スコット・フランク

スコット・フランク(Scott Frank、1960年3月10日[1] - )は、アメリカ合衆国脚本家映画監督映画プロデューサー。スティーヴン・スピルバーグ、スティーヴン・ソダーバーグらの脚本を手がける。近年は『クイーンズ・ギャンビット』などドラマシリーズで監督・脚本を兼任している。アカデミー脚色賞に2度ノミネートされ、かつて 『ロサンゼルス・タイムズ』紙にて「ハリウッドで最高の脚本家のひとり」と評された[2]

スコット・フランク
Scott Frank
生年月日 (1960-03-10) 1960年3月10日(61歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州
職業 脚本家映画監督映画プロデューサー
ジャンル 映画テレビドラマ
テンプレートを表示

経歴編集

フロリダ州出身[1]カリフォルニア大学サンタ・バーバラ校にて映画研究の学士号を取得した[3]。1988年、学園物のコメディ『ハイスクールでつかまえて』でデビュー。1991年、ジョディ・フォスター監督の『リトルマン・テイト』で注目を集める[4]。2007年、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット主演の『ルックアウト/見張り』で映画監督デビューする[5]。1998年の『アウト・オブ・サイト』と2017年の『LOGAN/ローガン』で2度アカデミー脚色賞にノミネートされている。2020年、Netflixのオリジナルドラマ『クイーンズ・ギャンビット』を監督。

フィルモグラフィー編集

映画編集

テレビ編集

脚注編集

  1. ^ a b スコット・フランク”. 映画.com. 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ Rottenberg, Josh (2014年9月7日). “Scott Frank stays on the case for 'Tombstones'”. Los Angeles Times. 2015年6月21日閲覧。
  3. ^ スコット・フランク / 脚本”. マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと. 20世紀フォックス. 2015年6月21日閲覧。
  4. ^ Gleiberman, Owen (1991年10月18日). “Little Man Tate”. Entertainment Weekly. 2015年6月21日閲覧。
  5. ^ Lindsay, Cam (2007年3月30日). “The Lookout - Scott Frank”. Exclaim!. 2015年6月21日閲覧。

外部リンク編集