メインメニューを開く

スコット・ヨルゲンセンScott Jorgensen1982年9月17日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ユタ州ペイソン出身。ツイステッド・ジェネティクス所属。

スコット・ヨルゲンセン
基本情報
本名 スコット・ロジャー・ヨルゲンセン
(Scott Roger Jorgensen)
通称 ヤング・ガンズ (Young Guns)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1982-09-17) 1982年9月17日(36歳)
出身地 ユタ州ペイソン
所属 ツイステッド・ジェネティクス
身長 162cm
体重 61kg
リーチ 168cm
階級 バンタム級フライ級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

尋常性白斑に罹患している[1]

目次

来歴編集

小学3年からレスリングを始め、ボイシ州立大学卒業まで続けた。

2006年6月15日、プロデビュー。

2008年2月13日、WEC初参戦となったWEC 32でダマッシオ・ペイジに0-3の判定負け。8月3日、WEC 35で大沢ケンジに3-0の判定勝ちを収めWEC初勝利となった[2]

2009年1月25日、WEC 38でフランク・ゴメスにギロチンチョークで一本勝ち[3]。6月7日、WEC 41アントニオ・バヌエロスに1-2の判定負け[4]。10月10日、WEC 43でノア・トーマスにグラウンドでの肘打ちによるTKO勝ちを収めた[5]

2009年12月19日、WEC 45水垣偉弥と対戦し、3-0の判定勝ち[6]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[7]

2010年3月6日、WEC 47でチャド・ジョージと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち[8]。4月24日、WEC 48アントニオ・バヌエロスと再戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

2010年8月18日、WEC 50ブラッド・ピケットと対戦し、3-0の判定勝ちを収めWEC5連勝となり、試合後に王座挑戦をアピールした[10]。また、ファイト・オブ・ザ・ナイトも受賞した[11]

2010年12月16日、WEC最終興行WEC 53で行なわれたWEC世界バンタム級タイトルマッチでドミニク・クルーズに挑戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[12]

2011年5月25日、Twitter上で自身が日本人と白人のハーフであることを明らかにした[13]

UFC編集

2011年6月4日、UFCデビュー戦となったThe Ultimate Fighter 13 Finaleでケン・ストーンと対戦し、パウンドでKO勝ち。

2011年10月29日、UFC 137ジェフ・カランと対戦し、判定勝ち。

2012年2月4日、UFC 143ヘナン・バラオンと対戦し、判定負け。

2012年6月8日、UFC on FX 3エディ・ワインランドと対戦し、右ストレートからのパウンドでKO負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年12月8日、UFC on FOX 5でジョン・アルバートと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトとファイト・オブ・ザ・ナイトをダブル受賞した。

2013年4月13日、The Ultimate Fighter 17 Finaleでバンタム級ランキング2位のユライア・フェイバーと対戦し、リアネイキドチョークで一本負け。

2013年12月14日、フライ級転向初戦となったUFC on FOX 9ザック・マコウスキーと対戦し、判定負け。

2014年3月23日、UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2でフライ級ランキング7位のジュシー・フォルミーガと対戦。フォルミーガのバッティングを受けた後のリアネイキドチョークで一本負け[14]

2014年6月7日、UFC Fight Night: Henderson vs. Khabilovでダニー・マルティネスと対戦し、判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

戦績編集

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 2 5 8 0 0 0
12 2 4 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アレハンドロ・ペレス 2R 4:26 TKO(左脚の負傷) UFC Fight Night: Magny vs. Gastelum 2015年11月21日
× マニー・ガンブリャン 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Mir vs. Duffee 2015年7月15日
× ウィルソン・ヘイス 1R 3:28 肩固め UFC 179: Aldo vs. Mendes 2 2014年10月25日
ダニー・マルティネス 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Henderson vs. Khabilov 2014年6月7日
× ジュシー・フォルミーガ 1R 3:07 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Shogun vs. Henderson 2 2014年3月23日
× ザック・マコウスキー 5分3R終了 判定0-3 UFC on FOX 9: Johnson vs. Benavidez 2 2013年12月14日
× ユライア・フェイバー 4R 3:16 リアネイキドチョーク The Ultimate Fighter 17 Finale 2013年4月13日
ジョン・アルバート 1R 4:59 リアネイキドチョーク UFC on FOX 5: Henderson vs. Diaz 2012年12月8日
× エディ・ワインランド 2R 2:40 KO(右ストレート→パウンド) UFC on FX 3: Johnson vs. McCall 2012年6月8日
× ヘナン・バラオン 5分3R終了 判定0-3 UFC 143: Diaz vs. Condit 2012年2月4日
ジェフ・カラン 5分3R終了 判定3-0 UFC 137: Penn vs. Diaz 2011年10月29日
ケン・ストーン 1R 4:01 KO(パウンド) The Ultimate Fighter 13 Finale 2011年6月4日
× ドミニク・クルーズ 5分5R終了 判定0-3 WEC 53: Henderson vs. Pettis
【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】
2010年12月16日
ブラッド・ピケット 5分3R終了 判定3-0 WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2 2010年8月18日
アントニオ・バヌエロス 5分3R終了 判定3-0 WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
チャド・ジョージ 1R 0:31 ギロチンチョーク WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
水垣偉弥 5分3R終了 判定3-0 WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
ノア・トーマス 1R 3:13 TKO(グラウンドの肘打ち) WEC 43: Cerrone vs. Henderson 2009年10月10日
× アントニオ・バヌエロス 5分3R終了 判定1-2 WEC 41: Brown vs. Faber 2 2009年6月7日
フランク・ゴメス 1R 1:09 ギロチンチョーク WEC 38: Varner vs. Cerrone 2009年1月25日
大沢ケンジ 5分3R終了 判定3-0 WEC 35: Condit vs. Miura 2008年8月3日
× ダマッシオ・ペイジ 5分3R終了 判定0-3 WEC 32: Condit vs. Prater 2008年2月13日
クリス・デビッド 5分3R終了 判定3-0 ShoXC: Elite Challenger Series 2007年7月27日
テイラー・トナー 5分3R終了 判定3-0 Ring of Fire 29: Aftershock 2007年4月28日
× ジョー・ジェサー 1R 1:08 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 26: Relentless 2006年9月9日
ルイ・ラガンサッド 1R 1:43 ヒールホールド Ring of Fire 25: Overdrive 2006年7月29日
マイク・モリス 1R 1:31 腕ひしぎ十字固め Alaska Fighting Championship 24 2006年6月15日

表彰編集

  • ブラジリアン柔術 紫帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • WEC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集