スコット・ステューバー

スコット・ステューバーScott Stuber)は、アメリカ合衆国の映画プロデューサーである。

スコット・ステューバー
Scott Stuber
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州グラナダヒルズ
職業 映画プロデューサー
配偶者 レイチェル・ニコルズ(2008年7月26日 - ?)
モリー・シムズ(2011年9月24日 - 継続中)
テンプレートを表示

私生活編集

カリフォルニア州ロサンゼルス市グラナダヒルズ地区で生まれる。2008年7月26日、コロラド州アスペンで女優のレイチェル・ニコルズと結婚したが、その7ヶ月後には既に離婚したことを発表した[1]。2011年5月31日、女優でモデルのモリー・シムズとの婚約を発表し[2]、9月24日に結婚した[3]

キャリア編集

メアリー・ペアレントと共にユニバーサル・ピクチャーズの製作部門の共同社長を務めており、また2004年に2人は同社の世界製作部門の副会長となった。2005年、ユニバーサルはステューバー/ペアレント・プロダクションと製作契約を結んだ[4]

2008年、ステューバーは自身の会社であるステューバー・ピクチャーズとユニバーサルの間に5年間の契約を結んだ。彼はこれまでに『ぼくたちの奉仕活動』(2008年)、『ミート・ザ・ジェンキンズ』(2008年)、『キングダム/見えざる敵』(2007年)、『トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合』(2006年)、『ハニーVS.ダーリン 2年目の駆け引き』(2006年)などにクレジットされている[5]

フィルモグラフィ編集

参考文献編集

外部リンク編集