メインメニューを開く

スコット・ケーシー"Cowboy" Scott Casey1947年3月19日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーテキサス州アマリロ出身[2]

スコット・ケーシー
プロフィール
リングネーム スコット・ケーシー
カウボーイ・スコット・ケーシー
ニックネーム 正義のカウボーイ
テキサス・トルネード
身長 182cm - 183cm
体重 107kg - 115kg
誕生日 (1947-03-19) 1947年3月19日(72歳)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州の旗 テキサス州
ポッター郡アマリロ[2]
スポーツ歴 レスリング
トレーナー ドリー・ファンク・シニア
デビュー 1972年[1]
引退 1990年
テンプレートを表示

カウボーイギミックの正統派ベビーフェイスとして、アマリロ、ダラスサンアントニオなど地元のテキサス地区を主戦場に活動した。

来歴編集

学生時代はレスリングで下地を積み、カレッジ卒業後の1972年にプロデビュー[1]フロリダミッドアトランティックを経て、ファンク・ファミリーがプロモートするアマリロのウエスタン・ステーツ地区で活動し、1975年5月には全日本プロレスに初来日している[1]。帰国後の12月18日にはフランク・グーディッシュからNWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座を奪取、翌1976年8月19日にもジェリー・ブリスコを破って同王座を獲得した[3]

1977年エディ・グラハムが主宰していたフロリダのCWF(チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ)にて、ゴードン・ネルソンイワン・コロフバディ・ロバーツマサ斎藤らと対戦[4]。同年11月からは中西部セントラル・ステーツ地区に進出、マイク・ジョージとコンビを組み、12月1日にカンザスシティにてクラッシャー・ブラックウェル&バック・ロブレイからNWA世界タッグ王座を奪取している[5]

1980年代に入るとサンアントニオのSCW(サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング)に定着し、ジノ・ヘルナンデスディック・スレーターボビー・ジャガーズタンク・パットンキラー・ブルックスヒール勢と抗争を展開。1982年10月1日にはヒューストンにてニック・ボックウィンクルAWA世界ヘビー級王座に挑戦している[6]。翌1983年は、8月30日にアドリアン・アドニスから世界ヘビー級王座を[7]、9月11日にタリー・ブランチャードからサウスウエスト・ヘビー級王座を奪取した[8]

1984年4月、SCWのブッカーでもあったテリー・ファンクのブッキングにより、ボブ・スウィータンダッチ・マンテルと共に第1次UWFの旗揚げシリーズに来日。ラッシャー木村前田日明とのシングルマッチも組まれ、最終戦の蔵前国技館大会ではマッハ隼人と対戦している[9]。翌1985年フリッツ・フォン・エリックの主宰するダラスのWCCW(ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング)に登場、4月1日にフォートワースにてデニス・コンドリーを破り、TVタイトルを獲得した[10]

1987年よりWWFと契約し、中堅ベビーフェイスのポジションでミッドカード戦線にて活動。9月21日にはニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンに登場し、スティーブ・ロンバルディを得意技のブルドッグで下しMSGデビュー戦を飾っている[11]1988年11月24日に開催された『サバイバー・シリーズ』の第2回大会では、ジム・ドゥガンジェイク・ロバーツケン・パテラティト・サンタナとのチームで出場、アンドレ・ザ・ジャイアントハーリー・レイスディノ・ブラボーリック・ルードミスター・パーフェクトのヒール軍と対戦した[12][13]。WWFでは活躍の機会に恵まれなかったものの、ベテランのジョバーとして1990年まで単発的に出場を続けた。

セミリタイア後はSCW時代の盟友イワン・プトスキーがヒューストンに開設したプロレスリング・スクールのヘッド・トレーナーを務め、ハーレム・ヒートスティービー・レイブッカー・Tアーメッド・ジョンソンらを育てた[14][15]

引退後はネバダ州ラスベガスにてカジノセキュリティに転身した[16]

得意技編集

獲得タイトル編集

NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWAウエスタン・ステーツ・ヘビー級王座:2回 [3]
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / レジー・パークス)[17]
セントラル・ステーツ・レスリング
ワールド・クラス・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAテキサス・ヘビー級王座:1回 [18]
  • WCCW TV王座:1回 [10]
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW世界ヘビー級王座:1回 [7]
  • SCWサウスウエスト・ヘビー級王座:1回 [8]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『全日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P73(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b Wrestlers Database: Scott Casey”. Cagematch.net. 2014年11月20日閲覧。
  3. ^ a b NWA Western States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。
  4. ^ The CWF matches fought by Scott Casey in 1977”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  5. ^ a b NWA World Tag Team Title [Central States]”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。
  6. ^ The SCW matches fought by Scott Casey in 1982”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  7. ^ a b SCW World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年5月13日閲覧。
  8. ^ a b SCW Southwest Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。
  9. ^ The UWF matches fought by Scott Casey in 1984”. Wrestlingdata.com. 2014年11月20日閲覧。
  10. ^ a b WCCW Television Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。
  11. ^ WWE Yearly Results 1987”. The History of WWE. 2010年10月4日閲覧。
  12. ^ WWF Survivor Series 1988”. ProWrestling History.com. 2010年10月4日閲覧。
  13. ^ WWF Survivor Series 1988”. Cagematch.net. 2014年11月20日閲覧。
  14. ^ Booker T: Wrestling's consummate performer”. SLAM! Sports (June 18, 2000). 2010年10月4日閲覧。
  15. ^ Ahmed Johnson: Found!”. SLAM! Sports (August 29, 2005). 2010年10月4日閲覧。
  16. ^ Wrestler Profiles: Scott Casey”. Online World of Wrestling. 2010年10月4日閲覧。
  17. ^ NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。
  18. ^ NWA Texas Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年10月4日閲覧。

外部リンク編集