Pen Tunes for School of Rock Musical”. time.com (Time Magazine). (2014年12月18日). http://time.com/3640412/school-of-rock-broadway/ 2014年12月29日閲覧。 
  13. ^ Andrew Lloyd Webber's School of Rock will open on Broadway this year”. londonboxoffice.co.uk. London Box Office (2015年1月14日). 2015年1月16日閲覧。
  14. ^ 登場人物”. NHK海外ドラマスタッフブログ. 日本放送協会. 2018年6月17日閲覧。
  15. ^ ミドルネームは第14話「ロッカーメイト」にて本人が発言していた。

外部リンク編集