メインメニューを開く

スコットランド音楽(スコットランドおんがく)とは、グレートブリテン島北部ならびに島々からなるスコットランドの音楽である。その伝統音楽のいくつかは国際的によく知られており、そのまま、あるいはスタイルを変更された形で広く好まれており、いくつかは伝わった先の土地の地の音楽と誤解されながらも愛されている。諸外国の音楽から受けた影響も数多く見受けられるが、その伝統的な特徴は色濃く残されており、多くの音楽に影響を与えてきた。特にアイルランドとは民族的に近く、交流が盛んだったこともあり、音楽的にも類似点が非常に多い。

スコットランド音楽における代表的な楽器はバグパイプであり、同国において5世紀頃にはバグパイプの原形が存在し、古くから中心的な役割を担ってきたが、そのルーツはアイルランドであり、さかのぼれば中東にその起源があるといわれている。

スコットランドのハレの舞台でもっとも多く使われるのはグレート・ハイランド・バグパイプだが、同国には他にも数種類のバグパイプが存在する。

概要編集

しばしばケルト音楽アイルランド音楽と混同されるが、スコットランド音楽と言えばオールド・ラング・サインに代表される、スコットランド民謡や、反イングランドの歌(Charlie Is My Darlingなど)のことを指す場合が現地では多い。 現地において、アイルランドをはじめとする他のケルト国家と共有するジャンルは、ケルト音楽、または単に伝統音楽民族音楽と呼ぶことが多い。 また、便宜上スコットランド音楽はケルト音楽に含まれることがある。

UNESCO音楽の都に指定された、スコットランドの中心都市グラスゴーがスコットランド音楽の中心地と言える。しかし、インバネスをはじめとする地方都市や小さな町のパブなどでも日常的に演奏される。 例年1-2月にグラスゴーにて開かれるCeltic Connectionsがスコットランドにおいて最も大きく名声のあるケルト音楽とスコットランド音楽のイベントと言える。

バグパイプ編集

日本でもよく知られるグレート・ハイランド・バグパイプはその大きすぎる音量やアンサンブルしにくいピッチなどから、軍楽や式典、または大きなホールや屋外など限られた場合にしか用いられない。 日常的なセッションやパブでの演奏ではスコティッシュ・スモールパイプBorder pipesが用いられることが多い。 グレートハイランドバグパイプはBbよりもやや高めのピッチにチューニングされたA管が用いられることが多いが、これらの小音量のバグパイプは、同じ運指でありながらA=440HzでチューニングされたA管またはD管が多い。

イングランド北東部音楽との関係編集

歴史的にスコットランドであったりイングランドであったりとどちらの影響も受けている地域であるイングランド北東部の音楽との共通点も多い。 しかしながら、イングランド北東部ではNorthumbrian smallpipesが用いられる。

使用される楽器編集

ジャンル編集

代表的な曲やミュージシャン編集