スコッチエッグ (Scotch egg)は、イギリス料理のひとつで、殻をむいた固ゆでのゆで卵コショウナツメグなどで調味した挽肉で包み、パン粉の衣をつけてオーブンで焼いたり油で揚げたりしたものである。

スコッチエッグ

概要編集

ロンドンデパートフォートナム&メイソン」で1738年に発明されたとされる。ただ中東南アジアの挽肉料理であるキョフテ(コフタ)のうち、インドのナルギシコフタ(nargisi kofta)とそっくりであり、これが移入されたという説もある。

スコッチという名称だが、スコットランドの料理というわけではない。イギリスでは一般的な軽食で、伝統的なピクニック料理の一つとして認められており、どちらかと言うと冷めた状態で食べるのが基本である。ウズラの卵で作った小さなものもスーパーマーケットでよく売られている。

横二つに切ってトマトソースをかけて食べる他に、冷やしたものを輪切りにしてサラダと一緒に食べたり、ピクルスと一緒に食べたりする。

関連項目編集